きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



水澄むや

日光月光

菩薩像


石脇みはる




紬織物



【本場大島・白大島紬】
―秋名バラ―


締め/伝統工芸士・深田兼徳
織り/平田和美


秋名バラ、秋名バラ柄、大島紬がお好きな方なら一度ならず聞かれたことのある名前かも知れません。 秋名バラの「バラ」は琉球の言葉でカゴ/ザルのことを指します。 秋名は東シナ海に面する地区の名前です。 その秋名地区で竹で編んだ「サンバラ」と呼ばれるザルをモチーフにして作られていったものを秋名バラ柄と言います。(※同じように龍郷柄は龍郷地区で織られたものを言います。) 


格子柄に十文字を交差させた模様がとても印象的です。 百年以上続く代表的な柄で現代でもとても人気がありますがやはりここも作り手不足に悩まされています。 完全な分業体制で制作される大島紬の技術は専門分野の職人が持てる最高の技を競い合い、それゆえに品質が守られながら百年以上続いてきました。 特に複雑で精緻な図案を基にした絣の模様は現代の意匠/designにも大きく影響を与え有名なヨーロッパの服飾やバッグなどのデザインにも模したものが見られるほどです。かように長い間制作され続け、今尚新しい意匠が創られる大島ですが、この秋名バラと龍郷は頑なに伝統柄を守り続けています。


少しお話は逸れますが、、。たとえば和紙、上質な和紙の紙漉において上質な楮を欠かすことは出来ません。 たとえば陶芸、作陶において最も大切なのは「土」だとも。 要するに品質を語るには素材抜きにして語れない、と言う事が言えます。 さりとて、たとえ同じ素材で同じ条件でつくられたとしても まったく同じものが出来る訳ではありません。 同じ質感のものでさえ難しいと言われます。 機械で生産されるものや、工業製品であれば、同じ条件を保てば、同じ品質が出来るわけです。 


つまり均一な製品をつくることにおいてひとの「手」は機械には敵わないのです。 ひとの「手」によるもの、ひとが「手」を掛けたものには、かならずそこに差異が生ずるのです。 つまり、ひとの「手」と言うのはそれだけ曖昧なもの…。 それらを「良し」と捉えるか、「否」と捉えるか…、それは人それぞれであるかと思います。 私は機械で織られた画一的なものに魅力を感じることはあまりありません。 とは言え、魅力を感じないだけのことで、そうしたすべてを否定している訳でもないのです。 現代の社会にあって利便性を供するほとんどのものがオートマチックに作られている訳ですから…、否定することはナンセンスだと言えます。  ただ、便利な道具として使うことはあっても心が惹かれるということはないと言うことです。。。


「良いものをより安く」は企業における一般的理想論であり、その実、「良いものは安価では出来ない」ことは消費者のみならず、制作側の誰もが解っていることでもあるのです。コスト=品質はいつの世も変わりはないのです。 こちらに掲載させて頂いた工房のような手間と手業、素材を追及する仕事は、手間をかければかけるほど、良質な材料を選べば選ぶほどにコストは上昇する訳です。 コストを度外視すると言うこととは少し異なります。 糸質にこだわり、染料、染織にこだわり、手織りとした結果、安価とはならなかった、と言うことです。 現在の日本の流通品とは相反するんですね。 つまり何に価値を見出すか、なのです。 工藝に価値を見い出さないひとにとっては、そうした手間や英知はひどく馬鹿馬鹿しい事なのかも知れません。


紬織物


紬織物


紬織物


紬織物


こちらに掲載させて頂いた本場白大島紬、秋名バラ柄。 制作のほとんどすべての工程を人の「手」に委ねた誂品となります。 一方的に織られている量産品ではありません。 いわゆる希少と言われる大島の一つである秋名バラ柄/別誂えです。 もちろん誂品である以上、その質感は極上で一般的な大島紬とは印象を異にします。 特に着心地は一般的なそれと比して別物感を想わせてくれます。 それは機屋の指定に始まり、織り手の指名、糸の質や微妙な色彩に至るまで話を詰め、細部に亘ってオーダーすることによって生まれるのです。 当然、極上の着心地や上質感を求めるひとの想いに適う大島紬、秋名バラ柄。 もっと言えば本場大島紬に留まることのない、それを遥か超える上質感を保った本場大島紬なのです。 


こちらの白大島は微妙に異なる白磁の様な白地に、淡い墨色の糸を極小の絣で織り込むことによって、この割り付け模様の秋名バラ柄としています。 実に細やかで実に綺麗な絣。 世界一美しい絣と賞されるのも納得がゆきます。 このように細密な絣を散りばめることによって表現出来る美しさは、元をただせば極細の糸が打ち込まれているからなのだと思います。 加えて、こちらの大島紬は「手織り」であるため、絣でつくられた割り付け模様そのものが際立って美しく、深みを保ち、この白泥大島紬の魅力を押し上げています。 また、こうした大島紬はとても幅広くお使い頂けるかと思います。 金銀糸によらないフォーマル感の在る名古屋帯をお使い頂けば、「余所行き」の表情を醸し出すことも出来るかと思いますし、染め帯や紬帯などでカジュアルな感じを表現することも出来るかと思います。



紬織物


紬織物


紬織物


紬織物


紬織物


ちょっと補足、、。 大島紬には高級品/高額品と言うイメージがあるかと思います。 確かにそんな一面があることも事実かと思います。 ただ、大島紬とひとまとめに括られる中には、化学染料で染められたものもあれば草木染め泥染めもあります。 織りに関して言えば、機械織りもあれば手織りもあります。 染めで柄を“表現した”染め大島紬もありますし、ただ、高価に映るべく絣や亀甲を染めで表現した大島紬もあります。 玉石混交にこうした様々な大島紬が存在する背景には、大島紬の評価の基準が定まっていないことがあるようです。 組合の認証を受ければ それは大島紬となる訳ですが、そのこと(認証)がすべての品質が厳格に管理されている事とイコールではないのです。 あえてここで大島紬についてお伝えさせて頂いたのは、あまりにも様々な品質の大島紬が流通していることによって、「大島紬」を誤って解釈されることのないよう、添えさせて頂きました。  加えて本当を申し上げれば、私は大島紬はあまり好みではありません。 なのですが、ときおりこうした大島紬好きではない私を唸らせる見事としか表現のしようのない大島紬と巡り合うこともあるのです。 その時は文句なく白旗を掲げ、仕入れをするしかないのです。 どうしても欲しくなってしまった訳ですから…。


【商品情報】

商品番号
INS-HUT-124555
商品名
本場大島紬/白大島 手織り 秋名バラ
品質
絹100%
価格
¥385,000(表地/税込)
¥439,000(袷仕立上げ/胴裏・八掛/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
【※単衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
39cm程(※約一尺三分程)/※12m30程 (※約三丈二尺三寸程)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

紬織物

本場大島紬/白大島 秋名バラ柄 手織り/平田和美

価格: ¥385,000 (税込)
[ポイント還元 3,850ポイント~]
数量:

ページトップへ