ご購入について
 

本加賀友禅/九寸名古屋帯 横山秀一 えんぶり



酩酊に

似たり牡丹の

園にゐて


杉山瑞恵

雨月


本加賀友禅/九寸名古屋帯 山下智久作 染め九谷



■本加賀友禅/九寸名古屋帯

横山修一作品
銘/えんぶり
塩瀬地



加賀友禅、、日本三大友禅の一つであり、着物好きの女性ならば誰でも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。 城下町金沢で武家社会の文化を背景に育まれた友禅。 京友禅同様、宮崎友禅斎が生み出したとされる染色技法を範としながらも、生活様式や拘わる文化によって現在ではまったく印象の異なる友禅。 華やかで雅やかな京友禅とはその趣を異とします。 それは質素倹約を常とする武家の文化を背景に持つからなのかもしれません。 


板場友禅を除き、加賀友禅の大きな特徴の一つに友禅(※手描き)の技法だけで表現されるという事が挙げられるかと思います。 つまり、刺繍や絞り、金/銀箔と云った装飾を一切使わず制作されるのです。(昨今そうした技法を用いられる作家さんも少なからずおられるようですが…) また、四季を問わず着られるような配慮から、描かれる草花も写実的な描写に創作を加えたりすることも比較的多いように思います。 さらに言えば春の情景の中に晩夏から初秋を想わせる模様を忍ばせてあることも珍しくありません。 加賀友禅の特徴的な意匠の一つとされる「枯葉に虫食い」 花びらの彩色を外側から内側に向けて暈す特有の暈し技法、加賀五彩と言われる「藍・えんじ(茜)・黄土・草(緑)・紫(古代紫)」彩色がその特長と云われます。


加賀友禅の制作の工程は古典的な友禅の技法が現代に受け継がれたもので、先ずその意匠となる図案が描かれます。 図案のもと、青花の職人/作家によって下絵が描かれ、下絵をなぞるように丁寧な糸目糊置きが施されます。 職人/作家によって繊細な彩色が施されると一旦蒸しに掛け「色」を定着させます。 その後彩色箇所が糊で伏せられ地色が引き染めされます。 もう一度蒸しに掛けて地色を定着させ、水で洗い仕上げが施されるのです。 極めて簡単に記しましたが、概ねこのようなところが加賀友禅の制作工程の平易な説明となろうか思います。


本加賀友禅/九寸名古屋帯 山下智久作 染め九谷


本加賀友禅/九寸名古屋帯 山下智久作 染め九谷


本加賀友禅/九寸名古屋帯 山下智久作 染め九谷


本加賀友禅/九寸名古屋帯 山下智久作 染め九谷


さて、こちらに掲載致しました九寸名古屋帯は本加賀友禅作家、横山修一さんの手描きによる作品です。(あえて本加賀友禅という表現を用いているのは曖昧な区別や表現を避けるため、つまり京加賀と呼ばれる染物と明確に区別するためです。) ひと目見てお判り頂けますようにいかにも加賀友禅然とした意匠、構図、彩色ではありません。 むしろ第一印象だけで言えば、加賀友禅を見慣れない内は加賀友禅とは判らないのかもしれません。 …“そもそも加賀友禅とは”から始まる加賀友禅の愛好家の方には些か解り難い作品であるのかもしれません。 意匠を見てもいかにもな加賀友禅、花鳥風月が描かれているのではないのです。 では、なにがこの加賀友禅をこれほど印象的なものとしているのか。


やはりこの意匠、「えんぶり」という意匠ではないでしょうか。 えんぶりとは初春の神事として青森県八戸市一円を中心とする東北各地で広く行われる予祝芸能の一種で、青森八戸の観光情報に寄りますと →「伝説も含め様々な説がありますが、鎌倉時代の始め、南部氏の祖・南部光行(なんぶみつゆき)が奥州の地にやってきた頃に始まったというのが通説。  奥州で迎える初めての正月、酒の勢いで抜刀乱舞となった家来たちの騒ぎを、機転を利かせた農民・藤九郎(とうくろう)がにぎやかに田植歌を歌い、農具を手に持って踊ることで収めました。この出来事が、えんぶりの起源だと言われています。 えんぶりを舞うことを「摺る(する)」と言います。 これは「えぶり」と呼ばれる農具を使って田んぼの土を平らにならすことを摺る(する)と言うことから、農具を持って舞うえんぶりのことも「摺る」と言うようになりました。 えんぶりの摺りは、馬の頭をかたどった烏帽子(えぼし)をかぶった太夫が、種まきから稲刈りまでの稲作の流れを舞で表現するものです。」 ← と、あります。


さてさて、、。 この加賀友禅を個性的な印象としているのは何と言ってもこのえんぶりを踊る童の意匠ではないでしょうか。 加賀友禅らしからぬ、と言えば制作者の横山さんにお叱りを受けるのかもしれませんが、やはり、“よくある加賀友禅” とはその印象がまったく異なるのです。  帽子に使われた彩色をとってみてもいわゆる加賀友禅らしい彩色ではありません。 むしろエキゾチックな感じさえ漂います。 かと言って紅型から感じられるエキゾチックな印象ではまったくないのです。 あえて例えるならば、創作友禅でしょうか。 神事の衣装の彩を制作者の横山さんの目に映ったままを表現されたのだと思います。 もちろん私にそのすべてを推し量ることは出来ません。 でも、明らかに明確な意図をもって「色」が創られたことは疑いようもなく、彩色の妙を知り尽くした職人の英知の仕業だと言えます。 …然し、美しいですね。。。 どれほど長い時間を掛けて眺めていてもその印象が揺らぐことはありません。 それどころか眺めているほどに唯々ため息が零れてしまうのです…。 多くの加賀友禅とは確実に一線を画した極めて魅力的な染布ではないでしょうか。


本加賀友禅/九寸名古屋帯 山下智久作 染め九谷


本加賀友禅/九寸名古屋帯 山下智久作 染め九谷


本加賀友禅/九寸名古屋帯 山下智久作 染め九谷


本加賀友禅/九寸名古屋帯 山下智久作 染め九谷


最後に本加賀友禅について少しだけ、、。 
加賀において加賀友禅の作家として認定されるには「加賀染振興協会」に「落款」登録されなければなりません。 そのためには、加賀友禅の工房を持つ作家の元で師について加賀友禅の技法を学びことが必要となります。 最短でも7年以上の修行を積んだ後、加賀友禅の作家として独立するにふさわしい技量を身につけたと師匠が判断した時に、加賀染振興協会の会員2名(師匠ともう一人の会員)の推薦とその2名が規定に従った申請書に署名して協会に提出します。 そして申請が認可されると、落款の登録と加賀染振興協会の会員資格が得られる仕組みになっています。 つまり名乗っただけでは、さらに言え加賀の地で友禅を創作しているだけでは加賀友禅の作家とはならないのです。


落款の保つ意味はなにも名前を誇示している訳ではありません。 自らが手掛けた作品について「私が責任を持って制作したものである」という責任の所在を明らかにするためのものです。 落款制度は、加賀友禅が手描き友禅の極みとして、また「伝統工芸品」として一定の品質を約束することによって消費者に安心感を与え、同時に所有に対する満足を与えているように思います。 つまり、「仕事」に対する作家の誇りが落款に籠められているのです。


極鮫や角通し、万筋、行儀、云われ、などの江戸小紋、また、色無地や付け下げなどに適うのはもちろんなのですが、趣の在る紬などにお使い頂きましてもとても素敵ではないでしょうか。


【商品情報】

商品番号
OEIS-HKYT-3688
商品名
本加賀友禅/九寸名古屋帯 横山修一作 えんぶり
品質
絹100%
価格
¥188,000 (表地/税込)
¥199,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間〜20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸〜八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

加賀友禅


加賀友禅

本加賀友禅/九寸名古屋帯 横山秀一 えんぶり

価格:

188,000円 (税込)

[ポイント還元 1,880ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

ページトップへ