きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



切能の

闇ふかめたり

花篝


檜山孝子

百鳥


玉藍長板中形/松原忠



【長板中形染め】
夏着物地/浴衣地
―花蝶文―
綿絽地
染料/インド藍
制作/斎藤孝子
日本工芸会正会員



日本工芸会正会員
日本工芸会 東日本支部神奈川研究会 会長
斎藤孝子型絵染教室主宰
1965 東京芸術大学美術学部工芸科卒業後染色工房に勤務
1970 作家活動を開始
1980~2008 大塚テキスタイル専門学校、文化学園大学、東京芸術大学で染色講師を勤めながら、日本工芸会の各公募展に作品発表
1989 日本工芸会正会員
2005 斎藤孝子型絵染教室を主宰
1998第32回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「菊畑」工芸会賞
2003第43回 伝統工芸新作展 型絵染着物「華苑」東日本支部賞
2006第40回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「梅日和」東京都教育委員会賞
2007第41回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「春の詩」日本工芸会会長賞
2008第42回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「初夏の頃」山陽新聞社賞
2010第44回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「合歓木の花」文化庁長官賞
2021第55回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「野アザミ文」大丸松坂屋賞



ご覧頂けますように型の美しさが際立ちます。 工藝(染織に限らず)において素材は極めて大切な条件です。 その昔、柳宗悦は、モノのカタチや模様についてこう言いました。 それは「原料に招かれる」「良き工藝は良き天然の上に宿る」と。 独特の言い回しですね(笑) 染織工藝において言えば、至極当たり前と言えば当たり前ですが、素材、つまりは原料となる絹や麻、木綿の性質によって導かれる、とどのつまりは原料に招かれる、そういう表現もすべてが当たらずとも遠からず、と言えるかも知れません。 私などは染織の経験も作陶も何一つ経験のない単なる商人ですのでそのことについて何かを述べる立場にはありません。 柳氏が民芸を求め、日本中を旅をしていた時代と、ある意味SNSに好むと好まざるにかかわらず、誰もが無関係ではいられない現代を単純に比較することはかないませんが、柳宗悦が遺した「原料に招かれる」「良き工藝は良き天然の上に宿る」という言葉は今も尚、工藝の底に脈々と流れている本質なのかも知れません。


玉藍長板中形/松原忠 玉藍長板中形/松原忠 玉藍長板中形/松原忠 玉藍長板中形/松原忠 玉藍長板中形/松原忠 玉藍長板中形/松原忠 玉藍長板中形/松原忠 玉藍長板中形/松原忠


眺めているとクラシックな印象を覚えます。 例えれば19世紀末のベルギー/ブリュッセルにおけるアールヌーヴォー、或いはミントンをインド藍で染め描き上げたかのような錯覚を覚えます。 日本の伝統的な染織技法の一つである長板中形で染め上げた作品です。 やはりそれは日本の染織美以外の何物もでもないのです。 目を閉じてみると、日傘を差し藤蔓や胡桃の素材で粗く編み上げられた籠を手に道行く姿が思い浮かびます。 その際の足元はやはりパナマ草履でしょうか。 長板中形を夏の着物としてお召し頂くことが好まれて(流行って)いるようです。 足袋を履き、パナマ草履で…、素敵ですね。 涼を想わせる羅や紗などの名古屋帯を締め、夏着物として装いたくなるような中形です。 この模様がそう想わせるのでしょうか。  四十年になろうとする年月を着物に携わってきて、これほど魅力的な中形模様に出会った記憶はそんなに多くはありません。 ただ、「花や蝶、花器」が染められているだけなのです。 でも、強く心が惹かれてしまうのです。 


この中形を染められたのは斎藤孝子さんです。 斎藤孝子さんが表現する「花」や「葡蝶」などの文様は長板中形の魅力に溢れ、加えて藍染めの保つ魅力のすべてを引き出しているように思えます。 冒頭で触れました「原料に招かれる」「良き工藝は良き天然の上に宿る」という言葉がまさに具現化された作品であり、無論、同様のものはちょっと他には見当たらないのです。
※いつも申し上げるのですが画像は藍色が際立ったり、深くしずんだり、と様々な表情をみせておりますが、どれもこの一枚が保つ表情なのです。 室内、室内でも陽光の近く、離れたところ、撮影した時間、などでいろいろな藍色を見せてくれるのです。 それもまた藍の魅力ではないでしょうか。
※参考コーデはカティア八寸名古屋/碧緑、首里花織半巾、洛風林/倭紗織

【商品情報】

商品番号
YK-NT-6
商品名
長板中形/日本工芸会正会員・斎藤孝子
品質
綿100%
価格
¥266,000(表地/税込)
¥304,500(居敷当付き単衣仕立込み・税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
浴衣仕立てはお尋ねください。
巾/ 長さ
37.5cm程/ 12,2程
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際に一旦「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

薄物季節浴衣地夏着物地

長板中形/斎藤孝子作品 花蝶文/2022・7・17 Published

価格: ¥266,000 (税込)
[ポイント還元 2,660ポイント~]
数量:

ページトップへ