ご購入について
 

琉球本紅型九寸名古屋帯/知念冬馬/2019・04・04 Published



律の風

チェンバロ響く

名主蔵


松本紀子

八千草


名古屋帯



【琉球本紅型九寸名古屋帯】

―波と帆船―

知念冬馬作品



琉球染織、、。 ひとくちに琉球染織なんて言い方をしますが、それは実に様々、首里花織・読谷山花織・花倉織・琉球絣・久米島・宮古上布・八重山上布・与那国織・紅型/藍型…など様々な織物、染物が在ります。 それゆえ琉球沖縄は染織の宝庫と言われることも多いようです。 同じように京都も染織の宝庫と言われたりしますが、そのニュアンスは少々異なるものとなります。 琉球染織のご紹介なので京都の染織のお話はちょっと他に譲らせて頂きます。 
さて、その琉球染織なんですが、一般的にはどのようなイメージを持たれているのでしょうか、、。 とりわけイメージされるのは紅型友禅なのかもしれません。 内地の友禅には見ないあざやかな色彩が特徴的です。 ハッと目を引くような水色や黄色、朱色、そしてそのどれもが侘び寂びを好む日本人の感性とは言わば対極にあるような原色に近い鮮やかな色彩を想像されるかと思います。(現在ではそうした彩色も人気がすっかり定着した感があります。)


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


こちら、、。琉球沖縄で紅型友禅を制作されている知念冬馬さんの作品です。 イメージされるいかにも琉球染織の色彩印象を想わせてくれます。 わざわざ紅型友禅とご紹介しなくても琉球の染め物だと分かると思います。 紅型友禅特有のあの際どさをあえて表面に押し出しているのです。 それゆえでしょうか。 上辺だけ安直に紅型を真似た”紅型風”もよく見かけるようになりました。  ただ、それらのすべてはどこまでいっても、また、どれほどその雰囲気を真似てみたとしても、あくまでも“似たようななにか” 所詮真似モノでしかないのです。 要するに紅型友禅に似せた別の染め物なのです。 流行言葉にすれば「なんちゃって」といった類でしょうか。 中にはとてもよく作られたものもあります。 コピー機に掛けたの?なんていうくらい素晴らしく似せて作られたものも見掛けます。 でもそれらもやはり“似せて作られた”“似たような真似モノ”でしかないのです。 とりわけ染色工芸品から感じられる固有の存在感が感じられないのです。 要するに、浅薄な思惑が露呈しているのです。 それらの多くは沖縄の雰囲気で価格が安ければ売りやすいだろうとした浅はかな思考から生まれた商品にしか私には見えないのです。


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


またまた話が逸れました。 この琉球本来の彩色の紅型友禅から知念冬馬さんの思慮のすべてを推し量ることは私にはかないません。 知念冬馬さんの人柄がこの作品に表れているのかもしれません。 もしか、たまたまこの色になったのかもしれません。(こうした染織工芸品でたまたまなんてことは稀にもにありませんが…) 作者にお目に掛かりお尋ねした訳ではない以上、私のお話は推測以上のものとなることはありません。 でも、私の狭い見聞、少ない経験から想っても作品には必ず作者の人柄が意図せずとも宿るものなのです。 つまり、その作者の「人格」以外の作品を創ることは出来ないのです。 そう、着物や帯に限らず、作品は制作者の精神そのものなのです。 

名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


ご覧頂けますように琉球民芸的な印象が色濃い染色だと思います。 はっきりとした強い個性が感じられます。 つまり紅型友禅の一つの本流なのだと思います。 知念冬馬さんが手掛けたこの紅型友禅は琉球沖縄の染織以外の何物にも見えない、 民芸的な要素を強く想わせる紅型友禅そのものなのです。 何から何まで琉球沖縄、もっと言えば本物の紅型友禅を確実にそしてひたすらに想わせてくれるのです。 極めて素敵な紅型友禅だと思います。
※袷から、お単衣までお使い頂けます。参考に江戸小紋のフランス縞、夏久米縞と適わせてみました。


【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても私共呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 着物、羽織物、などご指定の寸法がございましたらお知らせください。 弊店で割り出すことも可能です。 また、帯のお仕立てに際しましても、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。 ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。

【お手入れなど】 お求め頂きました後、日常にお使いの際のお手入れは、着物の場合、衿の皮脂/ファンデーション汚れなど気になる個所の部分的なしみ落としで十分です。 帯に関しましてはそれほど必要ありませんが、もし前腹などよく触れる部分など気になりましたら、しばらくお使いにならない折にお手入れをお奨めしております。 また、絹物、一部木綿はご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

【在庫について】 実際の店舗におきましても同時にお品を販売しております。 ご注文/お申し出を賜りましてもホームページへの反映が一足遅く、「SOLDOUT」が表示されていなくても売り切れの場合がございます。先着順となりますので予めご了承下さい。


【商品情報】

商品番号
NIS-NASO-0378
商品名
琉球本紅型九寸名古屋帯/知念冬馬
品質
絹100%
価格
¥185,500 (表地/税込)
¥197,000 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分程。/ 長さは九尺六寸~八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

琉球本紅型九寸名古屋帯/知念冬馬/2019・04・04 Published

価格:

185,500円 (税込)

[ポイント還元 1,855ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ