ご購入について
 

草木染手織り九寸名古屋帯 藤山千春 模紗織吉野間道



みづうみの

色に野葡萄

揺るるかな


安部和子

雨月



藤山千春



【草木染め手織九寸名古屋帯】

―模紗織吉野間道―

制作/藤山千春



個人的な趣向のお話で恐縮なのですが、黒地のもの全般、たとえば黒地の着物、黒地の帯は本来好みではありません。(あくまでもぼんやりとしたお話ですべてではありません、黄八丈の黒、白鷹紬の黒なんてむしろ痺れるくらい好みです。) その理由は以前黒地の付け下げのご紹介の際にもお伝えしていますので、ここで繰り返しお伝えすることは控えさせて頂きます。  なのに、なんでまたこうして黒地(がベース)の帯のご紹介をしているの?と言われそうですが。。。 答えは極めて簡単で基本的に黒地を好まない私の好み?の壁をいとも容易く超える「表情」をこの吉野間道から受けたから、です。


ただ、少し付け添えるならこちら、正確には黒ではなく墨色です。 黒という色彩から感じられる押しの強さはさほどありません。 水墨画を観るかのような墨色なのです。 一見墨は黒と似ているようですが、そこから受ける印象はまったく異なります。 例えるならそれは白と生成りの関係に似ているのかもしれません。 何かを加えなければ成り立たない白に対してすでに何かが加えられたのが生成り(もちろん字のごとく、素のままが生成りということも考え方としてあると思います。) そして他の何色にも染まらない色が黒であるならば、余白、余韻を残したのが墨と言う定義も出来るのかと思います。


藤山千春


藤山千春


藤山千春


藤山千春



さてさて。。。そんなことどちらでもいいわ、と言われそうな私の話はさておき、こちらの帯…、 地色とされたのは墨色、如何にも日本的な印象を想わせてくれます。 でも、そこから感じられるのはただそれだけではないのです。 いかにも日本的な印象を想わせる墨色に交差するのは帯の巾いっぱいに織り上げられた模紗織です。  昨今、キモノ(とりわけ普段のお洒落着物)人気が再燃し、それに伴い意匠/designも多様化した今、初めて見る、なんていうディティールを表現するのはなかなか難しいと<素人ながらにも>思う。 ただただ創意のない、単に他に見ない意匠/designへの試みは一つ間違えば奇を衒ったものになりがちなのは他に例を見るまでもありません。 それゆえにこの藤山千春氏の手掛けた模紗織はそうした観点からもひと際美しいと思うし、実際見事の一言に尽きる。 また模紗織というひどく面倒な織物を織り続ける姿勢もまた素晴らしいのです。


こちらの間道は藤山千春氏の「手」によって制作された模紗織の吉野間道です。 でも、この吉野間道を眺めていると藤山千春氏の想い以上の何か…、記憶の中にしまい込まれた想いまでもが織り込まれたかのような…、藤山千春の想像をも超えて織り上げられたもの…。 そう、つまり藤山千春氏の想像とその目に映るもの以上の想い、堆積…。 それがこの織物の上で交差しているように思えてならないのです。 私の思い過ごしかもしれません。 藤山千春の意識の中にそんなものはないのかもしれません。 でもこの手織り紬織物、吉野間道を眺めているとその美しさはまさに吉野間道の名称の由来となった吉野太夫の美しさ…、そこに引き寄せられたかのように藤山千春の想像が交差したとしか思えないほどの美しさなのです。  Spiritualな感覚には程遠い私です。 でもそれは 決して言い過ぎなのではなく、いや、それ以上の想像を超えた美しさをこの吉野間道は湛えているのです。


藤山千春


藤山千春


つまるところ、染織において私が気を置いていることは、染織家の履歴の中に堆積された直観の質かもしれません。 堆積とは蓄積とは違う。 想いとは裏腹に脳裏に刻み込まれたもの。。。 たとえばこの作品においても規則的な平織りと一見不規則的な模紗織は見た目に共存しています。 たとえどんなに不規則的なことを織り込んだとしても必ずそれを越える規則的な美しさが浮かび上がるのです。(そこがこうした織物の面白さでもあるのだけれど。) そこに染織家がどのような道を歩み、またどう自分を導いてきたかが表れるのだと思います。 それが堆積の美しさなのだ、と思います。

※使われた植物はログウッド・矢車附子・茜…他。
【こちらの帯は袷から単衣まで御使い頂くことが出来ます。】


※着用画像/コーデ画像と商品単体画像で色が異なる場合がございます。
※商品単体画像を実物により近づけております。
※光の加減・ブラウザ環境等により写真と実物では多少誤差があることがございます。あらかじめご了承くださいませ。


【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても私共呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 着物、羽織物、などご指定の寸法がございましたらお知らせください。 弊店で割り出すことも可能です。 また、帯のお仕立てに際しましても、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。 ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。

【お手入れなど】 お求め頂きました後、日常にお使いの際のお手入れは、着物の場合、衿の皮脂/ファンデーション汚れなど気になる個所の部分的なしみ落としで十分です。 帯に関しましてはそれほど必要ありませんが、もし前腹などよく触れる部分など気になりましたら、しばらくお使いにならない折にお手入れをお奨めしております。 また、絹物、一部木綿はご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

【在庫について】 実際の店舗におきましても同時にお品を販売しております。 ご注文/お申し出を賜りました時点で、「SOLDOUT」が表示されていなくても売り切れの場合がございます。先着順となりますので予めご了承下さい。


【商品情報】

商品番号
FYM-KMR-3956
商品名
草木染手織り紬織物/九寸名古屋帯 藤山千春 模紗織吉野間道
品質
絹100%
価格
¥372,600 (表地/税込)
¥384,100 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

藤山千春


名古屋帯


名古屋帯

草木染手織り九寸名古屋帯 藤山千春 模紗織吉野間道

価格:

372,600円 (税込)

[ポイント還元 3,726ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ