きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



塩蔵に

叺積みあり

つづれさせ


斉藤小夜

風土


紬織物



【本場黄八丈】
―綾織―
制作/山下芙美子




こちら、山下芙美子制作の黄八丈織/綾です。八丈島に自生するまだみ、刈安、椎を採取し、それらの植物から抽出した染料で鳶色、黄色、黒に染められ、手織にて織り上げられる 紬織物です。 八丈島の植物だけで、古来より受け継がれてきた制作技法で織り上げられるのです。  東京から遥か南、厳しい自然に囲まれた絶海の孤島、その島に自生する植物だけでつくられる黄八丈。 黄色は八丈刈安(コブナ草)、樺色はマダミ(タブの木)の黒色は椎の木の皮と泥染めによってつくられます。 黄色、樺色、黒色、それぞれの工程を経て染められた糸は洗い、乾燥の後、短いもので二年、長いものになると五年、六年の歳月を掛け寝かします。 色の斑が収まり、色の落ち着きや定着をを待つのです。 その後、糊つけ、整経を経て黄八丈は織り始められるのです。 すべての黄八丈は人の手によって織られています。 緯糸を飛び杼と呼ばれる道具で経糸の間を左右に移動させながら、リズミカルに筬で糸が打ち込まれてゆきます。


ほんの少し技術と技法をかいつまみますと、、。

一、先染めの平織り又は綾織りとする。
二、緯糸の打ち込みには手投げ杼(てなげひ)を用いる。
三、染色は手作業による浸染とする。この場合において、染料は、コブナグサ、タブノキ又はシイを原料とする植物性染料とし、媒染剤は黄色や茶色(樺色)はツバキやサカキの木を焼いた灰で作った液で媒染、黒色は鉄分を含んだ沼の泥による媒染。
・・・ ・・・

と言うような事をつらつらといくら書き連ねたところで黄八丈の何かが分かる訳ではありませんね。 かく申し上げる私でさえ、実際に織ったこともなければ糸を染めたことすらないのですからわかりません。


山下芙美子が手掛ける黄八丈綾織です。 山下め由・山下八百子・山下芙美子と続く山下家の黄八丈です。 本場黄八丈と聞くと、縞/格子、黄色に黒の町娘的なカジュアルな普段着物を想われるかもしれません。 ご覧頂いてる黄八丈、そうした印象とはかけ離れた織物です。 新小石丸糸を使い、八丈島に自生する、コブナグサ、タブノキ又はシイを原料とする植物性染料で染色し、木炭又は泥土で媒染する。 つまり、八丈島に継承されてきた制法に則り、作り続けられてきた織物なのです。 山下家の黄八丈は染色にこだわり、媒染にこだわり、すべてを伝承制法にこだわり織り上げられた織物なのです。 ご覧頂けますように、いわゆる「普段着」的な印象は希薄です。 都会的でスタイリッシュな感覚を想われると思います。  山下芙美子さんが創る黄八丈は黄八丈に備わる美しさとはまったく異なるベクトルの美しさを想わせてくれます。


紬織物

紬織物

紬織物

紬織物


抑制均衡の図られた精緻な織りが、特徴的なその渋みを伴ったその紅鬱金(べにうこん)と江戸茶を混ぜたようなお色目が品位すら想わせてくれます。 可笑しな表現と思われるかもしれませんが、着物として織られた織物でありながら、着物以上の何かに見えてしまうのです。 もちろん制作者である山下芙美子さんは着物として使われることを想って制作されているのです。 この織物を前にして眺めていると 山下芙美子が理想とする織物を追い求め織り上げたこと、黄八丈の理想の形として織り上げたものなのかもしれません。 山下芙美子のなかで芽生え、育まれ、伝承の中で研ぎ澄まされた美意識が直接的には目に見えない何かとなって布の上に現出しているのです。 一見すると単なる紅鬱金色/江戸茶の紬織物と目に映るのかも知れません。 でもそのわずか数秒後にはその印象とはまったく異なる美しさが目に映り込んでくるのです。 それは制作者の想いが極限を超えたときにだけ作品に映り込む、「凝縮された美意識」が目に映るからなのかもしれません。

紬織物

紬織物

紬織物

紬織物


そこでこちらにご紹介させて頂きました「黄八丈/綾織り」、手にとって頂くと頷いて頂けると確信しておりますが、こちらの織物は極めてしなやかな質感を保っています。 それは落ち着きのない軽さ、しなやかさでは決してなく、身につけるものの質感としては極上のしなやかさを有した軽さであると言えます。 加えて申し上げるならば、特有の美しい綾織が更に染織の表情に厚み/深みを持たせているのだと思います。 


山下芙美子が手掛ける黄八丈、美意識の結実した秀逸な織物だと思います。 おそらくこうした工藝に関心をお持ちで、且つ、黄八丈についてこのどうでもよい長文を読んでくださる方はおそらく私なんかより黄八丈のことを詳しく知っておられるのかも知れません。 兎にも角にも見事な織物ですし、なによりもこのお色目が素敵だと思います。 黄色でもない、かと言って茶でもない、銅色でもないのです。 目を凝らしてみると見える、灰緑、煉瓦、黄土、土色などが織り交ざることでこのお色目が創られているのです。 最後にこちらの黄八丈の魅力を一つ書き加えますと…、こうしたお色目は大人可愛い型絵染の帯をとても魅力的に引き立ててくれる、そんな愉しみも、あるのです。 参考までに山本由季「賑やかだったあの頃」添田敏子「紙牡丹」を適わせてみました。


※黄八丈は1984年に東京都の無形文化財の指定を受けました。 黄八丈に使われる糸はかくも美しくも抑制の効いた光沢を持ち、陽光の中で特有の光を放ちます。 気の遠くなるような手間暇と歳月をかけて染め上げられた糸は年季の入った高機で人の手により黄八丈と姿を変えてゆくのです。 必要以上に無理な力を加えずに糸の長所を最大限に引き出すようにそれは織られるのです。 「黄八丈」は織物の宝石と言っても大袈裟ではないのかも知れません。 黄八丈は1984年に(故)山下めゆ氏、1986年に(故)山下八百子氏が東京都指定無形文化財技術保持者に認定され、現在も山下 誉・芙美子氏を中心に、精力的に黄八丈の制作、発展に尽力しておられます。


※着用画像と商品単体画像で色が異なる場合がございます。
※商品単体画像を実物により近づけております。



【商品情報】

商品番号
KHJ-OTKYF-0345
商品名
本場黄八丈着尺/山下芙美子
品質
絹100%
価格
¥880,000(表地/税込)
¥934,000(袷仕立上げ/胴裏・八掛/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
【※単衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
38cm程(※約一尺程)/※12m60程 (※約三丈三尺三寸)多少の誤差はご容赦ください。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

本場黄八丈着尺/山下芙美子作 綾織り/2020・09・05 Published

価格: ¥880,000 (税込)
[ポイント還元 8,800ポイント~]
数量:

ページトップへ