新調の

こころ一枚

風光る


櫂未知子

銀化


紬織物



【本場奄美大島紬(手織り)】
―花のメロディ―

白泥大島

制作/前泊武子



こちら、花のメロディと銘された絣の白泥大島紬です。 その意匠から大島紬を想わせることはありません。 はんなりとした印象はどこか京小紋のようでもあります。 花のメロディ、と銘されてますが、メロディと謳うような音楽的なものを感じることもないのです。 だからと言ってこの大島にちぐはぐな印象が有るかと問われれば決してそんなことはないのです。 総じて言えば、シャープで垢抜けた印象を持つ大島紬ですが、その中に在って白大島/白泥大島は色から受けるそれだけでなく、どこかしらやわらかな表情が残されているように思います。 その白泥大島はこうして小紋柄とされることで さらにその印象はカジュアルな趣を微かに残しながら、洗練された中にもやわらかなお洒落着印象を持ちます。 言わば大島紬特有の「シュッ」とした表情が弱められ、小紋柄が保つ、はんなりとした印象を感じさせるのです。 こちらの作品は大島紬の「一見、印象としては垢抜けてるけれど柄や模様が古びたまま」だったり、或いはそれら評価を覆す為だけの「良く言えば個性的、ストレートに申せば奇抜な柄を取り入れることの多い大島」とは一つも二つも違うのです。 と、ここまで書いてきて思うのですが、作品に浮遊する個性、それは「彩色やと技法で言語化出来る」のかもしれませんが、内包された創意を表現するのはとても困難なのです。 何故なら例えばこの驚くほどの軽さも手に取ってみただけではその軽さの十分の一も感じることは出来ないのです。 お召しになってみてください。 驚かれます。



紬織物


紬織物


紬織物



高級品の代名詞のように言われる大島紬ですが、その品質は様々です。 もちろんではありますが、そのすべてが同じ品質ではありません。 やはり極めるべくは糸質なのです。 反物を手に取られた際に妙に軽いもの、あるいはしなやかさのまったく感じられないものもあります。 いわゆる“ぺらぺら”な大島紬や、“ごわごわ”の大島紬も「大島紬」として在る(存在している)訳です。 つまりその保つ品質によってはお召しになっている内に早くから裾がひけてきたり、いつまでも身体に添わない、馴染まないなんてこともある訳です。 


つまり、大島紬を選ぶ際、品質という観点から申し上げれば、やはり極めるべくは糸質なんだと思います。 更に言えば、糸質がすべてと言っても決して言い過ぎなどではないのです。 もう1点 それが、(その大島紬が)どこの機屋で織られたものか、ということも大島紬を選ぶ際の重要なポイントであることはあらためて言うまでもありません。 何故なら、上質とされる大島紬の名匠(機)機屋は、徹底的に糸質に拘るとされるからです。 


また、こうした手織物を購入する際、その品質に照らして価格は高いのか否か?気になるところかと思います。 当然高ければ上質かと言えば必ずしもそうとは限りません。 また、安ければいいと言うものでも もちろん(当然)ありません。 更にもう少しだけ付け加えさせて頂くならば、本来、こうした手織りの紬織物は 余計な付加価値を付けなければ、価格と品質が確実に比例するものでもあるのです。  ちなみにこちらの大島紬、販売戦略の便宜として別誂えとされたものとは確実に品質の異なる本物の別誂えです。 つまり、“量産品の別誂え?”とはその保つ質感は間違いなく異なるものなのです。


紬織物


紬織物


紬織物


紬織物


紬織物


大島紬はその質感から、袷にされてももちろんなのですが、単衣にお仕立てされますと、更にその品質を味わうことが出来ます。 さらりと軽い、とは言え落ち着きのない軽さではない、上質な極細の糸が織り出す軽さとさらり感なのです。 ぜひ一度お試しください。 お袖を通して頂きますとここまでお話してきましたことが、すーっと腑に落ち、ふむふむと頷いて頂けると思います。


※着用画像/コーデ画像と商品単体画像で色が異なる場合がございます。
※商品単体画像を実際のお品により近づけております。
※光の加減・ブラウザ環境等により写真と実物では多少誤差があることがございます。あらかじめご了承くださいませ。


【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても私共呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 着物、羽織物、などご指定の寸法がございましたらお知らせください。 弊店で割り出すことも可能です。 また、帯のお仕立てに際しましても、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。 ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。

【お手入れなど】 お求め頂きました後、日常にお使いの際のお手入れは、着物の場合、衿の皮脂/ファンデーション汚れなど気になる個所の部分的なしみ落としで十分です。 帯に関しましてはそれほど必要ありませんが、もし前腹などよく触れる部分など気になりましたら、しばらくお使いにならない折にお手入れをお奨めしております。 また、絹物、一部木綿はご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

【在庫について】 実際の店舗におきましても同時にお品を販売しております。 ご注文/お申し出を賜りました時点で、「SOLDOUT」が表示されていなくても売り切れの場合がございます。先着順となりますので予めご了承下さい。


【商品情報】

商品番号
HTT-DOS-03456
商品名
本場大島紬/白泥大島 制織・前泊武子 花のメロディ
品質
絹100%
価格
¥572,000(表地/税込)
¥626,000(袷仕立上げ/胴裏・八掛/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
【※単衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
39cm程(※約一尺三分程)/※12.5m程 (※約三丈二尺八寸程)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

本場大島紬/白泥大島 制織・前泊武子 花のメロディ/2020・03・18 Published

価格: ¥572,000 (税込)
[ポイント還元 5,720ポイント~]
数量:

ページトップへ