きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



図書館の

七夕竹の

字のをさな


林いづみ

風土


名古屋帯



【型絵染/九寸名古屋帯】
―渓流―

麻地

国画会/荒川眞理子作品



国画会に席を置く荒川眞理子さん、着物好きならばその名前を聞いたことのない人はいないだろうと思います。 もちろん業界からも注目を集め、美しいキモノなどの着物専門誌にも幾度となく取り上げられ、ふと目にした美しい染め布、素敵な作品だなと作者に目をやれば、制作/荒川眞理子、~やはりそうか…、なんてことは幾度も経験があります。 荒川眞理子さんは北海道小樽の生まれ。 女子美術大学を卒業後、柳悦孝氏から織を学び、柚木沙弥郎氏に師事、染を学んだ型絵染作家です。 だからと言って師の柚木さんに作風が似てる、という感じはありません。 むしろ固有の作風を築き上げ確立されている、そんなように思います。 


さて、まぁ、広く一般的に言えば制作者は自分の作品についてあまりあれこれと説明はしないのが普通です。 なので?私が代わりに制作者の想いを想像して伝える訳です。(笑) 作品を見る人に制作者のその場その時の思いをお伝えするのは些か無理がありますが、出来ることなら、可能な限り思いを馳せたい、とかように思うのであります。 それは自然と向き合い、感性に浸透させ、透過させ、作品として創出させる染色家に対する最大限の私のリスペクトなのです。 掲載画像を一枚一枚画ゆっくりご覧頂けましたら嬉しく思います。


名古屋帯

名古屋帯

名古屋帯

名古屋帯

名古屋帯


この荒川眞理子さんの作品は昨年織物商を通じ、オーダーしたものでこれまで数々ご紹介してきた中でも私の心に残る一点です。 出来るものならば弊店の棚に置いておきたいと思うのですが、コレクターのような財力もなく、販売を生業としている以上そうゆう訳にも参りません。 ですので…、 せめて記憶の内側に封じ込めておきたいものだとの思いに耽りながらのご紹介です。

 
さて、型絵染の染色家と呼ばれる人の中にはデッサンをし、下絵を描き、型紙を彫り、色彩を調色し、刷り染めるという工程の一部分を他の職方に依頼するひともいる訳ですが、荒川眞理子さんは始めから終わりまで自分独りでされます。 分業で出来上がるそれは、それはある種型絵染の常套手段でもあり、それはそれで思いがけぬ染め上がりを見ることが出来るので面白いのですが、私は制作者である染色家の想いが一筋で貫かれるという意味において分業ではない染色方法を好むのです。 この一筋に貫かれる創意こそが個人の作品のもつ一番の醍醐味であり、同時に染色作品の命のではないかと思うのです。 染色には様々な技法がありますが、こうした型絵染は同じ型を使ったとしても注し色によってまったく個性の異なるものが出来上がる、それもまた醍醐味の一つなのだと思うのです。


名古屋帯

名古屋帯

名古屋帯


面白い絵ですね~。 里山に蜻蛉、笹の葉、楓に流水などが描かれていてどこか民画のようでもあります。 なんの制約もなく自由に描かれているようでいて、その実とても綿密に図られていることが分かります。 そのことについて直接お訊ねしたことはありませんが、私の見る限り、意匠、彩色、すべてにおいて完璧なのです。 心の赴くまま長い時間眺めていても、手を抜いたり、創意が揺らいだ痕跡は見つけられません。 むしろ揺らいでいるのは見ている私の心の方かも知れません。 とくにこうした作品はバランス、色彩、量、すべてが相俟って初めて完成を見るのです。 要するに僅かなことでそのバランスは破綻をきたし、単なるテーマ/題材に挑んだだけの染織となってしまうのです。 ときに辛口で鬱陶しがられることの多い私ですが、どれほど眺めていても非をうつところが見当たらないのです。 あくまでも美しさや本当の意味での可愛さがワカル大人の女性の為の作品なのです。 参考に塩澤の駒上布の多色縞にコーデして見ました。 とても素敵だと思います。


【商品情報】

商品番号
AKM-OTK-39
商品名
型絵染九寸名古屋帯/国画会荒川眞理子
品質
麻100%
価格
¥276,000 (表地/税込)
¥287,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

型絵染九寸名古屋帯/国画会荒川眞理子

価格: ¥276,000 (税込)
[ポイント還元 2,760ポイント~]
数量:

ページトップへ