きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



ご陵道

秋草丈を

整ふる


服部菰舟

雨月


丹後木綿紅色地/白三本縞



■丹後木綿

ウイロウ地/細縞



こちらのお色目を何色と書き記せば良いのでしょう…。 目を凝らし、色の事典をつぶさに見てもどれも該当する色名が無いのです。 和の色は難しいと改めて思い知った次第、、。 印象で言えば、微かに苔色(緑系)を帯びた灰色なのです。 そう、もしかして私が知らないだけかもしれないけれど。 あ、…あえて申し上げればウイロウ色、、。 私が名古屋だからではございません。


この綿織物ですが、そもそもはとある織物商に在籍する“着物が好きで好きで仕方ない女性”がデザインを起こし、それを木綿の工房に制作依頼をして織り上げられたもの。 好きが高じて…、 何事もそう、「好き」と言う純粋な想い、からこうした趣味性の高いものは生まれるのです。 それは私の個人的な想像ではなく、ほぼ間違いなくそうです。 それなりのモノを創ろうとなんておそらく<絶対に>考えてはいない、自身が好きな色、自身が好きな素材、自身が好きな縞、を創作したのです。 それだから…、 こんなに素敵な色、こんなに美しい縞、うっとり見惚れてしまうような彩が生まれたのだと思います。


丹後木綿紅色地/白三本縞


丹後木綿紅色地/白三本縞


丹後木綿紅色地/白三本縞


弊店は主にお洒落着物(いわゆる紬や木綿など)を取り扱っています。 とりわけ木綿は普段ちょいちょいお着物をお召しになる方にとって価格的にも(手間暇の惜しみなく掛けられた高価な木綿もありますが。)馴染みやすいものが多いように思います。 一方、その多くはお値段以上の品質となることはあまりなく、大抵はお値段通り、品質がお値段に及ばないものも少なくありません。(この辺りを突っ込んでお話をしますと相当に長いものになり、いつものように逸れてしまいますので…) 要するに値段は値段、この値段ならこんなものか…みたいなものが多い訳です。 多くの場合、制作に掛ける“志”の高低に起因することが多いのかもしれません。


先にご紹介致しました丹後木綿のページにも書きましたけれど、私も個人的に木綿の着物が好きです。(木綿だけが好き、という訳ではないのですが…) とりわけ今回ご紹介させて頂いております丹後木綿は、品質⇔価格という面からみても相当に優れていると思います。 加えてデザイン性を見ても相当に優れている。 もちろんデザインだけではありません。 手に取って触れてみるとその上質さは一目瞭然、“しっとりとしてしなやか”なのですが、廉価なだけの木綿に見られる薄っぺらい印象はありません。 経糸を細く密にしていますのでしなやかなのですが薄くはないのです。では、厚地かと言われますとそうではありません。 適度な厚さ、、なのです。 ですので、お召し頂くのに一番適しておりますのは9月~12月、3月~6月の8か月間、1月2月の寒い季節は雪の舞うような厳寒日を除いて頂けましたら…。


丹後木綿紅色地/白三本縞


丹後木綿紅色地/白三本縞


さてさて、、。前振りが長くなりましたが…。 こちらに掲載致しました着物地は大袈裟な言い方を許して頂けるなら、海島綿と見紛うほどの手触りと外観を保つ丹後木綿です。 意匠それ自体は細い縞が織りだされたものでとりわけ珍しいものではありません。 お伝えしたいのはその品質です。 綿薩摩に触れた経験のある方でしたら容易に想像頂けるかと思いますが、まさに綿薩摩にさらり感を加えた風合い、しかも廉価の綿薩摩ではなく、一桁上の上質な綿薩摩です。 加えてこの木綿が更に素晴らしい点はこの見事な発色と適度な艶。 これは相当に吟味に吟味を重ね、幾度も幾度も調色を重ねていないと出てこない発色です。 その色味は小倉織の築城則子さんを彷彿とすると言えば言い過ぎですが、思わずそう言ってしまいたくなるような色艶なのです。


この綿布のしなやかさは経糸を可能な限り細く密にしたことで生まれたのだと思います。 また、その一点を見ただけでも、この染織工房の制作における真剣さがお品に確実に籠められていることがわかります。 しかもこの価格です。(単に価格を競争するなら、もっと安価なものはいくらでもあります。)  木綿のお好きな方はぜひ一度お試しください。 着物初心者の方だけでなく、上級者と呼ばれる方々にもご満足頂ける品質です。 お召しになられますと、そのしなやかな着心地に驚かれることと思います。


※お色目は申し上げましたように苔色を感じさせる灰色です。 ウイロウ色?かな? もしかしたら調色時にほんの微かに他の何かの色も混ぜているのかもしれません。 細く織り込まれた白い縞がウイロウ色に上品に浮かび上がります。 その繊細な質感を完璧に写し取ることはなかなか難しく叶いません。 一部画像に黄色く見える部分があったりしますが実際にはありません。 画像の数倍素敵な質感と想って下さい。(笑) 参考に型絵染の帯とコーデさせてみました。 コーデ画像のお色目が一番近いかも? 素敵でしょ。

※木綿の湯通し(水通しは)は回数や時間など、多くの経験が求められます。もし、お仕立てをお客様の方でなさられる際も、水通しは弊店にお任せ頂けますようお願い致します。


【商品情報】

商品番号
OTK-TMN-0015677
商品名
丹後木綿ウイロウ地/細縞
品質
綿100%
価格
¥49,900(表地/税込)
¥89,400(単衣着物仕立上げ・居敷当付/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
【※袷仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
1尺5分(※39cm程)・長さ/3丈2尺程(※12m程)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

丹後木綿紅色地/白三本縞


丹後木綿紅色地/白三本縞


丹後木綿紅色地/白三本縞


丹後木綿紅色地/白三本縞

丹後木綿ウイロウ地/細縞

価格: ¥49,900 (税込)
[ポイント還元 499ポイント~]
数量:

ページトップへ