ご購入について
 

手描き友禅九寸名古屋帯/湯本エリ子 作品・ユリ



うたたねをして

百合の香に

包まるる


山田暢子

風土


手描き友禅/九寸名古屋帯 湯本エリ子



■手描き友禅九寸名古屋帯

信州紬/薄物地

銘/ユリ

制作/日本工芸会/湯本エリ子

1951名古屋市生まれ
1973山科春宣氏(日本工芸会)に師事
   友禅の基礎を習得



作品を眺めていると“描く、染める”を制作者が愉しんでいることがじわと伝わってきます。
<友禅という仕事が好き、ふと気づくと、考えていたり、想っていたりするのはそのことばかり。> 
京友禅染色家/湯本エリ子さんの言葉です。 でも、だからと言って玉手箱を開くように次から次へアイデアが湧き起こる訳ではないようです。 脳細胞が膿み腫れるような日々も幾つも幾つも重ね、下絵が描き上がり、やっと図案として描き上がるのです。(だそうです。) そして魂の込められたかのような作品は、まるで「このひとに着てほしい、締めてほしい…」 そう作品が思っているかの如く、求めている人のところに収まる。 それはまるで染色家の魂と愛好家の魂が惹き合うかのよう…。


一点の曇りもない真っ新なキャンバスにひとすじの画筆を走らせるところから意匠/designの創造は始まります。 もっと正確に記すなら、制作者の想像/イマジネーションと言う目に見えないキャンバスに小さな印が描きおかれるところからそれは始まっているとも言えます。 ひとひらの閃きが花びらのように積み重なり、時に風に吹かれるかのごとく形を変え、やがて一つの模様となり意匠/デザインとなり、見る者、ひとの目を魅了するのです。 そもそも意匠/デザインとはそうしたものかもしれません。 積み重ねた経験の中で極限まで無駄をそぎ落とした結果であったり、感性や想像を凝らし、表面的な無駄や虚飾を<あえて>装った意匠であったり、対象物を最大限に浮かび上がらせるための余白の美しさであったり…。


銘されたのは「ユリ」 如何にも湯本エリ子さんを想わせる意匠化されたユリが描かれています。 決して重厚な「和文化」を想わせる彩色/文様ではありません。 そう、京友禅然とした印象はどこからも感じられないのです。 京友禅であるとか江戸友禅であるとか、そうした括りを超えた、何ものでもない友禅作品、むしろ私の目には手描き友禅の美しさの全てが凝縮しているかのように見えます。 眺めていて感じるものは確実に湯本エリ子さんの友禅の美しさなのです。 とりわけ美しく思わせるのはこの作品における余白の美しさ、見事さ、そこに尽きると言えば言い過ぎかもしれませんが、美しさを思わせる一つであることに疑いの余地はありません。


湯本エリ子さんが内包する美意識、加えて非の打ちどころなく完成された美しさが、いかにも日本的な美しさを醸し出しています。 そしてその丁寧が尽くされた手描き友禅が帯地としての価値観、一枚の画としての価値観を高めているのです。 ユリというさほど珍しい訳でもない意匠文様でありながら、これまでに見た記憶のあるユリの意匠ではない。 でも、どれだけ眺めていてもそれはまるで水墨画の様に私たち日本人に訴えかける意匠/designとして、些かも物足りなさを感じさせない極めて高い友禅としての「上質」を保っているのです。 


たとえばその手描きの細部に目を向けてみると、極めて丁寧で、且つ、本当に美しい糸目で縁取りが施されていることが判ります。 湯本エリ子さんの感性で表現されたユリ… モチーフとしては決して珍しいものではないユリではあるのですが、色彩の印象を巧みに操作することによってこれまに見た記憶のないユリの画を作り出しているのです。 ユリの姿形を写実的に描き写すことは友禅作家であれば特段難しいことではありません。 或いはよく見掛けるようにPCでデザインを取り込みシルクスクリーンで染めるのならば、その方がいわゆるところの綺麗な(笑)染物となるのだと思います。 しかし、ひとつの染織工芸として美しさの表現が主であるならば…。


手描き友禅/九寸名古屋帯 湯本エリ子

手描き友禅/九寸名古屋帯 湯本エリ子

手描き友禅/九寸名古屋帯 湯本エリ子

手描き友禅/九寸名古屋帯 湯本エリ子


手描き友禅/九寸名古屋帯 湯本エリ子

手描き友禅/九寸名古屋帯 湯本エリ子

手描き友禅/九寸名古屋帯 湯本エリ子

手描き友禅/九寸名古屋帯 湯本エリ子

手描き友禅/九寸名古屋帯 湯本エリ子


こちらの帯はお洒落帯として描き染められている訳なのですが、ユリの花をそのまま模写するのではなく、手描き友禅の染色工藝作品として確実に昇華させているのです。 その意味でこちらの作品は写真版で量産される”手描き風”の染物とは確実に一線を画しています。 もう一つ、加えて申し上げるならば、手描き友禅による細密な彩色の表現、染色作家の仕事の迫力が染色の表面だけでなく、質感のすべてに有無を言わさぬ力を持って見る人の目を魅了しているのです。 つまり、ひと目でそれを想わせる、上質極むる染色工芸品なのです。 見事に美しい染色作品だと思います。


【商品情報】

商品番号
YME-SJE-3999
商品名
手描き友禅九寸名古屋帯/湯本エリ子 作品・ユリ
品質
絹100%
価格
¥208,000 (表地/税込)
¥219,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間〜20日戴いております。
巾/ 長さ
お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

手描き友禅九寸名古屋帯/湯本エリ子 作品・ユリ

価格:

208,000円 (税込)

[ポイント還元 2,080ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ