ご購入について
 

土佐手縞九寸名古屋帯/福永世紀子 作品/藍の縞



ひたむきに…

唯ひとすじに…

木綿と向かい合う…

ありたけの想いが

いま持てる情熱のそのすべてが

注ぎ込まれる 

福永世紀子


名古屋帯



■土佐手縞/八寸名古屋帯

福永世紀子 作品

藍の縞

経糸/山桃・藍
緯糸/五倍子 
原綿/メキシコ・インド




“ひたむきに、唯、ひとすじに、木綿と向かい合う、ありったけの想いが、いま持てるすべての情熱が全神経と共に布に注ぎ込まれる” 福永世紀子さんが手掛ける「土佐手縞」を眺めているとそんな思いが脳裏を過ります。 つまり…、 彩色に、その織りに、福永世紀子さんの”いま”持てる全てが注がれているのです。 こうした染織作品を見る度にいつも思います。 一体、染織家はどこまでその創作における情熱を、これほどまでに深いものとすることが出来るのだろうか…と。 ひとつの「個」である筈の染織家の「想い」が、自然を引き寄せ、その生命や息吹までをも引き寄せ、その様々な大地の恵みをその「手」に引き寄せ、染織家自身の心の深みへと導き、そして新しい生命なる「命ある布」を生み出す… それはまさに深い想いに導かれた“未知なる染織”の創造なのだと思います。 


こちらの作品の制作者である福永世紀子氏は、メキシコ・インド原産の「綿」に拘り、「手紡ぎ」に拘り、「草木染め」に拘り、古(いにしえ)の「織技法」に拘り、基本的な二色の糸だけを極めてこの綿織物“藍の縞”を織り上げました。 山桃と藍葉、五倍子によって染められたその色は、穏やかな瀬戸内の海の波紋を想わせるようでもあり、剣山の崇高さを見るようでもあります。 生まれたばかりの藍の葉の生命は水色みを内包した柔らかな青となり、見るひとの目に優しく馴染み、つくり出されたその藍は清流のようでもあり、地の砂色は秋の気配が漂い始めた穏やかな陽の光りの様を想わせたり、或いは陽光を受けて輝く砂丘のようでもあります。 


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


表面的には一見とくに変哲のない平織の帯とした印象を受けるのかも知れません。 唯、眺めていればいる程にその印象は単なる柔らかな平織の帯ではないことに気付くのです。 それはきっと制作者の心の深層に深く深く映し込まれた想いが直截的には目に映らないニュアンスとなって映し出されるからなのかもしれません。 その織りには、通常淡い色からは感じられない深みのようなニュアンスさえ感じとる事が出来ます。 染められた糸も然りです。 単なる綿糸が使われた訳ではありません。 福永世紀子氏が産地に拘り、種に拘り、手紡ぎで紡がれた“メキシコ綿・インド綿”が使われているのです。 


まさに福永世紀子氏という ひとりの染織家の「個」が自然を引き寄せ、その生命や息吹をも引き寄せ、様々な大地の恵みをその「手」に引き寄せ、自分自身の心の深みへと導き、そして新しい「生命の布」を生み出した作品なのです。 つまり、この作品は福永世紀子氏に手によって“新たなる生命を吹き込まれた織物”との形容が相応しいのかも知れません。 いつか誰かの手元に納まり、帯として使われる。 そしてその誰かの装いに少しの彩を注ぎ、さらに人生に少しの美しい彩を添えるべく…、まさにそんな帯であるのかも知れません。


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


追記… 福永世紀子氏の経歴に関しては 敢えて解説を加えるまでもないのかも知れません。 綴れ織りの重要無形文化財技術保持者/細見華岳氏に師事し、染織を学び、丹波布の継承者としても知られております。 現在は土佐にて「土佐い手縞」を制作されているのですが、こうした工藝染織に興味を向けられる方にとってはあまりにも知られた染織家ですからあえて私がかいつまんでお話するよりも詳しくご存じの方も多いかと思います。 


誤解を恐れずに言えば、私は染織作品に対し、その制作者の“高名に”敬意を払うことはありません。つまり福永世紀子氏の作品であるから、という「目線」は一切持っていないのです。 あるいは持たないようにしているとした方がより正確かも知れません。 作品の出来映えに制作者が有名であるのか否かはまったく関係ないと思うからです。つまり、敢えてそうした先入観や偏った見識を持たないようにしています。 先入観を持つことで 作品をそのもの以上に錯覚したり、偏った見識から そのもの以下に捉えてしまうことはこうして工芸作品を紹介する仕事をする上で良いとは当然ながら思えないからなのです。


最後にひとつだけ付け加えさせて頂くならば…、そうした高名とされる染織家の“手”によって“創意を籠められた作品”であるならば、それは、染織工藝を愛好される方の期待を裏切る事はないこともまた確実な事実であるのです。


※地機、高機の結城紬、大島紬、久留米絣、黄八丈、など趣溢れる紬織物に適わせますと本当に素敵だと思います。


【商品情報】

商品番号
OTK-FNS-1111
商品名
土佐手縞九寸名古屋帯/福永世紀子 作品
品質
綿100%・メキシコ綿・インド綿
価格
¥456,000 (表地/税込)
¥467,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間〜20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸〜八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯

土佐手縞九寸名古屋帯/福永世紀子 作品/藍の縞

価格:

456,000円 (税込)

[ポイント還元 4,560ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ