きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



白露かな

白湯の匂ひを

手に包み


近藤貞子

六花


手織り真綿紬織物/見留敦子



【草木染手織り真綿紬】
―緯やたら―
植物染料/薔薇 
制作/小熊素子

染織家による手仕事、常に一定の状態、規則性を保ち続けるかという点において機械織りと競えるものではありません。 経糸が交互上下し、緯糸がリズミカルに且つ正確に飛び交い時間の経過と比例して確実に織り上げられてゆく、そうした単純な法則では、染織家の手仕事のあり方を記すことは出来ません。 規則的ではないからこそ、或いは曖昧ゆえに染織家は苦悩するのではありません。 曖昧に見えもする手仕事を織り味にすべく、染織家としての生涯を終えるまで内向苦悩し続けているのです。染織家の手仕事は言わば想像と創造の永久的な交差でもあるのです。


果たして染織家の創作とはどのように喚起されるのものなのか?。 そも染織家は自由な意志を持つのか?。 それとも創造する者としての類稀なる遺伝子に操られているのか?。 染織家の最終的な目的はどこにあるのか?。 染織家の知性の源泉はどこに湧きいずるのか?。 考えれば不思議な事ばかり。 所詮はつまるところ染織家の利益を計るたくらみに過ぎないのか?。 それとも心のおもむくまま、気(質)によるものなのか。 私に判るものではありません。


制作とは所詮、コストを計り計算づくで推し進められていくものだと定義することが出来るかと思います。 しかし、染織家による創作においてコストは一番最後に来るものです。 もっと言えば染織家の”仕事の痕跡”がコストそのものだと言えるのかもしれません。 途中に挟まる日常の煩わしさによって、その出来栄えは千々に乱れ、また、時に跳躍するものでもあります。 日常から浮遊したかのような、何にも惑わされない非日常的な時間の持続と日常との温度差。 平凡にも非凡にも、そのどちらにも属する事はない時間がコストなのです。 なんだか禅問答のようですね(笑)


手織り真綿紬織物/見留敦子 手織り真綿紬織物/見留敦子


さてこちら、染織家/小熊素子さんの手による草木染手織り紬織物です。 銘されたのは緯やたら。 なんとも素気ない…。 要するに文字のまま解釈すれば緯糸をやたらに織り込みました、と言う事になります。 小熊素子さん独特の言い回しなのでしょう。 いわゆる草木染手織り真綿紬、バラ(薔薇)を使って染め上げた真綿糸を経糸にも緯糸にも惜しみなく使い織り上げられた無地織物。 無地織物とは言え本当に無地なのかと言えば素無地ではない無地織物、さまざまな濃度、さまざまな太さの真綿糸の交差が一見無地のように目に映る、そうゆう事なのです。 自由な意思が織り上げたのか、類稀なる遺伝子によるものなのか、それも私には判りません。


でも、この紬織物を眺めていると類稀なる遺伝子が自由な意思を操り織り上げたとしか思えない魅力を感じるのです。 類稀なる遺伝子とはつまり「感」です。 音感、リズム感と同様、指先感とでも言えば良いのでしょうか。 優れた音楽家に絶対的な音感が在るように優れた染織家には絶対的な触感が在るのだと思います。 草木を見て瞬く間に色を創り、糸に触れ織り感を創る、機に坐り緯糸の杼を投げる度にリズムを刻み、機音を奏でるのです。 画像で見るだけではグレージュな色調の紬織物にしか過ぎないかもしれません。 でも、オーケストラが奏でる一つの音が実際は様々な楽器混成によるもののように、幾つもの諧調の糸が複雑に積層することによってこの織物は組成されているのです。


手に取ればすぐにわかるのですが、こちらの紬織物は極めてやわらかな質感/触感を保ちます。 唯、やわらかではありますが、それは頼りないやわらかさではありません。 上手く表現できずに申し訳ないのですが、言わばやわらかな中にしっとりとした厚みを感じるかのようなやわらかさです。 こうした触感を保つ紬織物は確実に極上の着心地を想わせてくれます。 また実際に着物にお仕立てをしてお召頂きますと、私のその言葉になるほど、頷いて頂けるものでもあります。 グレージュと記しましたが、決して単純なグレージュではないのです。 染織家の想いを幾層にも幾層にも積み重ねて初めて現出するような彩の重なりです。 空に瞬く星の煌めきがすべて異なるように、どこをどう捉えても無地などではありません。 有機の塊、なのです。

手織り真綿紬織物/見留敦子 手織り真綿紬織物/見留敦子


以前にも書きましたが、本物は素気ないもの、確かにそれは間違いではないのです。 つまり本質以外の何かで見るひとの目を逸らす必要はないのです。 むしろそれらとは反対に見るひとの目を惹きつけ魅了するのです。 こちらの紬織物は一見した一瞬は素気ないものかも知れません。 でも、それもほんの数秒のことに過ぎません。 素気ないと感じるのはほんの一瞬ですぐにどこにでもあるものでないものと判るのです。 そして、、こうした紬織物を選ぶひとを目利きと言うのです。 見事な織物だと思います。


【商品情報】

商品番号
TS-OR-2
商品名
手織り真綿紬織物/バラ(薔薇)染め 小熊素子作品
品質
絹100%
価格
¥470,000(表地/税込)
¥519,000(袷仕立上げ/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
単衣仕立てはお尋ねください。
巾/ 長さ
38cm程(※約一尺程)/※12m50程 (※約三丈三尺)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際に一旦「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

手織り真綿紬織物/見留敦子紬紬紬紬紬紬紬紬

草木染手織り真綿紬 小熊素子作品 バラ染め/2022・8・18 Publishe

価格: ¥470,000 (税込)
[ポイント還元 4,700ポイント~]
数量:

ページトップへ