ご購入について
 

丹後木綿/鶸色(ひわいろ)細縞



表紙絵の

レモンの黄に

年立てり


辻恵美子

栴檀


丹後木綿白山吹色地/白藤微塵縞



■丹後木綿

鶸色(ひわいろ)細縞



他にご紹介致しました丹後木綿のページにも描きましたけれど、私は個人的に木綿の着物が好きです。(木綿だけが好き、という訳ではないのですが・・・) とりわけ今回ご紹介させて頂いております丹後木綿、品質⇔価格という面からみても相当に秀でている。  手に取って触れてみるとその上質な事がすぐに判ります。 “しっとりとしなやか”なのですが、決して薄い印象はありません。 経糸を細く密にしていますのでしなやかなのですが薄くはないのです。 では、厚地かと言われますとそうではありません。 大袈裟に言えば絶妙な厚み、いわゆる”適度な厚み”を感じさせるのです。 お召し頂くのに一番適した季節は・・・ 9月〜12月、3月〜6月の8か月間、1月2月の寒い季節も雪の舞うような厳寒日を除いて頂けましたら・・・。


丹後木綿白山吹色地/白藤微塵縞

丹後木綿白山吹色地/白藤微塵縞

丹後木綿白山吹色地/白藤微塵縞


そんなの呉服屋なら当たり前と思われるかもしれませんが、私は着物や帯には相当うるさい。(いや実際さほど拘らないお店さんも多々あるんです。) 私と何度もお会い頂いたことのあるお客様の大半は薄々?感付いていらっしゃるかもしれませんが、時に自分で自分を制御することが面倒な程にうるさい。 まぁ、自分を庇うがごとく自己援護的に良く言えば、品質/品の顔に対して妥協することはまずない。 悪く言えば、いちいちいちいち相当小うるさい。 ゆえに取扱商品に拘りのない問屋の社員は私に何かを奨めることをとうの昔からあきらめている。(私もそうした問屋の商品をはなから積極的に見ようとも思わない。) つまり…弊店において取り扱っているお品は当然ながら商品に自信のある織物商や問屋の商品、染織工房/染織家の作品、という事が言える訳です。


弊店は主にお洒落着物(いわゆる紬や木綿など)を取り扱っています。 とりわけ木綿は普段ちょいちょいお着物をお召しになる方にとって価格的にも(手間暇の惜しみなく掛けられた高価な木綿もありますが。)馴染みやすいものが多いように思います。 一方、その多くはお値段以上の品質となることはあまりなく、大抵はお値段通り、品質がお値段に及ばないものも少なくありません。(この辺りを突っ込んでお話をしますと相当に長いものになり、いつものように逸れてしまいますので…) 要するに値段は値段、この値段ならこんなものか…みたいなものが多い訳です。 多くの場合、制作/創作に掛ける“志”の有無に起因することが多いのかもしれません。


丹後木綿白山吹色地/白藤微塵縞

丹後木綿白山吹色地/白藤微塵縞

丹後木綿白山吹色地/白藤微塵縞


さてさて、、。前振りが長くなりましたが…。 こちらに掲載致しました着物地は、…大袈裟な言い方を許して頂けるなら、海島綿と見紛うほどの手触りと外観を保つ丹後木綿です。 意匠それ自体は細い縞が織りだされたものでとりわけ珍しいものではありません。 お伝えしたいのはその品質なのです。 綿薩摩に触れた経験のある方でしたら容易に想像頂けるかと思いますが、まさに綿薩摩の風合い、しかも廉価の綿薩摩ではなく、一桁上の上質な綿薩摩です。 加えてこの木綿が更に素晴らしい点はこの見事な発色と適度な艶。 これは相当に吟味に吟味を重ね、幾度も幾度も調色を重ねていないと出てこない発色です。 その色味は小倉織の築城則子さんを彷彿とすると言えば言い過ぎかもしれませんが、思わずそう言ってしまいたくなるような色艶なのです。


この綿布のしなやかさは経糸を可能な限り細く密にしたことで生まれたのだと思います。 また、その一点を見ただけでも、この染織工房の制作における真剣さがお品に確実に籠められていることがわかります。 しかもこの価格です。(単に価格を競争するなら、もっと安価なものはいくらでもあります。) 最近これほどの木綿を見ることが少なく、久しぶりに高揚する気持ちで仕入れをしました。 木綿のお好きな方はぜひ一度お試しください。 着物初心者の方だけでなく、上級者と呼ばれる方々にもご満足頂ける品質です。 お召しになられますと、そのしなやかな着心地に驚かれることと思います。


※お色目は抑えた山吹色と翡翠色が交差することによって生まれる、黄緑でもない、黄色でもない、いわゆる鶸色(ひわいろ) 一言で表せない色みです。 陽の光の下では黄色み緑の印象がありますが、陽が陰ってから見るそれは山吹色が入り込み、なんとも素敵な変化を見せてくれます。 唯・・・その繊細な質感を完璧に写し取ることはなかなか叶いません。 画像の数倍素敵な質感と想って下さい。(笑)


※木綿の湯通し(水通しは)は回数や時間など、多くの経験が求められます。 もし、お仕立てをお客様の方でなさられる際も、水通しは弊店にお任せ頂けますようお願い致します。 お仕立て前の下準備も実はとても大切なことなのです。

【商品情報】

商品番号
OTK-TMN-0015555
商品名
丹後木綿/鶸色(ひわいろ)細縞
品質
綿100%
価格
¥49,900(表地/税込)
¥88,400(単衣着物仕立上げ・居敷当付/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間〜25日戴いております。
【※袷仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
1尺5分(※39cm程)・長さ/3丈2尺程(※12m程)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。





丹後木綿/鶸色(ひわいろ)細縞

価格:

49,900円 (税込)

[ポイント還元 499ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

ページトップへ