ご購入について
 

草木染手織り紬織物/信州飯田紬 制作/」宮嶋はる子



高声の

度にかがやく

霜柱


ハルツォーク洋子

銀化


飯田紬



■草木染手織り紬織物

信州飯田紬
織手/宮嶋はる子

経糸/ログウッド、蘇芳、渋木、梅
緯糸/ログウッド、蘇芳



染めにしても織りにしても昔の物は良かった、最近の物は何を見ても良いものがないね、なんてことを言う人がいる。 必ずしもすべてがそうだと頷けないけれど…、うん、まぁ、全否定は出来ない部分もある。 コストなんて考えず上質な素材を使い、とにもかくにもいいものを作ろうとしていた切磋琢磨していた時代、職人が職人の誇りにかけて仕事をしていた時代、とにかく良くも悪くも突き抜けていた。 現代はと言えば、俯瞰する(いい意味でもそうでない意味でも)かの視点で捉え、営利を考え過ぎた可もなく不可もない75点主義が溢れているかな。(私は個人的にはそうした75点主義ははっきり不可なのだけれど。) 悪くはないけれど、とりわけ良くもないね、、。 要するにどこにも惹かれないね、、なんてものが少なくない。 なにも懐古趣味でお話している訳ではないのです。 私は物を作る(創る)と言う事は即ち魂を込める、と同意語だと思っている。 創作とはエゴの現出、それによって織り上げられた(染められたも含め)作品というものはエゴが形になったものだと思っている。 そうでなければ存在価値はないとさえ思うのです。


大袈裟に言えば“真綿紬はかくあるべし”、それがストンと腑に落ちるような品。 ちょっとまたお話が逸れますが、私が織物商の仕入に行くと、私を知る社員たちは皆揃って私を煙たがる。 理由は簡単、うるさくて細かいから。 新人はそんなこと知らないからやみくもにぶつかってくる。 あとで先輩社員にあのひと怖い、と言うそうだ。(苦笑) 当たり前です。 お店の大切な資金を品と交換し、尚且つ、そのお品を弊店のお客様の大切なお金と交換してもらうのだ。 だから品を選ぶ(仕入れる)のは超弩級の真剣さである。 でも、煙たがられたり、怖がられたりすることは、それはある意味ちょっと嬉しい。 つまりは真剣なのだ、が伝わっているという事なのだから。  ここにご紹介の紬織物はそんな私が選んだ真綿の手織物です。 良いに決まってる。(自画自賛)(笑) 紬というカテゴリーにはとくに二流三流、(価格だけのお話ではありません。)の品が多いのだけれど…、 こちらは一流、いや超一流だと思います。


飯田紬 飯田紬 飯田紬


草木染の糸を用いて織られた手織りの真綿紬織物です。 飯田紬の中でも結城紬の地機と肩を並べる織感(質感/織味)です。 いや、もしかしたら知名度を除けばある部分凌駕しているか。 一見、単なる縞の紬織物でしかありません。(とは言えども、これほど趣の在る縞を織るのは思いのほか大変なのですが。) でも、その「一見」はこの紬織物を手に取るまでのほんの一瞬、手にするとすぐに端倪すべからざる何か、が指先に伝わり、目に映り込んでくるのです。 画像でご覧戴いてもそうした印象がお解り頂けるかもしれません。 何がそう想わせるのでしょう。


織人や染織家は直截目には見えない糸質を指先に浸み込んだ感覚で判断し、織物に落とし込む力を持っている<経験により身に付けている>とあらためて思わされます。 あたかも花びらをひとひらひとひら揺り起こす様に織物にしてゆくその手業も、もしかしたら織人による自然の摂理と言えるのかもしれません。 優れた織人の無限とも言える手わざはある意味自然を超えていると言っても決して言い過ぎなどではない、それほどに美しいのです。 唐突にすごい例えを持って来て恐縮だけれど、着物と言う仕事に携わってきていまこの時代にこの日本で紬織の人間国宝(重要無形文化財保持者)志村ふくみと共に(同じ時代に)生きたいうことが、どういう意味を持つのか、私にはちゃんと想像することが出来ないけれど、この紬織物の織人の温度はひしひしと感じることが出来るのです。


こちらは宮嶋はる子さんが真綿糸の段階から手を掛け、糸を染め、手織りで織り上げたものです。 一般的によく見掛ける、経糸は生糸、緯糸にのみ真綿糸が使われたまやかしの?真綿紬ではなく、経糸、緯糸すべてに真綿糸が使われた“純粋な真綿紬織物”です。 そのため、保つ風合いや質感は本場結城紬の地機とよく似ています。 比べてみても質感で劣る感じはありません。 少なくとも以下ではありません。 それはこの飯田紬に一度でも袖を通した経験をお持ちの方ならば、必ず頷かれる感想かと思います。 私の個人的な思い込ではないのです。 唯単なる縞織物であれば良いのなら、これほどまでに拘る必要はないのです。 糸質に拘り、染色に拘り、更に言えば蚕にまで拘り…、 敢えて手間暇を掛けるのは極上の着心地を目的として織られているから、なのです。


飯田紬 飯田紬 飯田紬


縞と言えば確かにそれには違いないのだけれど…、縞と言ってしまうにはあまりにも勿体ない。 なんとも魅力的で単純に説明できな色模様(色と質感)なのです。 さっきからこの文章を書きながらも、延々見続けているのですが、やはり上手く表す事が出来ないのです。  縞と言う言わば単純な柄、ともすれば視線をやり過ごしてしまいがちな縞を様々な色彩をその糸に映し染め上げることで生み出した色の奥行と深みなるものでここまで印象的に織り出しているのです。 単なる縞に留まらない「端倪すべからざる」印象とは制作者である宮嶋はる子さんによって掛けられた手仕事の積り。 そしてその積りこそが人の目を惹き付けて離さないこの紬織物が保つ魅力的な表情なのです。


【商品情報】

商品番号
OTK-MST-03522
商品名
草木染手織り紬織物/信州飯田紬 制作/」宮嶋はる子
品質
絹100%
価格
¥410,400(表地/税込)
¥464,400(袷仕立上げ/胴裏・八掛/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間〜25日戴いております。
【※単衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
38cm程(※約一尺程)/※12.5m程 (※およそ三丈三尺)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

草木染手織り紬織物/信州飯田紬 制作/」宮嶋はる子

価格:

410,400円 (税込)

[ポイント還元 4,104ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ