ご購入について
 

草木染手織り九寸名古屋帯/小熊素子作 はまぎく



獅子座流星群

まだまだ荷物

積みのこし


神田夏果

海程


本場久米島紬



【草木染手織り九寸名古屋帯】
―はまぎく―

使用された植物染料
薔薇・刈安・山桃・藍

制作/小熊素子



小熊素子さんは自己紹介文に以下のことを書き記されています。 
「いつも自然の中の一個として生きることを望み、糸を選び,灰を作り、草木を採取し、糸を染め、体を使って織り、布にする。日々、心のやすらぐ物を創るように心がけております。」 その結果こちらの心がやすらがない訳ですが、文面にある通りの素朴な人柄の小熊素子さん 昭和13年 郡上紬の人間国宝 故宗広力三氏に師事 染織の礎を学ばれ、のちに龍村美術織物の草木染めの職人吉田富太郎氏に指導を受けて以来 染織の道をひたむきに歩んでこられました。 国展に幾度も入選される実力者でありますが、その飾らない人柄が作品にも表れているようです。私が最も好きな染織作家のひとりでもあります。


本場久米島紬


本場久米島紬


本場久米島紬


本場久米島紬


折に触れ想うことなのですが、およそ着物や帯は物理的にはただ一枚の布に過ぎません。 きもの専門店を生業としている私がこんなことを申し上げるのは些か不適切なことなのかもしれません。 着物にしても帯にしてもたかが一枚の布の筈なんです。 でも、たかが「布」なのに何故これほど人を魅了するのでしょうか…。  たしかに小熊さんの言われる「心のやすらぐ物」に違いないのですが、そこに至るまでの間、心はざわめきます。 正直に申し上げれば 消費者と同じ気分です。 仕入れというのは名目ばかりとなり 仕事としての観念は押しやられ、個人的に蒐集したくなってしまうのです。 兎にも角にも作品を前に出るのは溜め息ばかりでもあります。 性分でしょうね、いろいろ心の中で作品をまえにして否定をしては見るのですが… 抗し難い魅力のまえではどうすることも敵わないのです。 陶酔とまでは言いません。 でも、私の思考では想像の及ばない織物に打ちのめされるのはある種とても気持ちの良いことだったりします。 上述しましたように「たかが、帯」なんです。 でも、作品を眺めていると 着物や帯と言う一言では表しきれない何かがあるのです。。


本場久米島紬


本場久米島紬


本場久米島紬


使われた糸は手引きの真綿糸、よく言われることのひとつに織物は機に糸を掛ける(経糸)までが仕事、それを終えればあとはただひたすらに織るだけなんて言われることがあります。 それはそれで一理あり、大きく違った事だとは思いません。 でも、この作品を見ていると必ずしもそうばかりとは言えない事もよく解ります。 これだけ幾色もの染めが施された色糸を織り込んでゆく作業の大変さは言うまでもありません。(※そのため撮影には本当に苦労しました。様々な彩色の糸が織り込まれているため、ほんの少しの角度でその表情を変えるのです。かつてこれほど色の再現に苦労した作品は他にありません。 加えて、精緻な織がゆえに画像では質感の半分も再現出来ませんでした。)  もちろんこれだけたくさんの色を染め上げるのも大変な辛抱が試されます。 灰色と白茶を司るのは薔薇、青色は藍。 山桃に刈安、実に多彩な染色をひとつのハーモニーとして織り上げているのです。 単なる格子織物ではありません。 小熊素子の感性に寄って導き出された植物の生命とも言うべき彩り、そしてその彩りを作者である小熊素子は格子としたのです。 小熊素子さんの背景となっている教養、感性の鋭さ、経験の蓄積、透き通った精神で創られるそれはまさに本物の存在感に溢れたものです。 染織というものの凄味すら感じさせてくれますと言えば言い過ぎでしょうか。 

※着用画像/コーデ画像と商品単体画像で色が異なる場合がございます。
※商品単体画像を実物により近づけております。
※光の加減・ブラウザ環境等により写真と実物では多少誤差があることがございます。あらかじめご了承くださいませ。


【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても私共呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 着物、羽織物、などご指定の寸法がございましたらお知らせください。 弊店で割り出すことも可能です。 また、帯のお仕立てに際しましても、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。 ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。

【お手入れなど】 お求め頂きました後、日常にお使いの際のお手入れは、着物の場合、衿の皮脂/ファンデーション汚れなど気になる個所の部分的なしみ落としで十分です。 帯に関しましてはそれほど必要ありませんが、もし前腹などよく触れる部分など気になりましたら、しばらくお使いにならない折にお手入れをお奨めしております。 また、絹物、一部木綿はご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

【在庫について】 実際の店舗におきましても同時にお品を販売しております。 ご注文/お申し出を賜りました時点で、「SOLDOUT」が表示されていなくても売り切れの場合がございます。先着順となりますので予めご了承下さい。


【商品情報】

商品番号
KMR-KMT-03458
商品名
草木染手織り九寸名古屋帯/小熊素子作 はまぎく
品質
絹100%
価格
¥175,000 (表地/税込)
¥186,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分程。/ 長さは九尺七寸~八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

本場久米島紬

草木染手織り九寸名古屋帯/小熊素子作 はまぎく

価格:

175,000円 (税込)

[ポイント還元 1,750ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ