きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



幼子の

覗く宇宙や

ラムネ玉


大塚かずよ

末黒野


型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍



【型絵染/九寸名古屋帯】
―空飛ぶ女の子―
山本由季 作品/紬地



「今、こんなのが売れてるんじゃない?」みたいな浅薄の極みのような媚びた動機で「可愛い帯」や「型絵染風」を、そこにヒトカケラの創意もなく、唯上辺だけで「魂の籠められていない何か」をつくって(染めて)みたところで、つくる「モノ」が「ホンモノ」でないのなら…、つくったひとがそれを好きでないならば…、悲しいほど「妙なモノ」しか出来ないものです、多分、、いや間違いなく。 とくにこうした染色というのは、これくらいで、と手心、さじ加減したとたん、その人の目は曇り硝子のようになっていまうのです。 コストありき、でつくられたもののすべてを否定するつもりはないけれど、ただ、そうしたものに心が動いたことはただの一度もないのです。


たとえば日本画も西洋画もそれらは東京や京都の画壇が中心で<至極当たり前と言えばそうであるけれど>、自然派性?的に(日本的に)良くも悪くも極めて密なる師弟関係や派閥の連鎖を生み、いわば実社会のような、もっと平たく言えばつまりはいかにも日本的縦社会的な美術界を構築したのだけれど、そんなものはどこ吹く風(本人曰くではなくきっとそう思っておられるという単なる私の推測(笑)) 東北の山の奥、に工房を構え創作をされる染色家。 彼女がそこに住む理由を私は知らないけれど、こうした創作と言う仕事を生業としてゆく上で、ある種、文明の塊のような都会に住んでいては創作における知性が揺さぶられない、そう感じておられるからではないかと思っている。 生命を身近に感じられる自然(山・森)に住み、その匂いを風を温度を川の音を差し込む光を全部を空気ごと肌で感じたい、そう思っているのではないか、と。


さてさて、、、そんな私の妄言はさて置き、作品について。。。 こちらの作品は「空飛ぶ女の子」と銘された型絵染九寸名古屋帯です。 製作者は上でつらつら述べた異才の染色家、山本由季さん。 山本由季さんと言えば手描きの染色作家として広く知られておりますが、型絵染もかなりのもの。 ご自身でも述べておられます。「やはり染色が好きなのか、あるいは、これしか出来ることが無かったのか・・、早45年、生業としてまいりました。とは言え、飽きっぽい欲張りなこの作家は、染色の手法を一つに限ることが出来ず、あらゆることを駆使しています。 匠とは無縁な私の作業は、思うに任せ、したいようにする・・、を押し切って通しているようです。皺になる生地ならば、仕上げも皺だらけにする。素材に任せ・・、我に任せです…」と。


型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍

型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍

型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍

型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍

型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍



どれほど惜しみ、たとえどれほど嘆こうともいつかは消えてしまう命、草木の命、花の命、動物、そして人、、。 すべての生命、そうした儚さを知り尽くした山本由季さんだからこそ、こうした作品を創ることが出来るのではないでしょうか。 形あるものはいつかはなくなってしまう、だからこそ記憶にとどめようとしているのかもしれません。 こちらの作品が写実的に描かれたものでないことは素人目にも一目瞭然です。 でも山本由季さんの目にはこうした光景が見えているのかもしれません。 制作者の心の中は想像するしか手立てはありません。 でも、この作品を眺めていると山本由季さんがイメージしたものをそこはかとなく感じることが出来るのです。 秋には木々が葉を落とし山肌の輪郭をさらけ出す…、やがて冬が来て雪が積もり一面が白く覆われる、、、すべてのものは雪の下に潜み、息を潜め、或るものは眠り、春をひたすらに待つ。 極限の自然の中に身を置いて初めて見える光景があるのだと思います。 だからと言って絵画的である訳でもありません。 山本由季さんの心象風景が現出した型絵染の作品なのです。 素敵な作品です。


型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍

型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍

型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍



では、どのようなお着物に適わせて頂けるのか…なのですが、こうした帯にセオリーはありません。 御使いになられる方の好みを最優先して頂ければ良いのだと思います。 あえて申し上げれば、無地感覚/縞・格子の紬織物、印象的な木綿織物に適わせて戴きますと殊の外美しいのではないでしょうか。…想うだけで脳がゆらゆら揺れてしまうようです。 加えて申し上げるなら…、制作に数カ月、しかし美しく装うのに必要な時間は、、、一時間も要らないのです。





【商品情報】

商品番号
SMK-OTK-398
商品名
型絵染九寸名古屋帯/山本由季「空飛ぶ女の子」
品質
絹100%
価格
¥315,000 (表地/税込)
¥326,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍


型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍


型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍


型絵染九寸名古屋帯/関美穂子 「たま小花」 藍

型絵染九寸名古屋帯/山本由季作品「空飛ぶ女の子」

価格: ¥315,000 (税込)
[ポイント還元 3,150ポイント~]
数量:

ページトップへ