きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



風音の

通り過ぎたり

帰り花


田中黎子

円虹


紬織物



【草木染め手織り紬織物】

伊那紬/市松四色格子

発注品(※別注品)/着物地




こうした真綿紬織物の魅力に付いて語られることのひとつにそのほっこりと優しい風合いを挙げることが出来ます。 それは大島紬に見られるようなさらっとした肌触りではなく、十日町などの紬織物とも異なる、言うなれば上質な真綿糸を使い織り上げた紬織物特有の織の表情と言って良いかと思います。 まるで真綿で包まれるかのような質感と着心地。 それは単純に見るひとの目に映る印象だけではありません。 着物となり装うひとが身体を包んだ際に実際に感じられる「真綿に包まれたような…」感覚です。 織に魅せられるとはつまり、その表情に加え、着心地にさえ魅せられてしまうことなのかもしれません。 


加えて私が真綿紬を好きな理由の一つは真綿糸特有の発色。 光沢を抑えたいわゆる”マットな質感”…、それでいて感じられるしっとりとした抑えた光沢…。 その辺りの絶妙なさじ加減が真綿紬が大好きな理由の一つでもあります。 そしてそれは今回ご紹介させて頂く、綺麗な発色の際にひときわ感ずるのです。 例えばどうでしょうか、この空色のようなブルーを大島のような生糸で発色させたら…、おそらく空色という綺麗な色に加え、生糸特有のテリが相まってまばゆい青空のような色として目に映るのではないでしょうか。(※大島の名誉の為に申し上げれば、こっくりとくすんだ色で染め織り上げられた大島はことのほか美しいと思う。) ところが光沢を押さえた真綿糸に染めるとそうしたまばゆいほど印象は消え、紫陽花のようなやわらかな美しさだけが大人の女性の色として残るのです。


紬織物


紬織物


紬織物


紬織物


紬織物



こちらの伊那紬は発注品(いわゆる別注品です) 紫陽花のブルー、マロンブラウン、くすみのローズ、生成りの組み合わせで織り上げられたこちらの伊那紬を見ているといわゆる市松文様なのですが、カラフルな石畳にも見えます。  お蚕が吐き出した極上の糸を引き手が時間を掛けて丁寧に紡ぎだし、美しい色に染め分けられた後、織り手が一枚の絹布に織り上げる。 繭が糸に戻り、自然に元の繭に戻る…。 そんな形容が有りますが、まさにそんな絹布なのです。 


染められた糸の色、程よい格子、手に取ったときのしっとりとした絹布感、比類のないほっこり感が加わって… 量産される紬の様に余計な諂いなどない、愛好家が求める品質に、望んでいる以上の、いえ、期待以上の品質で応えてくれるのです。 ひと目で美しいと思わせられる色相に織り上げられた市松格子、集中を切らすことなく織り上げられた美しい石畳が織り上げられています。 とは言え、よくある市松格子にありがちな着るひとを寄せ付けない強さはありません。 でも、非凡では決してなく、むしろ確りとした個性を現出させているのです。 もしかしたら適わせる帯によっては帯が負けてしまい、カタチにならないかもしれません。 でもコーデによってはたまらなく美しい着姿になると思うのです。


紬織物


紬織物


紬織物


ときに手引き真綿織物が見せるその表情は不均一なものがあります。 その不均一な表情はひとによってはとても曖昧なものとして目に映るのかもしれません。 そもそもひとの「手」は機械による精密/均一に敵うものではありません。 そうしたものなのです。 曖昧さを擁護するつもりはありません。 手引きされた真綿糸は均一な太さを保つ訳ではありません。 でも、たとえ曖昧であったとしても均一ではなかったとしても それさえもこうした紬織物にとって重要な要素や味わいとなるのです。 決して量産されることの無い紬織物にとって均一や整然というファクターはとくに求められたものではなく、求められているものはあくまでもその紬織物が固有する質感であり、保つ表情であるのです。 興味のない方にはナンセンスなお話と思われるかもしれません。 でも、そこに良否を問うことが、こうした真綿紬織物にとってなにかしらの意味を持つものとは思えません。 いわゆるそうしたお話(機械的な量産品)とはかけ離れたお話なのです。 


こちらに掲載させて頂きましたのは手織真綿紬織物です。 ご覧頂けます様にいわゆる市松格子織物です。 特別な細工が掛けられている訳ではありません。 でも…いかが思われましたでしょうか? この色目、とても印象的な「色」と思われたのではないでしょうか? つまり、この格子織物を単なる格子の織物ではなく、印象的なものにしているのはこの「色」なのではないかと思います。 …どう表現すれば良いのか分からない微妙な加減の保たれた色みの交差です。 色見本に見付けられるような色ではないのです。 上に記した色そのすべてがそのような色(記した様な)であって、その色そのものではないのです。 どうやら色みも良い意味で曖昧な加減が保たれている様です。 


身も蓋もない言い方とお断りした上で申し上げるのならば…。  それは極めて単純に言いきってしまうのならば、美しいものは美しい、としかお伝えしようがないのです。 ぼんやりと眺めていると知らず知らずの内に魂が抜かれてしまいそうになるのです。(ちょっと大袈裟な表現と思われるかもしれませんが) 私自身が好む色を集めてきて格子の織物としてポンと目の前に置かれてしまったかのような感じとでも言えばよいでしょうか。 まさにそんな感じなのです。 加えて申し上げるならば、真綿紬織物が保つ特有のほっこりとした上質な質感が保たれたままに…です。 そしてこの質感こそが真綿紬織物固有とも言える極上の着心地を生み出してくれるのです。 ここまでの解説の中でどこにも誇張はありません。 ぜひ、ご自身で味わってみてください。 私の言葉に確実に頷いて戴ける筈です。



紬織物


紬織物


紬織物


紬織物


紬織物


こうした着物地は実際に着物となって装い戴きますとその印象は一変します。 地機の結城紬や郡上紬などの強い質感を保った着物と比べてもまったく見劣りしないどころか、帯適わせによってはうんと垢抜けた個性印象となるように思います。 織りの帯で「ほっこり」とした印象を醸しだしたり、縮緬や紬の染め帯/型絵染めの帯で都会的な印象を楽しんで戴く事も期待できる筈です。 そうしたときにこの着物の保つ力、つまり紬織物としての質感をあらためて感じて頂けるかと思います。 


奇抜な配色やデザインは決して好まない、とは言えありふれた平凡なものでは満足出来ないと思われている紬愛好家の方に是非ともお奨めしたい逸品です。 参考の一つに染帯は染帯でも「絞り」の染帯を適わせてみました。 こんなコーデも素敵だと思います、いかがでしょうか。



【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても私共呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 また、帯のお仕立てに際し、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。 ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。

【お手入れなど】 お求め頂きました後、日常にお使いの際のお手入れは、着物の場合、衿の皮脂/ファンデーション汚れなど気になる個所の部分的なしみ落としで十分です。 帯に関しましてはそれほど必要ありませんが、もし前腹などよく触れる部分など気になりましたら、しばらくお使いにならない折にお手入れをお奨めしております。 また、絹物、一部木綿はご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

【在庫について】 実際の店舗におきましても同時にお品を販売しております。 ご注文/お申し出を賜りましてもホームページへの反映が一足遅く、「SOLDOUT」が表示されていなくても売り切れの場合がございます。先着順となりますので予めご了承下さい。


【商品情報】

商品番号
HYT-RKK-0345
商品名
手織真綿紬織物/伊那紬別注品
品質
絹100%
価格
¥357,000(表地/税込)
¥411,000(袷仕立上げ/胴裏・八掛/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
【※道行コート、羽織、単衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
38cm程(※約一尺程)/※13m程 (※約三丈四尺)多少の誤差はご容赦ください。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

手織真綿紬織物/伊那紬別注品

価格: ¥357,000 (税込)
[ポイント還元 3,570ポイント~]
数量:

ページトップへ