きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



鳥に歌

人に詩あり

風薫る


水谷芳子




手織り藍染木綿織物/本場久留米絣・小川内龍夫



【手織り藍染木綿織物】
―あられ十字―
本場久留米絣/本藍染
単衣/初夏用
制作/緒方早雪


こちらの久留米絣の制作者は久留米絣の重要無形文化財技術保持者会員である緒方早雪さん。 久留米絣の制作工程である図案、括り、藍染め、織り(手織り)、まで一貫した制作にこだわり日々新しい久留米絣作りに挑戦されています。 十代の終わりから今日まで五十有余年、久留米絣と向き合ってこられました。 久留米絣における重要無形文化財技術保持者会員とは後世に伝え残す高度な技術を保持した人と国から認定(国定)されている、という事。 久留米絣のその基本とも言える藍染めは工程を理屈で理解するだけでは制作することは出来ません。 いわゆる、“藍を舐める”ことで藍の状態を感じられるようにならなければならない。 また、そうなるには長く豊富な経験が必要となるのです。 要するに…、藍との信頼関係を築く時間が要るのです。 もっと言えば長年の経験による勘が最も大切とされる技術なのです。 


手織り藍染木綿織物/本場久留米絣・小川内龍夫 手織り藍染木綿織物/本場久留米絣・小川内龍夫 手織り藍染木綿織物/本場久留米絣・小川内龍夫 手織り藍染木綿織物/本場久留米絣・小川内龍夫

藍と向き合う職人は言います。 日々細やかに愛情をこめて状態を見なければならない藍は管理そのものに気遣いと愛情が必要です。  「藍は生き物です。 一日にたくさん染めると無理をさせてしまいます。 ですから一日に染められる量はそんなに多くはないのです。」 そして最後にこう言葉を結びます。 「本藍は化学染料と違い水に通せば通すほど美しさを増します。」 と。 藍と向き合う緒方さんの言葉に藍には対する深い愛情が込められているように感じます。 藍染は淡い藍から深い藍へと順番に20回、30回以上浸けていくという大変な仕事です。 でも、そうして手を掛けた分だけ生きた藍の色が確実に染み込んでゆき絣の美しさが鮮明に際立つのです。 久留米絣はまさに緒方さんの人生そのものだと聞きます。 日々藍と向き合う緒方さん、その緒方さんの創る久留米絣は古典的な機構とデザインを現代的なテイストで再構築したもので、緒方さん独特の久留米絣と言えるのかもしれません。



こちらの作品も久留米絣の中でちょっと珍しい意匠/designが織られています。 それゆえでしょう、民芸的な印象の強い久留米絣をとても垢抜けた都会的なものとしています。 あられ十字と銘されたこちら、菱型の中に十字の絣が織られています。 こうした作品を見るにつけいつも思うのですが、工藝とはいったいなんなのか。 突き抜けていること/ものを知らないと、制作に置ける普遍的な多くのものを、判断することは出来ない。 つまり染織に限らず工藝や芸術に携わる者にとって、どこまで行ってもコップの水を溢れさせるような仕事は出来ないのです、、。 突き抜けていること/ものを知っていなければ美を生み出すことは出来ない、と言っても過言ではありません。  また、こちらの作品はこれまでにご紹介して参りました作品とは異なり、40番手の双糸を用いて単衣から初夏にお召し頂けますよう、薄織に織り上げております。 久留米などの木綿は通年御使い頂けるとは言え、やはり日によっては暑さを感じることもあります。 こちらは4月から7月初旬、9月,10月と長くお楽しみ頂けます。 緒方さんの清々しいまでの藍への想い、久留米への藍の結実、、。 とても美しい織物です。 乾坤一擲を繰り返してきた緒方早雪さんの作品です。 ぜひ味わってみてください。


手織り藍染木綿織物/本場久留米絣・小川内龍夫

手織り藍染木綿織物/本場久留米絣・小川内龍夫 手織り藍染木綿織物/本場久留米絣・小川内龍夫 手織り藍染木綿織物/本場久留米絣・小川内龍夫


藍の諧調だけで色味や奥深さ、豊かさを表現できる職人です。 多くの色数を一つの反物に取り込むのではなく、藍色同士の関係を最も大事にしているように感じます。 染め小紋のように様々な染料で何かを表すのでなく、染められた糸、括られた絣糸が築き上げていく織物ならではの緻密さ…、藍と機が織り成す久留米絣に惹かれると言う方はきっと私と同じように工芸的な美しさ、に惹かれているのかもしれませんね。 私自身久留米絣が大好きでこれまでに一体どれくらいの久留米を取り扱ってきたか、数えきれません。 こちらに一点あるのみ、、、緒方早雪さんの手業が込められた染織工藝品です。
※参考に首里花織/南風原花織の四寸帯(半巾帯)を適わせてみました。 
どちらも帯の価格は¥29800です。


【商品情報】

商品番号
OTK-KRK-03
商品名
手織り本藍木綿織物/本場久留米絣・緒方早雪作
品質
綿100%
価格
¥132,000 (表地/税込)
¥172,500(単衣着物仕立上げ・居敷当付/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~30日戴いております。
※お急ぎの際はお訊ねください。
巾/ 長さ
38cm程(※約一尺程)/※12.5m程 (※およそ三丈三尺)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

手織り本藍木綿織物/本場久留米絣・緒方早雪

価格: ¥132,000 (税込)
[ポイント還元 1,320ポイント~]
数量:

ページトップへ