ご購入について
 

別誂え小千谷縮/無地・広巾/2019・08・16 Published



蛍見の

夢の中にも

川の音


田中佐知子

風土


小千谷縮



【別誂え小千谷縮】(おぢやちぢみ)広巾地

鉄御納戸(てつおなんど)の無地
※微かに蒼色味を帯びた灰色




この夏こそは絶対に「薄ものの着物のお洒落」に挑戦したい、浴衣は浴衣でもちろん良いけれど、夏の着物も愉しみたい、なんて想われている方に、弊店がお奨めしているのが、薄もののお洒落着の定番とも言える「麻の着物」です。  麻の着物なんて… なんだか高そう…とか、扱い難い…とか、皺になりそう…、などなど、ネガティブなイメージをもたれるのかも知れませんが、(※事実、宮古上布や越後上布などのように非常に高額な上布もあります。)こちらでご紹介させて頂くのはそうした上布ではなく、比較的安価な麻の着物について。
※今期は間に合わなくても来夏に向けて御用意頂くのも良いと思います。


小千谷縮/浅葱格子


小千谷縮/浅葱格子


小千谷縮/浅葱格子


とりわけこうした麻の中でお使い戴きやすいのは小千谷縮のような麻素材。 扱い/価格、ともに優れていると思います。 ときに安価を求めた麻はとても皺が酷く、着物としてお愉しみ戴くにはとても勇気がいることがありますが、小千谷縮に代表されるような縮みは比較的皺が目立たないため安心してお召戴けるかと思います。   


弊店の小千谷縮は経糸・緯糸ともに極細番手の麻糸を使い織られた着物地となります。 また、お色目は織物商から機屋に指定して織られたものとなります。 反物の巾は広巾(※1尺3分~5分・39cm程度)としてありますので、裄の長い方にもお召し戴く事が出来ます。  半巾帯で浴衣以上/着物未満として気軽にお愉しみ戴くだけでなく、夏のお襦袢を着て麻の名古屋帯などでお召し戴きますと確実に素敵な夏の着物の装いとなる筈です。


小千谷縮/浅葱格子


小千谷縮/浅葱格子


小千谷縮/浅葱格子


※お使い戴ける季節は…、と言えば7月~8月と言うことになろうかと思いますが、最近ではもう少し早め、6月中下旬~9月の掛かりまで。 梅雨季~お使い戴いているようです。 しかしこの青霧のかかったような霞の絶妙な色味…、グレーでもない、青でもない、見事なお色目だと思います。
※参考コーデの帯は麻の九寸名古屋帯/染めの野口制作、です。 帯の価格はお仕立て上げ税込み¥45,000です。


【商品情報】

商品番号
OOE-ODY-0346
商品名
小千谷縮/無地・広巾
品質
麻100%
価格
¥35,500 (表地/税込)
¥73,000(単衣着物仕立上げ・居敷当付/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
【※浴衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
広巾(※1尺5分・40cm程) 長さ/3丈3尺程(※12.5m程)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

小千谷縮/浅葱格子


夏着物

別誂え小千谷縮/無地・広巾/2019・08・16 Published

価格:

35,500円 (税込)

[ポイント還元 355ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ