ご購入について
 

水流のコーデ8

こちらの「水流のコーデ」の頁では弊店のサイトに掲載しておりますお品達のコーディネートをご提案をしております。 (また時折、箸休み?に弊店の女将の装いもこちらご紹介させて戴くこともございます。)
きもの水流が折に触れ素敵と感じたコーディネートをご紹介しておりますが、弊店のご提案がすべてではもちろんございません。 お客様ご自身がこれが素敵と感じられる組み合わせ…
つまり、着る人が好きな組み合わせが一番だと考えます。

そんな訳で…あくまでもご参考までにどうぞ。。。

水流のコーデ1


こちらは七月四日、一昨日の写真です。

このところ雨が多いので洗える着物です。 一見、琉球絣のように見えますが、実は洗える化学繊維、帯はこちらは琉球絣、と書きたいところなんですが、こちらも内地の量販品。 琉球絣を模したものとなります。 日頃、天然繊維/自然素材のお着物をお奨めしている弊店としてはちょっとズルをしました。 
この洗える素材の着物のいいところは、まさにその“洗濯機で洗える”ってところなんですが、短所はやはり暑い… 体温が籠ってしまうと言えばいいのでしょうか。 熱が外に逃げないんですね。 やはりその辺りは天然素材には敵わないようです。 麻100%や、綿麻素材はそうした点において着心地に数段勝るようです。
この帯は確か西陣ではなく、桐生で織られたものと記憶してますが(なにぶん昔のモノなので…)お値段の割には使い易く、そこは絹と言う天然素材、袋帯なのですが、背中が暑くはないのです。 

綺麗めな藍色と翡翠色のトーンが気に入って仕立ててみましたが、なかなか梅雨時期には重宝しているようです。 帯揚げは絽縮緬に絞りで色模様が付けられたもの、帯〆はぼかし糸で組んだ透かし組み、夏の着物のコーデは出来るだけ、色のトーンと色数を抑えることが涼しげな印象をもたらします。 ご参考になるところがございましたら・・・。



上段の画像は店先でお花の手入れでもしているように写しましたが、”ヤラセ”です。 いかにもしているように見せた見せかけで、実際のお手入れは私の仕事なのでした。


きもの水流
店主

水流のコーデ

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ