ご購入について
 

水流のコーデ12

こちらの「水流のコーデ」の頁では弊店のサイトに掲載しておりますお品達のコーディネートをご提案をしております。 (また時折、箸休み?に弊店の女将の装いもこちらご紹介させて戴くこともございます。)
きもの水流が折に触れ素敵と感じたコーディネートをご紹介しておりますが、弊店のご提案がすべてではもちろんございません。 お客様ご自身がこれが素敵と感じられる組み合わせ…
つまり、着る人が好きな組み合わせが一番だと考えます。

そんな訳で…あくまでもご参考までにどうぞ。。。

水流のコーデ1


こちらは七月の中旬~下旬<日にち記憶定かにならず、>遅れ遅れの掲載です。

着物はちょっとズルをしてポリエステルを着ています。 見た目には涼しげに映るかと思いますが、やはり化学繊維は涼しくありません。(と言うか、暑いです。) 弊店は麻や木綿、絹と言った自然素材緒お奨めしている以上、化学繊維を着ることはほとんどないのですが、お付き合いやお義理で買わざるを得ないものもございまして・・・(って何言い訳してるんですか・・・) とは言え、東レシルックなので当たり前のポリエステルと比べますと随分マシと言えばマシなのですが。 

ただ、化学繊維素材で唯一?良いところはお洗濯が簡単なところです。 洗濯ネット→洗濯機の弱水流?でがらがらがら~。 アイロンも要りません。 お手入れフリーなのですが、風情が無いと言えば確かに有りません。 着物って手間暇が掛からないとは言えません。 着るにもお手入れに時間も要します。 でも、そのお手入れさえも着物にかかわる愉しみでもあるのです。 自分が着たものを慈しみながらお手入れをする。 手間暇に愛情を注ぐ・・・ そういう情緒って如何にも日本女性そのもの、 もっと言えば素敵な嗜みのように感じます。 

すぐ脱線しますな。。。 こちら、着物は秋の草花がプリントで染められたもの、生成り色に藍色の染め色がとても涼しげな印象です。 帯は麻の九寸名古屋帯、程よい色加減の縞、程よい間隔の縞が、着物の色柄を邪魔することのないコーデです。
帯揚げは青みがかった灰色の絽縮緬、絞りが可愛くてお気に入りのようです。 帯〆は鳩羽色の透かし組み。

※日傘は古い小紋を解いて作ったもの なかなか可愛いです。 


きもの水流
店主

水流のコーデ

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ