ご購入について
 

小倉織九寸名古屋帯/薔薇色の刻(とき)



手に余る薔薇

祝ぎの曲

歌ひ終へ


本城布沙女

雨月


名古屋帯



【小倉織九寸名古屋帯】

薔薇色の刻(とき)
制作/野村和子

※緯糸/北九州辺りで栽培される和綿手紡糸
※染料/コチニール・藍
 


濃淡の薔薇色の縞の中に薔薇の枝を想わせるグリーンが時折織りだされた小倉織の名古屋帯です。 それ以外に際立った特徴を見つけることは出来ません。 言わばシンプル、単調と言ってしまえば確かにそうなのかもしれません。  端から端まで見る限りどこにも複雑に思える要素は無いのです。 ところがこうして<参考画像のように>ひとたび着物に適わせるとその印象は見事に豹変するのです。 まさに豹変と言う言葉が相応しいほどの変わり身です。 適わせた着物は結城紬なのですが、本場結城の質感を更に引き上げ、且つ、帯それ自体もまた表情を変えるのです。


と、僅かここまでものの数行書いて来て“今”思うのは、上述したことなんかより、この帯をしたらどんなに楽しいだろう、気持ちが豊かになるのだろう、と言う事ばかり。 そんなことが脳裏に浮かびました。 着物や帯、つまり、和装?って、どこまで奥が深いのか… 私、これでももう三十有余年着物に携わり、しかも数寄が高じてのめり込み…、なのできっと普通の呉服屋さんのご主人よりも濃密な呉服商人生を送ってきたのだと思うのだけれど、それでも着物についてどれほどの事を知っているのか、と問われたら、、、百点満点で言えばせいぜい1点、、、そんなところです。 あ、またお話が逸れました。


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


私、<折に触れ>思うのですが、私にもしも、本当にもしも、もう一つ人生があったなら、ま、有りっこないのですが、染織作家(出来れば染め、織は計算が難し過ぎる、織は数学です、しかも超難解な。。。)という生業に就いてみたかったなぁ…と。 ひとの心を鷲掴みにする染色作品を見る度にそう思う。 羨望の気持ちも混在しながらにそう思う。 そしてたとえばもう一つの人生で型絵染の作家だったとして、、、それでもこうした見事な織りを見せられるとそれはそれでジェラシーの入り交じった思いでこのような織物を見るのだと思う。 自分には天地が逆さまになっても出来るとは到底思えないから。。。


少しは、作品の間道について書きなさい、とお叱りを受けるのは間違いありませんので少しだけ触れさせて頂きます。 こちらの帯は小倉織なんだけど、弊店も度々ご紹介させて頂いている築城則子さんや内山啓太さんの小倉織とは少し異なります。 どちらも間違いなく小倉織なのですが、こちらに掲載させて頂いた小倉織はドレッシーな印象と言うより、もう少しカジュアルなのです。  それは緯糸に用いられた和綿の手紡糸が醸し出す表情がそう想わせるのかもしれません。 野村さんの織る小倉織は銘された「薔薇の刻」の通り薔薇の花びらから抽出したのでは?と思わせるような美しいローズが巾九寸、長さ一丈三尺の中に凝縮してるのがいいですね。 時に実際に着るひとを飛び越えて作品のエグミのみが先行する苦いものもを見掛けるけれど、これほど、美しく、上品で、上質なカジュアルがにじみ出る様な作品もそれほど多くはないのです。 


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


※画像は少し白っぽく写っておりますが、白っぽく見える部分はもう少しローズ色です。 日本の伝統色に照らせば「石竹色 せきちくいろ」が近いと思います。 こちらの帯は紬織物、木綿織物、麻織物まで幅広くお使い頂けるかと思います。 袷からお単衣までお使い頂けますが、制作者によれば通年お使いください、との事でした。ご参考までに。。。


【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても私共呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 また、帯のお仕立てに際し、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。 ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。

【お手入れなど】 お求め頂きました後、日常にお使いの際のお手入れは、着物の場合、衿の皮脂/ファンデーション汚れなど気になる個所の部分的なしみ落としで十分です。 帯に関しましてはそれほど必要ありませんが、もし前腹などよく触れる部分など気になりましたら、しばらくお使いにならない折にお手入れをお奨めしております。 また、絹物、一部木綿はご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

【在庫について】 実際の店舗におきましても同時にお品を販売しております。 ご注文/お申し出を賜りましてもホームページへの反映が一足遅く、「SOLDOUT」が表示されていなくても売り切れの場合がございます。先着順となりますので予めご了承下さい。


【商品情報】

商品番号
TGU-KWK-402
商品名
小倉織九寸名古屋帯/薔薇色の刻(とき)
品質
綿100%
価格
¥267,000 (表地/税込)
¥278,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

小倉織九寸名古屋帯/薔薇色の刻(とき)

価格:

267,000円 (税込)

[ポイント還元 2,670ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ