ご購入について
 

木版更紗袋帯 版木更紗



月明に青鹿と

われのまんだら


田中昌子

海程


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗



【木版更紗袋帯】

版木更紗
制作/貴久樹



諸説あると言えばあるのですが、更紗の出典は、印度であると言うのが概ね一般的な解釈のように思います。 難解な文献を紐解けば、紀元前三千年頃にはすでに綿織物が作られ、手描き更紗が染められ始めたとあります。 もちろん私はまだ生まれておりません。 故にそれを確認する術はありません。 しかし出展はともかくも古代エジプト、ローマの貴族たちもインド更紗を愛用していたと云われていることからも、その歴史の深さを推し量ることは出来ます。  カラムカリ(ペルシャ語の「ガラムカール」 いわゆる初期の更紗はペンのような先の細い形状のもので部分的に蝋纈染めが施されていたようです。 現代では手描き更紗、木版更紗、石版更紗、蝋纈染めを併用した技法等があり、特に近年東南アジアでは木版染めが多く染められているようです。

印度で発祥したとされる更紗ですが、世界の様々な国々へと伝えられ、それぞれの地で独自の更紗へと変容していきます。 隣国ペルシャ、更には大航海の時代を経て欧州全土にも広がります。 「チンツ」の名で知られるイギリス更紗、ペルシャで技術を学んだと言われるフランスのジューイ更紗、華やかで可憐なドイツ更紗、と多岐に渡ります。 また東南アジア諸国の更紗を船で持ち帰り世界に伝授した国、オランダの更紗などは現代ヨーロッパの花模様の範とも言われています。

他方、東に目を移しますと、タイのシャム更紗、(そう言えばタイは以前シャムと言う国名でしたね、つまりシャム猫は現在の命名ならばさしづめタイ猫… なんだか雰囲気が出ませんね、、、) そして「バティック」の名前で日本でもよく知られるジャワ更紗、中国更紗、その後、日本の「和更紗」が生まれました。 文様も技法もそれぞれの国でさらに独自の発展を遂げた更紗 それぞれ表面的にはまったく異なる布のように見えるのですが、余すところなく染め上げられる密度の濃い文様という特徴は、更紗の更紗たる所以を今尚残していると言えるのかも知れません。


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗


さてさて、そうした史実的解説は私の得手とするところではありませんので専門書に譲ることとして…。  こちら、、、版木更紗、その唐草模様はナイル川岸の蓮/ロータスを描いたものと解釈され、それを範として描かれています。 ご覧戴きましていかがでしたでしょうか? 墨黒色の地色に描き上げられたその更紗は「更紗」としてのひとつの完成を想わせてくれます。 更紗としては古典的な構図の一つとも言える「唐草」 そしてその唐草が描かれた更紗に表現された古…。


ご覧戴いておりますこちら、、、 いわゆる版木の木版ですから、古代の版木を使い職人が押し染めをしてゆくわけです。 木版と彩色をインドネシアの木版職人が手掛け、地染めを日本の引き染め職人が手掛けた、いわゆる二人の職人の叡智を染め重ねた染色なのです。 木版だけではない、彩色、地染めという職人の手技が相まってこうしたお品が制作されるのです。 インドネシアの木版職人、日本の友禅職人が手掛けた版木更紗です。 何が感じられるでしょうか? もちろん永い伝統というものはあるのですが、やはりそこから受ける印象は伝統的と言うニュアンスとは少し違うように思います。 日本の友禅から感じられる品位や格調と言った趣ではないのです。 そうした友禅染めの印象は感じられません。 さりとてバティックやチャンチン描きの印象でもないのです。 インドネシアの木版、版木更紗の職人と日本の友禅職人の手によって作られた更紗なのですが、やはりそこには更紗固有のエキゾチックな印象が感じられるのです。 それほどに更紗という文様は個性的であるのかも知れません。


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗


この帯を眺めていて率直に湧き上がった感想なのですが、なにやらまたいつものようにとりとめのない解説となりました。  さてさて、何に適わせましょうか。 たとえば画像のような木綿に適わせられるのも素敵です。 久留米絣や出雲織などの木綿との相性も良い筈です。 飯田紬などの真綿紬に適わせて頂きましても実に魅力的なコーディネートとなるのではないでしょうか。 
※こちらは全通染めですのでこのまま袋帯の長さでのお仕立てはもちろん、名古屋帯としてお仕立てすることも可能です。 


【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 また、お仕立てに際し、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。


【商品情報】

商品番号
KTZ-NSH-39778
商品名
型絵染九寸名古屋帯 版木更紗 
品質
絹100%
価格
¥138,000 (表地/税込)
¥149,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間〜20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは八寸〜八寸二分程/ 九尺八寸程(※袋帯の場合は一丈二尺二寸程)多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

木版更紗袋帯 版木更紗

価格:

138,000円 (税込)

[ポイント還元 1,380ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ