ご購入について
 

無形文化財極錐小紋/砂川祐孝



比類なき美しさと言えば

それは言い過ぎでしょうか

でもそう言いきってしまいたい程

完璧に美しいのです


無形文化財江戸小紋



■無形文化財極錐小紋

江戸小紋/極鮫文様
 


こちらに掲載の江戸小紋、小紋士/砂川祐孝氏の手によって染め上げられた錐彫りの鮫小紋です。 弊店ではこれまでに様々な江戸小紋を取り扱ってきましたが、これほどまでに美しい江戸小紋を他に知りません。 使われた生地、型、染め、彩色、すべての面で完璧 完全に他を凌駕しているのです。 また、そう感じるのは私だけではないと思います。 もちろんですが、単純にその価格だけで比較をするならば、数段高価な設定がされているお品はいくらでもあります。 ただ、江戸小紋として「品質」で比較するならば… こちらを超えるものは極めて少ないのではないかと思います。 また、これほどの染色を手に入れる事が出来るという現代、想えば有難いことだと思います。 


染められたのは花鼡色、語感では灰色系なのですが、単なる灰色に留まるものではなく、灰色に蜜を混ぜたような独特のお色目です。 灰色と言うよりもむしろ白茶… 白茶を淡く引いた、そんな感じのお色目なのです。 あまやかで…知的な女性を想わせる、なんとも素敵な色目です。


数多ある小紋と呼ばれる文様の中にあって、江戸小紋ほど「完璧な美しさ」を想わせる文様は他には無いように思います。 完璧とは文字通り、これ以上何も望む事のない美しさではないでしょうか? 整然と並んだ文様の端正な美しさ… ただ、ひと色だけで潔く染められた染の美しさ。 そも、藩の定柄として武士の裃の正装に用いられた江戸小紋がこのような発展を遂げたのは何故でしょうか。 ご覧頂けますように江戸小紋には友禅染めのような華やかさが在る訳ではありません。 紅型や更紗から感じられるような異国情緒を想わせる表情もありません。 ただ、一筋に「凛としたしつらえ」があるだけなのです。


無形文化財江戸小紋 無形文化財江戸小紋 無形文化財江戸小紋


何故、江戸小紋がここまで人々の心を惹きつけ止まないのでしょうか?。 江戸小紋が日本で生まれ、育れ、日本の文化とともに在り続けていること、それが日本人である私たちの心のどこかを揺さぶるからなのかもしれません。 異国文化と融合しその容形を変えた絣や、舶来の文様である更紗や紅型とは異なり、異国文様と一切交差することのないその文様はまさに日本そのものであり、悠久のときを経た現在も私たちの心象風景にあり続け、私たちの心と響き合うのだと思います。 文様美としてここまで完成された文様は他にないといっても決して言い過ぎではないのかも知れません。


江戸小紋は伊勢型紙を使用し、伝え継がれた職人技で染め上げられた“工藝品”ということが出来ます。 型紙を使って染める、と言うことは即ちその、型紙を彫る、ということから仕事が始まるわけです。 とりわけ銘に「極」と付くその文様は僅か3cm四方に数百個と言う錐彫りが施されます。 専用の「錐※きり」を使い「彫り上げて」いくその作業はある種、日本の職人の気質に適う仕事で在るのかも知れません。 集中を保ち、丁寧に丁寧を重ねて彫り上げられた「型紙」は「型紙」それ自体が工藝品としての趣を保つほどのものとなります。


集中を保ち 丁寧に丁寧を重ねて彫り上げられた型紙は型紙それ自体が工藝品としての趣を保つほどのものとなります。 そして精密機械のような精巧さが求められる作業を気の遠くなるほどの長い時を費やし、ひとの「手」によって積み重ねていかなくてはなりません。 また、その細密な柄に彫られた型紙を寸分の一の誤差なく長板の上で送りながら染め上げていくその仕事もまた、江戸小紋の職人の手技でもあるのです。 江戸小紋の“凛とした美しさ”単色で染め上げた“潔さ”はこうした職人たちの積み重ねた経験に尽きるのだと思います。 またその美しさは確実に日本的で且つ文句なく綺麗と断言出来るのです。


無形文化財江戸小紋 無形文化財江戸小紋


江戸小紋はそうした仕事が重ねられてこその江戸小紋と言えるのです。 コンピュータやプリント技術の発達により、昨今、様々な方法で細かな文様が染められているようです。 ただ、この仕事がそうした他の技術でなされるのならば… それは果たして江戸小紋となるのでしょうか。 美しく染められた染めの小紋とはなると思います。 また細密な柄を転写することも現代の技術をもてば容易い事なのかも知れません。 しかしそこに映るものは綺麗に染められた“江戸小紋模様”の染め小紋でしかなく それ以上のものとはならないものなのです。 「江戸小紋」としての美しさは職人の“手技の凄味”に尽きるのではないでしょうか。


こうした江戸小紋はもちろんですが礼装を意識して染められています。 単なるお遊びの「小紋」として染められているわけではありません。 また僅か1柄をたった1色にて染めた“単彩”でありながらも単調さや退屈、また物足りなさを感じさせないのは文様の完成度がそう想わせるのだと思います。 そしてそれ故に様々な帯合わせに対応出来るのかもしれません。


こちら。。染められたのは花鼡色と銘された蜜色を帯びた淡い白茶です。 言葉ではなんとも形容しがたく、且つ日本を深く想わせる素敵な色目です… 幾度となくひろげては眺めているのです、本当に飽きのこない、見れば見るほど魅力を増して目に映る…そんなお色目なのです。


【商品情報】

商品番号
GSK-SGY-00364
商品名
無形文化財極錐小紋/砂川祐孝
品質
絹100%
価格
¥295,800(表地/税込)
¥349,800(袷仕立上げ/胴裏・八掛/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間〜25日戴いております。
【※単衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
37cm程(※約一尺)/※13m程 (※約三丈四尺程)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

無形文化財江戸小紋

無形文化財極錐小紋/砂川祐孝

価格:

295,800円 (税込)

[ポイント還元 2,958ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ