きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



雲海に

一条走る

陽の光


森山のりこ

あを


季節



【八重山上布】
制作/糸数江美子
染料/福木・揚梅
経糸/苧麻糸
緯糸/苧麻糸



八重山上布とは八重山諸島に自生するからむし/苧麻から手績みされた苧麻糸を織り込んだ草木染めの(※主に紅露)手織苧麻織物。 古くは赤縞上布と称されていた八重山上布。 当時は貢納布として物納されていた上布です。 こちらの制作は糸数江美子氏。 沖縄県において重要無形文化財ご技術保持者に認定されている糸数江美子氏は、八重山上布制作者の制作者である新垣幸子氏(実姉)に師事、後に工房を興し作品を制作されています。 2014年に沖縄県より指定文化財技術保持者の認定を受け、制作のみならず、文化財の保存の仕事にも携わっておられる染織家です。 

こちらに掲載させて頂きました八重山上布、よく見かける白地に民芸的な絣模様が配されたものとは趣が異なります。 ご紹介させて頂きます八重山上布、全体に浮織を配しただけの織物なのですが、その印象は単調なものではありません。 シンプルなものほど美しい、言い古された言葉ですが、この帯を眺めていると改めてそう思わされます。 


季節

季節

季節

季節

季節

こうしたシンプルな意匠は参考コーデ画像のようないわゆる「柄物」と呼ばれるキモノ地に適わせてみるとその魅力が更に際立ちます。 長板中形の着物、有松絞りの上等な絞りの着物、十絣の麻織物、久留米絣などなど、案外帯合わせが難しいとされるそうしたお着物にも適わせやすいかと思います。 加えてすべてが自然素材、天然染料で染められた糸でつくられた帯や着物は年月とともに加わる変化も愉しむことが出来ます。 それは決して古びてゆくのではなく持ち主となる方の暮らしと共に味わいが加わってゆく、そうゆうことなのです。 もっと言えば、自分のものとなったその時から、持ち主と共に育ってゆく、そんな愉しみを齎してくれる、それも自然素材の極めて大きな魅力の一つでもあるのです。


季節


季節


【商品情報】

商品番号
KMR-NAO-01
商品名
八重山上布九寸名古屋帯/糸数江美子
品質
苧麻(からむし)
価格
¥385,000 (表地/税込)
¥396,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分程。/ 長さは九尺六寸~八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。 /div>
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

季節

八重山上布九寸名古屋帯/糸数江美子/2020・06・27 Published

価格: ¥385,000 (税込)
[ポイント還元 3,850ポイント~]
数量:

ページトップへ