ご購入について
 
HOME > 【目的別に選ぶ着物】 祝儀・慶事に着る着物

祝儀・慶事に着る着物

【 黒留袖 / 色留袖 】

現代では主に結婚式に使われますが、本来では慶事のお席における既婚女性の第一礼装とされています。

五つ紋が付けられた黒留袖/色留袖は既婚女性の第一礼装とされています。正式な染め抜き日向紋を付け最高の礼装とします。
結婚式における主催者側の親族は黒留袖を着用します。また、親族は黒留袖又は色留袖が好ましいとされています。媒酌人である仲人の夫人は色留袖で装いますが、黒留袖でも良いでしょう。
※もちろん、この場合の色留袖は五つ紋付きとなります。

祝儀・慶事に着る着物

こうした慣習は地域/地方により異なります。近年、関東地方においては、主催者側の親族(母親)も色留袖で出席されることも少なからず有るようです。あくまでも中部/東海地方の慣習として留め置いて頂き、お住まいや、ご列席される地域の慣習に習われるのが良いと思います。

◆ 合わせる帯

黒留袖/色留袖に合わせる帯は、品格を想わせる柄を選びます。趣味性を想わせるものは避け、有職文様/正倉院文様など古くから伝わる伝統柄が良いと思います。帯のお色目も黒留袖は金または銀、色留袖の場合は金/銀、または白が良いかと思います。

◆ 和装小物

帯〆/帯揚げは原則、白を基調とし、金銀糸の入ったもの/織り込まれたもので揃えます。御草履は金・銀の織物で誂えたもので、踵の高いものが良いでしょう。 色彩の多用されたものや、踵の低いもの、皮革製のものは趣向的な要素が強く礼装としてはお勧め出来ません。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜1件 (全1件)

本加賀友禅/黒留袖  木村喜博

本加賀友禅黒留袖/木村嘉博

635,000円(税込)
Sold Out

1件〜1件 (全1件)

ページトップへ