ご購入について
 

工藝竹籠バッグ/公長斎小菅/公長

工芸竹籠


□工藝竹籠細工

公長斎小菅/公長

■波網代長角ロングバッグ

こちら、工芸竹細工の職人の手によって編み上げられた籠バッグです。 わざわざ「工芸竹細工」と申し上げましたのは、マスプロ(量産)による工場生産品とは全く異なり、工芸竹細工専門職人の技術と感性で編み上げられた、いわゆる、「誂え」の製品となるからです。 つまり、前述したマスプロ生産品と比して、創作に於けるクオリティー、制作段階での品質、ともに確実に一線を画すものであるのです。 とりわけ、大変手間の掛けられた編み方に評価が集まりがちなのですが、制作工程において最も神経が注がれるのは、ひごつくり、。一本の竹から巾/厚みをミリ単位で揃えた竹ひごの制作です。 更に表面/角を滑らかにする面取りが施されるます。 最終の仕上げには漆が遣われますが、刷り込んで拭く、と言う作業を繰り返し、定着させると言う手間の掛かる作業となります。 そして、遣い込まれる時の中でに、手の脂が染み込んで、更に美しい光沢が生まれるのです。

持ち手となる「紐」も西陣の組紐職人の手によって、この竹籠バッグのために組み上げられた「別誂え」の組紐が遣われています。 巾着に遣われている生地も、西陣織で特別に誂えられたものや、久米島紬、本場大島紬、個人作家による茜染め紬などが遣われており、すべてが籠に適わせた特注品となります。つまり、一つひとつが限定制作品、お誂えの創作工芸品であるのです。

また、こちらの竹籠バッグについて、御遣い戴ける季節を問われる事がございますが、こちらの竹籠細工、巾着を紬などの織物素材を用い、袷仕立てとして遣っておりますので、季節が問われることはありません。とりわけ、こちらにご紹介の品は網目も細かく色調が齎す印象から、四季を問わず御遣い戴けます。 夏専用として捉えるには雰囲気が重厚なのです。 ただ、色の薄いものは真冬は避けられた方がよいかと思います。 また、洋服に遣えますか? とご質問を頂く事がありますが、日本国内はもちろんですが、海外においても人気/認知度、ともに高く、和装以外にも御遣い頂くことも多いようです。

参考までに追記をさせて頂きますと、籠バッグはカジュアルなものとなります。 つまり、フォーマルとされる和装(※留袖・訪問着・付け下げなど)にはあまり適しておりません。小紋や紬などに御遣い戴くものとなりますが、フォーマルな和の装いの中で「色無地」は籠バッグを合わせて御遣い戴く事もあります。

竹籠細工職人が一品々誂えておりますので、破損、毀損した際には修復、修理も承っております。持ち手/巾着の交換は比較的容易に出来ますが、籠の破損に関しましては、状態を拝見させて頂いてからと言うことになります。 ただ、これまで、殆どのケースで、修復がなされてお返ししております。

工芸竹籠



公長斎小菅

天和年間より小菅家十二代、六代目を「公長」と称す。 紀州徳川家十一代藩主顕龍公より御用絵師として召し抱えられる。 上田姓と苗字帯刀を許され、陰葵の御紋を拝領。 江戸城へ下向、御前揮毫を許されその栄に浴し、日本画四条派松村呉春に師事する。 後に残された画軸の多くは大阪市立美術館や西本願寺に所蔵されている。その小菅家先祖の号「公長」にあやかり、「公長齋小菅」という社名で1898年創業、現在に至っている。

【商品情報】

商品番号
KOGE-TAKE-00127
商品名
工藝竹籠バッグ/公長斎小菅/公長
品質
巾着は久米島紬裂地を使用。組紐。
価格
147000
巾/ 長さ
巾/26,5cm・マチ/10cm・高さ/21,2cm(※持ち手含まず)

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

工藝竹籠バッグ/公長斎小菅/公長

価格:

147,000円 (税込)

[ポイント還元 1,470ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ