ご購入について
 

叙事百選集/竺仙の浴衣2013年05/12(日)

叙事/その本来の意は事実をありのままに述べ記すこと。また、述べ記したものです。
つまり、主観や論評を避けて事実のみをそのままに述べることを主とする文となります…筈です。
でも、所詮私の書き物です。曇り眼鏡と浅薄な人間性による、偏見と曲解が顔を覗かせます。(笑)
弛緩した私感が時折織り交ざることも少なくありません。ご理解の上お読みくださればと思います。

竺仙

竺仙の浴衣

秀逸な下絵、精緻な型紙によって

染められる現代の江戸模様
----------------

『竺仙(ちくせん)の浴衣』

竺仙、その名前から何を思い浮かべられたでしょうか? <夏になると>有名着物雑誌でよく見掛ける名前、着物愛好家の友達の間で度々話題に上がる名前、有名百貨店、老舗呉服店が取り扱っている、浴衣と言えば竺仙、?… 何と読むのか知らないけどその字は見たことがある、等々、共通するキーワードは有名… 着物に関心を持たれたことのある方ならば、これまでに一度は見聞きした名前かもしれません。 

『竺仙の江戸小紋』

なにやら浴衣屋さんと間違えられることの多い竺仙ですが、竺仙は古くから妙々たる意匠の江戸小紋を染めている染匠です。 竺仙の職方はその昔から手仕事のみです。 ご存知のように江戸小紋も近年ではその制作方法も様々です。(※無論それらは江戸小紋に分類はされません。) いわゆる型紙(伊勢型紙)を使い染め上げられたものを江戸小紋と言います。 そのほかのハイテク技術で江戸小紋を正確に模写印刷したもの、それらは江戸小紋ではありません。江戸小紋風、江戸小紋調の小紋です。


江戸小紋の魅力は、割物(同柄を繰り返す)を美しく、且つ正確に染め上げるばかりではありません。 それだけが江戸小紋ならばいわゆる現代のハイテクに委ねればよい訳です。単純に精密を競うだけならば、人の手は機械に及ぶものではないのです。


竺仙の職方は腕利きなのか? もちろんそこに異論はありません。型染めと言う仕事は丁寧精密でなければまずもってお話になりません。 型染めは下絵に始まり、型彫り、送り染めに至るそのすべての仕事に極めて高い集中力を必要とされます。 唯、それは竺仙の職方だけが優れている訳ではないのです。 江戸(東京)にはそうした職人がまだまだ居ます。 むしろ職人(手業)だけなら竺仙の右に出る職人も少なからず… ただ、竺仙の凄味は職人だけではないのです。 それは多くの<秀逸な>型紙を保有しているという事。 創業150年になんなんとする歴史の強み。 まさにローマは一日にして成らず、これだけは一朝一夕にはいかないのです。


江戸小紋にしても中形にしてもつまるところ型紙の秀逸さ、ひいては型紙を彫る前の下絵の秀逸さ、言わばそこに尽きると言っても言い過ぎではないと思います。(もちろん腕のいい彫り師の存在が不可欠なのは言うまでもないのですが)

つまり、竺仙はそこを安直にしていないのです。 型染めの良否を決定付ける半分はそこなのです。 私は以前から竺仙の凄さは型紙の凄さ、言い換えれば、竺仙の真価は秀逸な意匠/designによる、と思っています。 竺仙のHPを見ていると江戸の職人固有の頑固さを目にし、?と思うところもない訳ではありません。 でも、その頑固さがあるからこそ、こうした仕事となるのでしょう。 
念のために申し添えておきますが、私は竺仙のCMをしている訳ではありません。(笑) 
竺仙の商品を取り扱っておりますが、むしろ苦言を呈する側の人間だと思っています。

竺仙

※上段/下段とも浴衣地ではありますが、下段のお品は綿紬という素材感から夏のお着物としてお仕立てされてもよろしいかと思います。もちろん浴衣でも…。

ページトップへ