きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



切っ掛けを

弾み飛びして

木の実独楽


杉山瑞恵

雨月


名古屋帯



【手織り紬織物】
上田紬/横段格子
小岩井紬工房



私は紬織物が好きです。 木綿や麻も大好き。 もしも、身の回りが石油製品ばかりで埋め尽くされ、こうした自然素材による布が私の傍になかったら、これまでの人生はさぞかしつまらないものだったのではないかと思います。 昨今、いろんな人が口々に<判で押したように>唱えるモノを持たない暮らしなるものは、たくさんの好きなものに囲まれて暮らしたい私にはとても想像し難い、というか耐えられない。(※なんとなく賢そうに見えるから唱和してるだけ、な方も居るけど) ま、確かに不必要なものをため込む?ことの煩わしさ?は私もよく解ってはいる。 一日中探し物をしてる(笑)ような私などはそれらに理解出来なくはないけれど、だからと言ってそんな自分にことさらに絶望を感じている訳でもない。 探し物の途中でふと出会う、かつて自分が選んだ“美しさとの遭遇”はまた格別なものなのだ。

紬織物
紬織物
紬織物
紬織物
紬織物

紬や木綿を好きな理由の一つとして挙げることが出来るのは特有の発色、マットな質感…、それでいて感じられるしっとりとした抑えた光沢…。 その辺りの絶妙なさじ加減が紬織物が好きな理由の一つでもあります。 そしてそれは今回ご紹介させて頂く、綺麗な発色の際にひときわ感ずるのです。 例えばどうでしょうか、この菜の花のような黄色を大島のような生糸で発色させたら…、おそらく黄色という綺麗な色に加え、生糸特有のテリが相まって気恥ずかしいほどの光沢として目に映るのではないでしょうか。(※大島の名誉の為に申し上げれば、こっくりとくすんだ色で染め織り上げられた大島はことのほか美しいと思う。) ところが光沢を押さえた真綿糸に染めるとそうした気恥ずかしい印象は姿を消して菜の花のような黄色の可憐な美しさだけが大人の女性の色として残るのです。


菜の花を想わせる黄色、藤色の格子、それぞれを淡く配した格子、そこにアクセントのように入る経緯のピンストライプ、、。絶妙な色目の組み合わせで織り上げられたこちらの上田紬を見ていると、お蚕が糸を吐き出した時からこうなるように決まっていたような錯覚さえ覚えます。 お蚕が吐き出した極上の糸を引き手が時間を掛けて丁寧に紡ぎだし、美しい黄色や藤色、淡濃に染め分けられた後、一枚の絹布に織り上がる。 繭が糸に戻り、自然布のごとき絹布となる…。  


染められた糸の色、程よい格子、手に取ったときのしっとりとした絹布感、上質なほっこり感が加わって… 余計な諂いなどない、紬好きが求める品質に、望んでいる以上の品質で応えてくれるのです。 ひと目で美しいと思わせられる色相の中に織り上げられた横段や格子、、。 とは言え、よくある横段格子にありがちな着るひとを寄せ付けない強さはありません。 でも、非凡では決してなく、むしろ確りとした個性を現出させているのです。 もしかしたら適わせる帯によっては帯が負けてしまい、カタチにならないかもしれません。 でもコーデによってはたまらなく美しい着姿になると思うのです。

紬織物
紬織物
紬織物

紬織物
紬織物
紬織物

こうした着物地は実際に着物となって装い戴きますとその印象は一変します。 郡上紬などの強い質感を保った着物と比べてもまったく見劣りしないどころか、帯適わせによってはうんと垢抜けた個性印象となるように思います。 織りの帯で「ほっこり」とした印象を醸しだしたり、縮緬や紬の染め帯/型絵染めの帯で都会的な印象を楽しんで戴く事も期待できる筈です。 そうしたときにこの着物の保つ力、つまり紬織物としての質感をあらためて感じて頂けるかと思います。 


参考の一つにいつもは型絵染や塩瀬などの染め帯を適わせることが多いのですが、今回はリボン刺繡の名古屋帯を適わせてみました。 こんなコーデも素敵ではないでしょうか。ご参考までに申し上げますと、9月発売の「きものsalon秋冬号」に他店様プロデュースではございますが、檀れいさんがお召しになられております。


【商品情報】

商品番号
HYT-RKK-45
商品名
手織紬織物/上田紬別注品
品質
絹100%
価格
¥277,000(表地/税込)
¥331,000(袷仕立上げ/胴裏・八掛/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
【※単衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
38cm程(※約一尺程)/※13m程 (※約三丈四尺)多少の誤差はご容赦ください。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

手織紬織物/上田紬/2021・01・18 Published

価格: ¥277,000 (税込)
[ポイント還元 2,770ポイント~]
数量:

ページトップへ