ご購入について
 

美しい目福251

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



月光の

君を小さく

折りたたむ


津田このみ

月ひとしずく


美しい目福21


美しい目福21



今日のきもの美人2019・09月29日(日)



今日のきもの美人・・・ 隣県R様

流れるような筆使いで薄が描かれた訪問着に霞雲に月光の名古屋帯での装いです。 名古屋城で催されたオペラ「蝶々夫人」を鑑賞された際のお写真を頂きました。 石垣を背景に撮られたお写真は掲載の後ろ姿も素敵なのですが、正面のお写真は一瞬息が止まるほど素敵でした。(※画像粒子が少し荒く掲載を断念しましたが、インスタの方はすごく綺麗ですのでぜひご覧ください。)日本の伝統色で例えますと、中紅(なかべ)でしょうか、赤と牡丹色を混ぜたような独特の赤?ピンク?、弊店の誂え色の月光を、とても素敵に装ってくださいました。  いやはやほんと、美しい…、お見事です。 とてもよくお似合いで本当に素敵でした。  素敵に着て頂いて本当にありがとうございます。


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


ページトップへ