きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



五年越しの

仙人掌(サボテン)の花

紅七つ


五味紘子

末黒野


名古屋帯


【手描き友禅九寸名古屋帯】
―八つ手の花―
日本工芸会/内田万里子
紋意匠縮緬地


創作という名の感性が“輪郭”という形を浮かび上がらせるとき、その背景には心の眼、いわゆる心眼が開かれた瞬間が隠されています。 たとえば手描き友禅、と言う作品。 絹布の描き映された情景。 制作者の目に映る情景の裏側を覗いてみることが出来たなら…。 情景の断片や記憶の欠片を集めて描き映されるそれは自然の息吹をそこに閉じ込めたかのように見えるのです。 内田万里子さんの作品、「八つ手の花」の撮影を終え、それについて解説を書こうと眺めていたのですが、作品の美しさについつい惹き込まれて半日余りが過ぎてしまいました。 なのに結局、それらしい言葉の一つも浮かばない。。。 要するに…、そう、唯々美しいのです。 たとえば、制作者である内田万里子さんの作品について友禅の技法や、対象物となる草花の捉え方なるものに解説を付するのはそれほど難しいものではありません。 でも、、、この作品を眺めていて思うのです。 技法や、それらのことに何か書いてみたところで、この作品そのものがたもつ美しさをお伝えする事にはまったくならない。 むしろそれは美しさから遠ざかるだけ、のような気がするのです。


歌人が、山野草の可憐な美しさに言葉を失ってしまうことがあります。 画家が自然の造形を前に魅了されるだけで何も描けないでいる、、、 写真家が美しい対象物を前にしてカメラを構えることさえ忘れ、魅入ってしまう…、いずれもよくあることです。 そうした一流の職業人と私が同じと言っている訳ではもちろんありません。 この帯を前にしてそんな気持ちの一片がなんとなく解る気がするのです。 人は心が一瞬にして詰まってしまったときに言葉を失ってしまうようです。 心に余裕があればあるほど、その空白を埋める量だけ言葉が口からこぼれ落ちるのです。 息をのむ…、なんて表現がありますが、そこまで大袈裟なものではありません。 でも、眺めていると思わず呼吸を忘れ見入ってしまっているのです。 はっ、と我に返り、息を吸い込み、ふ~~~・・・と長い息を吐き出し、息をすることを忘れていたことに気が付くのです。 息をのむ…、という表現もそれほど大袈裟ではないのかもしれません。(笑) 


名古屋帯

名古屋帯

名古屋帯

名古屋帯

名古屋帯


精緻な写実の様でもあり、そうではなく幻想的な様でもあります。 古典的な技法を用いながらも、古典的な印象を想わせるところもありません。 一丈二尺余になる長さ、九寸という巾の絹布に描かれていなければ、一幅の日本画として見てしまうのかもしれません。 背景の色として染められた薄墨桜のような淡い桜鼠(さくらねず)※微かに桜色を感じる灰色、もたとえようなく美しく感じます。 見る角度、時間、人工の光、陽光、でさまざまに表情を変えるその色は、まさに自然の中で咲く花のよう…、一枚一枚色が異なる花びらのよう…、でもあるのです。 


内田万里子さんの作品は「画」そのもに特有の優美を感じます。 内田万里子さんがいつかどこかで感じた事が心の中に残っていて成熟し今回この作品となったのだと思います。 記憶は風や空気を含んでまるで風船のように心の中に浮かんでいてふとしたきっかけで姿を現すのかもしれません。  最後にもう一点、この作品の魅力を申し上げれば…「眺めてるだけでも美しい」と言うことです。 着物をお召しになる時間のない時、箪笥から出して眺める…そんな時間も実に愉しい、、。 実に美しい作品です。


名古屋帯

名古屋帯

名古屋帯


参考に江戸小紋のフランス縞に適わせてみました。 紬のお着物は言うに及ばず、小紋や江戸小紋、色無地などにもどうぞ。。。


【商品情報】

商品番号
CKY-KHK-1555
商品名
手描き友禅九寸名古屋帯/内田万里子
品質
絹100%
価格
¥275,500 (表地/税込)
¥287,000 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯

手描き友禅九寸名古屋帯/日本工芸会 内田万里子

価格: ¥275,500 (税込)
[ポイント還元 2,755ポイント~]
数量:

ページトップへ