きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



昨日けふ

あしたも同じ

あを柳


宇都宮滴水

京鹿子


袋帯



精緻な織に魅せられ…。

■西陣織袋帯

となみ/柳水車



私は時に、かくも美しく丁寧な染織を前に、どのような解説をすればこの帯に籠められた美しさの本質をお伝え出来るのか、まったくもって判らなくなることがあります。 まさに織手の魂が籠められたかのような上質を目の前にしていつも考えさせられるのです。  私などが何かを説いて良いのだろうか。 型録的なことは主観が入らないからむしろ容易です。 でも主観を折り交ぜるとなると果たして…。 そんな詮無い思いを巡らせながら先程からずっと眺めています。 精緻な織、秀逸な意匠に惹き込まれ、いつの間にか時間ばかりが過ぎてしまう。 そして到達した結論は…。 結局のところ、どこをどう解説をさせて戴いたところでこの帯の保つ魅力の半分もお伝えすることは到底無理かもしれない、私の語彙力では…、という呉服商の店主としては些か情けない結論…。 


袋帯 袋帯 袋帯 袋帯


それでもお伝え出来ることを少しだけ…。 
こちら、ご覧戴けますように意匠化された水車と柳の葉が上質な箔で織り上げられた袋帯です。 画像でもご覧頂けますように極めて精緻に織り上げられています。 他に類を見ないほどか?と問われれば、そう、と言いきってしまう程ではありません。 使われた箔がそれほどに上質極のか? と問われましても他に同じ水準の品質を持つ西陣織はあります。  眺めていて心臓を鷲掴みにされるようなこともないのです。 可笑しな話だと自分でも思います。 それにも拘わらず、眺めているとやはりこの帯の保つクラシカルな魅力に惹き込まれているのです。 その訳を申し上げるならば…、この帯のもう一つの魅力はこの精緻な織、で表現された柳水車という意匠、そう古典的な正統然とした意匠なのかもしれません。


色を一切使わず、上質な金の箔だけで織り上げられた表情が一切の衒いなく、極めて正統的なところに惹きこまれてしまいます。 それもその筈、「柳水車」とは京都で伝統的な唐紙を作る唐長とコラボし、唐長が所蔵する型紙から興した意匠なのです。 表面的にはクラシカルな意匠を想わせながら、決して懐古趣味ではない。 尽くされた上質を必要以上に押付ける気配もない。 眺めていると古の織物から織興したような錯覚さえ覚えます…。 それほどの存在感が在るのです。 特に何かを強く主張するものではありません。 身も蓋もない言い方をしてしまえば、「丁寧が尽くされた織物であること」、「精緻な織が尽くされていること」、ある意味、それがこの帯の魅力のすべて… 一言で言ってしまうならば、帯として、またひとつの織物として“極めて高い次元で完成されている”という“極み”の魅力なのかもしれません。 


袋帯 袋帯


帯地のすべてを模様で埋め尽くす意匠の帯によく見かける、”ただ々豪華に見えるべく”、的に安直な創意で織られたものではありません。 色柄が散りばめられた帯に有りがちな煩さを感じることもありません。 つまり… ありきたりの西陣織が、ついつい見る者の眼を濁らせてしまうかのような、いえ、もっと言うならば見る者の美意識を覆ってしまうかのような西陣織ではないのです。 華美過剰な煩さを一歩手前のところで留め置いているのです。 決してやり過ぎていないのです。 抑制が効いていると言い換えても良いでしょう。  目に突き刺さる色、鬱陶しさを想わせる乱雑さを一切排除しているのです。 箔だけで仕上げたことですっきりとしたまとまり感を想わせます。 やはり、すべてが完成されているのです。 衒いの一切ないこうした帯は決してひと目を引くものではありません。 でも、どれほどの時間を掛けて眺めていても決して飽きることの無い普遍的な美しさ、帯本来の美しさを保っているのです。 実に見事な西陣織だと思います。


【商品情報】

商品番号
TNM-OOE-0121
商品名
西陣織袋帯/となみ・唐長柳水車
品質
絹100%※金銀糸・箔を除く
価格
¥280,000 (表地/税込)
¥291,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
八寸一分程(約31cm)/ 一丈二尺弱(約4m30cm程)・※お仕立て上がりの際のサイズ
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

西陣織袋帯/となみ・唐長柳水車

価格: ¥280,000 (税込)
[ポイント還元 2,800ポイント~]
数量:

ページトップへ