ご購入について
 

江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧/2019・11・01 Published NEW



山梔子の

花の香溶かす

銀の雨


藤井啓子

ホトトギス


江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧(浦野理一)



【江戸友禅九寸名古屋帯】

―桃果と桃花―
制作/久呂田明巧



江戸友禅、たとえば下絵を露草の花汁を用いて描く、防染の糊は糯粉で作る事、糊に程よい柔らかさを保つように荒塩を混ぜる、などなど江戸友禅の技法的な特長はいくらでもありますが、それらをいくら語ったところで江戸友禅の魅力をお伝えすることにはなりません。 友禅の頂点を描きたいと、友禅士が見出してきた技法も時代の移り変わりと共にと変りつつあります。 時代が許さないのはなにも染織ばかりではありませんが…。 いまでも遺されている特長は分業の京友禅と違い友禅士が一人で染め上げるところかもしれません。(もちろん厳密に言えばそうでない事もありますが)それゆえに江戸友禅の作品には職人の個性が良くも悪しくも表れるのです。 75点主義のお品はありません。 評価されるか否か。 厳しい世界でもあります。


江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧(浦野理一)


江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧(浦野理一)


江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧(浦野理一)


江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧(浦野理一)


さて、こちらに掲載いたしました江戸友禅九寸名古屋帯、三代久呂田明巧氏の手描きによる作品です。 ひと目見てお判り戴けますようにいかにも江戸友禅然とした意匠、構図、彩色です。 第一印象で言えば、江戸友禅以外の何物でもない、それほど古典的な友禅が施されています。 彩色に使われた染料も江戸友禅特有でなんとも魅力的な発色です。 もっと言えば江戸友禅でないと出せない、そう言ってしまっても決して言いすぎではない美しさです。 友禅を見慣れない人には京友禅との区別が判らないのかもしれません。 そもそも友禅そのものがよく判らない、と言う方も居られるかもしれません。 友禅そのものについて書き始めますと取り留めのないものになりますので友禅そのものについては検索して頂くこととして…。 


意匠としても江戸友禅そのもの、長年呉服店を営んできてくちなしの花/山梔子の花を意匠とした作品はそれほど多くはありません。 あまり見掛けない意匠だと思います。 その一点だけを取り上げてみても久呂田明巧氏の豊かなる感性を感じ取ることが出来ます。 そのほかになにがこの江戸友禅をこれほど印象的なものとしているのか?  一言で申し上げるならば… この“彩色”に尽きるのだと思います。 この江戸友禅を個性的な印象としているのは山梔子の花と言う構図とこの彩色ではないでしょうか。 個性的との表現は制作者の久呂田明巧氏は好まないかもしれませんが、やはり、“よくある江戸友禅”とはその彩色の印象がまったく異なるのです。 異彩を放っていると言えば言い過ぎでしょうか。 いえ、決して言い過ぎなどではありません。 加えて申し上げれば何かを範とした痕跡すら感じさせないのです。 江戸友禅らしい、とか、らしくない、とかの陳腐な議論をまったく無視するかのような存在感が漂います。 


江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧(浦野理一)


江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧(浦野理一)


江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧(浦野理一)


これまでに数多くの江戸友禅を見てきました。 久呂田氏の友禅はことごとく私を魅了します。 山梔子の花に遣われた彩色をとってみてもいわゆる白い花、縁の暈しの美しさが際立つのです。 ありふれた彩色ではありません。 淡彩なのですが、絵筆の美しさが淡彩ながら淡白とは想わせないのです。 とは言えそうした友禅にありがちなエグミもまったくないのです。 久呂田氏の友禅を例えるならば、古代友禅でしょうか? 古の染色のような趣が在るのです。 制作者の久呂田明巧氏が、どのような想いで創作されたのか、それを推し量ることは出来ません。 でも、明らかに明確な意図をもって「色」を抑えたことは疑いようもなく、且つ江戸友禅としてのつぼが押さえられているのです。 観るほどに彩色の妙を知り尽くした染織家の英知の仕業だと言えます。 …然し美しいですね。。。 どれほど長い時間を掛けて眺めていてもその印象が揺らぐことはありません。 それどころか眺めているほどに 唯々ため息が零れてしまうのです…。 多くの江戸友禅とは確実に一線を画した極めて魅力的な染め物ではないでしょうか。


※着用画像と商品単体画像で色が異なる場合がございます。
※商品単体画像を実物により近づけております。
※光の加減・ブラウザ環境等により写真と実物では多少誤差があることがございます。あらかじめご了承くださいませ。


【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても私共呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 着物、羽織物、などご指定の寸法がございましたらお知らせください。 弊店で割り出すことも可能です。 また、帯のお仕立てに際しましても、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。 ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。

【お手入れなど】 お求め頂きました後、日常にお使いの際のお手入れは、着物の場合、衿の皮脂/ファンデーション汚れなど気になる個所の部分的なしみ落としで十分です。 帯に関しましてはそれほど必要ありませんが、もし前腹などよく触れる部分など気になりましたら、しばらくお使いにならない折にお手入れをお奨めしております。 また、絹物、一部木綿はご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

【在庫について】 実際の店舗におきましても同時にお品を販売しております。 ご注文/お申し出を賜りました時点で、「SOLDOUT」が表示されていなくても売り切れの場合がございます。先着順となりますので予めご了承下さい。


【商品情報】

商品番号
SJ-NAOR-012
商品名
江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧
品質
絹100%
価格
¥338,000 (表地/税込)
¥349,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧(浦野理一)


名古屋帯


名古屋帯

江戸友禅九寸名古屋帯/久呂田明巧/2019・11・01 Published

価格:

338,000円 (税込)

[ポイント還元 3,380ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ