きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 

美しい目福

美しい目福292

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



媛宮の

豆撒巫女も

駆り出され


久保晴子

雨月


美しい目福21

美しい目福21





今日のきもの美人2021・2月21日(日)



今日のきもの美人・・・ 関東K様

【墨色の紬の着物に柚木沙弥郎の名古屋帯】
【はんなりとした京友禅小紋に紬地に節分画の名古屋帯】
上のお写真のコーデは墨色がとてもシックな印象の紬のお着物に柚木沙弥郎の帯をコーデしてくださいました。 帯揚の使い方、そして帯〆、着慣れていらっしゃることがよくわかります。さすがです。 下のお写真の着物は黒地に花丸文が描かれた京友禅らしい一枚です。 鬼は外、福は内のが描かれた名古屋帯をコーデして下しました。 帯〆もお洒落です。 いつも思うのですが、本当にセンス良くコーディネートされていらっしゃいますのはもちろんなのですが、なによりも装いを楽しんでいらっしゃる、季節を想い、行事に想いを重ねお召しになっていらっしゃる。その愉しまれるお心もまた本当に素敵な方、と思います。 いつもいつもとっても美しいお召し姿です。 また、素敵なお召し姿、見せてくださいね。


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


ページトップへ