筆捌きとは、熟練はもちろんですが、
やはり授かった感性…
ときに下絵に忠実に、ときに下絵を凌駕する、、。
日本工芸会会員/湯本エリ子作品 ―かさぶらんか―

古都、西陣には星の数ほど、意匠/designは有りますが
美しさと品位を兼ね備えた織物はそれほど多くはないのです。
西陣織唐織 ―葡萄唐草文様―

小さなちいさな・・・
おひとりさまスペースのお店ですが
アナタをドキドキさせる宝物が詰め込まれています。。。

染織作家の手から放たれた作品はどれも、
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、が
息を止めて見てしまうほどの美しさを持つのです
国画会会員/添田敏子作品 ―白ぶどう―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱の様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…


バティック更紗

それは京都における古典文様であったり、日本的な染めとは趣を異にしたまさに異国情緒溢れる文様… 惜しむことなく手を掛けられた染め、その染めにはどこかしら“布”以上の何かを“唯一枚の布”から感じ取れる気がします。 それは例えば西欧の鞄職人が手掛ける鞄にもどこか似ているように思います。皮革の品質において拘り、なめしに拘り、染色に拘り、デザインに、縫製に…つまり、すべてにおいて妥協はしないのです。 上質において妥協したり、デザインにおいて妥協したり、といった事は決してないのです。そんな頑固さや自らの誇りにおいてなされた仕事、その「カタチ」としてのいわゆる「モノ」に対して人は敬意を払い、値する対価を支払うのだと思います。そこに価値を見出さない人にとっては何の意味も持たないことでもあります…。丁寧に「デザインされた」染色にはどこかしら職人の想いが感じられます。また創意の注がれた意匠/デザインは、「単なるデザイン」「単なる意匠」を超えてひとの眼に映り、ひとの心を魅了するのだと思います。

更紗

そもそも「更紗」とは・・・

洋の東西を問わず、様々な国で多様な発展を遂げ、日本の染織にも深い影響を及ぼした「更紗」、その多様さも手伝い、今日でははっきりした定義が難しくなっているのですが、「動植物や人物、などの模様を染めつけた布」というのが、おおかたの共通した認識となるのではないかと思います。日本では更紗というと、高価な絹の着物地を思い浮かべる方も多いかと思いますが、それはシルクロードによって運ばれてきたこの更紗が和更紗と呼ばれる日本独自の更紗へと発展し、高価な絹布に染められて…そしていまに伝わるからなのではないでしょうか。発祥はインドで染められ始めたという更紗、シルクロードによって西へ東へ運ばれて、それぞれの国で独自の発展を遂げ、その多くは現在でもペルシャ更紗・ジャワ更紗、欧州においてもオランダ更紗など等染められ続けています。 日本語の「更紗」実は「サラサ」に漢字を当てたものであり、その語源にはさまざまな説があります。インド語で“美しい織物”を意味する「サラサー」説、ポルトガル語の“美しい布”「サラシャ」説などがございます。

表示切替: 並び順:
4件中1件~4件を表示
4件中1件~4件を表示

ページトップへ