きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 

美しい目福

美しい目福275

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



筆書きの

虚子の選句稿

薄紅葉


仙田孝子

風土


美しい目福21


美しい目福21


美しい目福21


美しい目福21


美しい目福21


今日のきもの美人2020・07月30日(金)



今日のきもの美人・・・ 隣県R様

素敵でした。
日本の家の美しさと衣の美しさ。 深いひさしの軒先に立てかけられたよしず、唐長の唐紙で仕立てられた襖は夏用の葦戸に替えられる。 座敷には御簾を、縁先に吊るされた風鈴の澄んだ音色がちりんちりんと耳を打つ。 日本家屋に溶け込むかのような着物姿はまるで夕刻の風のような涼しさを想わせてくれます。…ご覧頂けますよう文句なく美しい、そんな佇まいです。
隅々にまで心配られた住まいとお召し物に季節の移り変わりを大切にされる暮らしぶりを感じます。 

くすみの苗色の着物に青楓が描き染められた絽の名古屋帯のコーデは大人の女性ならではの美しさを湛えていますね。 帯〆、帯揚げも奇を衒わずとても上品で素敵でした。

別に頂きました大島とカサブランカのコーデも素敵ですね。 しばしうっとり拝見、眼福ってまさにこんなことですね。 


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


美しい目福274

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



麻服の

感触の

總身にあり


粟津松彩子

円虹


美しい目福21


美しい目福21


美しい目福21


美しい目福21


美しい目福21


今日のきもの美人2020・07月11日(土)



今日のきもの美人・・・ 市内N様

素敵でした。
昨年の、美しいキモノ夏号の「女優吉田羊さんの着物で過ごす夏休み」特集で吉田羊さんにお召し頂いた上布と藤布のコーデそのお品です。 吉田羊さんもお似合いでしたが、お客様も負けず劣らず、いや、むしろ…💓でした。 ご覧頂けますように非の打ちどころのない、そんな佇まいです。
風をはらみ、風が通り抜ける上布の涼しさはお召しになられた方でないと分からないのですが、麻のヒンヤリとした質感、肌に着かないその風合いはこうして見る者のにも涼感を分けてくれます。
帯の張感も夏の帯、もっと言えば、夏の自然布の帯ならではですね。 帯〆の美しさも際立っています。 

持たれた籠も素敵でした。
上質な大人のカジュアルコーデの見本のような素敵なお召し姿でした。 
しばしうっとり拝見、眼福ってまさにこんなことですね。 


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


美しい目福273

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



矢筈の芒

一本持ちて

月の客


中島知恵子

雨月


美しい目福21


美しい目福21




今日のきもの美人2020・07月06日(月)



今日のきもの美人・・・ 隣県M様

統一感のある美しさですね~

着物はいわゆる紗無双と言われる着物です。 二重紗とも言われますが、よく言われる紗合わせとは異なります。 よく似ていますが、紗合わせは基本、絽の生地に紗が上から重ねられたモノを言います。 ついでのように加えますと、絽も紗も基本からみ織り、もじり織りで、そもそも存在した紗に友禅が掛けにくいことから、平織りの部分を残した絽が生まれました。 なので成り立ちから考えても基本お召し頂ける季節は同じなのですが、紗でも平織りの部分を多く残した顕紋紗などは同じ紗の襦袢を重ねますと(絽でも可)単衣の季節からお召し頂けます。
しかしエレガントですね~ 紗無双の着物に紗合わせと言ってもあながち間違いではない名古屋帯のコーデ。。。 同系色、つまりワントーンでまとめる美しさが見事です。 三部紐の色、帯留め…、さすがに着慣れてらっしゃってコーデの美しさにため息が出ました。  

お太鼓画像をご覧頂きますとわかりますが、帯に描かれているのは魯山人の芒(すすき)です。 葉先に施された刺繍の美しさも特筆の逸品です。
エレガントの極みとも言える美しいコーデでした。 お客様、著名人ですので、お顔NGです。 ですので私だけ特別(笑)しばしうっとり拝見、眼福ってまさにこんなことですね。 


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


美しい目福272

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



睡蓮の

朝日にポンと

弾かれし


斉藤静枝

あを


美しい目福21


美しい目福21


美しい目福21


美しい目福21


今日のきもの美人2020・07月05日(日)



今日のきもの美人・・・ 市内N様

素敵ですね~
カジュアルな装いなのですが、ひとくちにカジュアルな装いと言ってしまうのはそぐわない、そんな佇まいです。
淡い淡い淡色の三才山紬に藍染の古裂(江戸時代)から作られた帯をコーディネートされてます。
襖の墨絵のような美しさです。 帯〆のチョイスも良いですね。 三井寺の美しさが際立っています。 この三井寺はこうしたクラシカルは帯に適わせるとより一層美しく目に映りますね。

三才山紬の制作者は横山俊一郎氏、こんなに素敵に着こなして頂いてお喜びだと思います。
上質な大人のカジュアルがとても魅力的で素敵なコーデでした。  帯〆の美しさも見事でした。
こちらのお客様も、とてもチャーミングで可愛らしいお顔立ちなのですが、お顔NGですので私だけ(笑)しばしうっとり拝見、眼福ってまさにこんなことですね。 


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


美しい目福271

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



証券マン

薔薇に刺されし

指をなめ


浜麻衣子

六花


美しい目福21


美しい目福21


今日のきもの美人2020・07月04日(土)



今日のきもの美人・・・ 隣県M様

ハッ、としました。
淡い灰桜色の塩澤に合わせて締めた白薔薇の帯の美しさに…。 
地色の印象は深い緑、薔薇に埋もれたお屋敷があったなら、こんな緑ではないでしょうか。 
眺めていると油絵のようにも見えますね。 とは言え、ルノアールでもなく、ゴッホでもなく、やはり山本由季の油絵(の印象)なのです。 

薔薇の帯の制作者は手描き友禅作家(型絵染もされますし、絞りの手もとても美しい作家さんですが)の山本由季さん。 上質な絽に手描きで薔薇を描き上げた作品です。  
手描きの染色作家さんは数多おられますが、こと、薔薇を描かせたら山本由季さんの右に出る方も少ない、そう思います。
美しいコーデですね。 とてもエレガントな雰囲気で魅力的です。 帯〆の美しさも見事でした。
お召しになられましたお客様、とても美しい方なのですが、お顔NGですので私だけ(笑)しばしうっとり拝見、眼福ってまさにこんなことですね。 


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


美しい目福270

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



花の雨

眠くなるまで

本読みて


芝尚子

あを


美しい目福21


美しい目福21


今日のきもの美人2020・04月17日(金)



今日のきもの美人・・・ 市内A様

山下芙美子氏の黄八丈のなかでも珍しい色の綾織です。 
ひとつひとつの色を目で追いかけたところで何も意味を持ちません。 
全体で見える印象はグリーンを感じる灰色でしょうか。 
素敵なお色目です。 

黄八丈は重たい織の帯(重量の事ではありません)も素敵なのですが
やはり型絵染が素敵ですね。 
コーディネート、とてもお上手です。 
黄八丈はなんといっても織物としてのエレガントな雰囲気が魅力的です。 
しばしうっとり拝見、眼福ってまさにこんなことですね。 
ファインダー越しにニマニマしてしまいました。 


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


美しい目福269

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



冬月と

なりて雲さへ

近付けず


中田のぶ子

ろんど


美しい目福21


美しい目福21


今日のきもの美人2020・02月23日(日)



今日のきもの美人・・・ 関東E様

生成り地に墨色の矢鱈格子と言う希少な上田紬に荒川眞理子さんの型絵染の名古屋帯でコーディネートされました。 弊店、こうしたカジュアルコーデが大好きです。 羽織もエレガントですね~ 羽織はまったく着ない、という方から、真夏以外は羽織は必須、という方までいらつしゃいますが、弊店、着物における羽織論みたいなものは置いておいて、好みで言えば羽織派なのです。 なんといっても羽織の持つエレガントな雰囲気が好きなのです。 E様もとても素敵にコーデされてらして、やはり羽織り物は素敵だなぁ…と再認識。 しばしうっとり拝見。 眼福ってまさにこんなことですね。 とってもお似合いで嬉しくなりました。 


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


美しい目福268

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



時折りに

海へ花飛ぶ

梅日和


木内美保子

六花


美しい目福21


美しい目福21


今日のきもの美人2020・02月22日(土)



今日のきもの美人・・・ 関東K様

昨年、美しいキモノで女優の比嘉愛未さんに着て頂きました久米島に染め帯と羽織のコーデです。 この久米島はよく見かける泥茶の久米島とは違い、別誂えで織られたもので煉瓦色に飛び絣が美しい久米島です。 コーディネートされた染め帯のやわらかさ、市松の羽織のはんなりとした雰囲気がコーディネート全体の美しさを押し上げています。 羽織紐も可愛くてK様の雰囲気にとてもお似合いです。 しばしうっとり拝見させて頂きました。 着物が喜ぶ、ってまさにこんなことですね。 とってもお似合いで嬉しくなりました。 


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


美しい目福267

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



慈しむ

櫻観るのは

この衣

 
吉野のぶ子

 八重櫻


美しい目福21


美しい目福21


今日のきもの美人2020・02月17日(月)



今日のきもの美人・・・ 市内F様

江戸玩具が散りばめられた江戸小紋に上は小野順子さんの桜の絞り友禅名古屋帯で、下は西陣織の袋帯でコーディネートされました。 この江戸小紋、江戸玩具、民藝玩具の柄もとても可愛くて素敵なのですが、この少し小豆がかったグレー、いわゆる鳩羽色の地色の美しさも極めて魅力的な一枚です。 染めの名古屋帯と織の袋帯ではまったく印象が変わるのも着物の醍醐味の一つです。 どちらも美しくてうっとり拝見致しました。 どちらもとってもお似合いですよ。 


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


美しい目福266

 

こちらの「美しい目福」ではこれまでに弊店でお誂え戴きました着物/帯を中心に実際のお客様のお召姿を承諾を戴き掲載致しております。
ついこの間までサイト上で眺めていた着物や帯が実際に着物となり帯となり、装われた際の感じがご覧戴けます。
本来、眼福(がんぷく)と読み、あ~眼福、眼福~(あ~がんぷく、がんぷく~)と続けて使うのですが、表題は目福と題しております。
※以前設けておりましたコメント欄ですが、頂きましたコメントに気づかないことも多く、そのためお返事がなかなか出来なかったり、ということもあり、現在は設けておりません。 掲載のお着物や帯についてお尋ね頂きます際は該当ページ下段にあります「メールでのお問い合わせはこちら」よりお願い致します。



重ね着る

色のかるうて

春隣


ことり

六花


美しい目福21


美しい目福21


美しい目福21


今日のきもの美人2020・02月08日(土)



今日のきもの美人・・・ 市内A様

古代印度の木版を用いてエキゾチックな更紗を染め上げる川端美朝氏作の古代インド木版更紗に洛風林の名古屋帯をコーディネートされ、茶会の帰り道、ちょっと寄るね~とお越し下さいました。 お遊びで、あら、この洛風林のロシアの花も素敵ね~ こちらの花の宴も素敵!と悩みは尽きません。 着物ってお召しになられる時はもちろんなのですが、こうしてあれこれ想いながら、お手持ちの着物を想い浮かべながら、のひと時もこれまた着物の醍醐味でもあるんですね。 どちらもお似合いですよ。 


呉服商を営んでいて至福のひと時は
こうして思い思いに装って頂き
目福を頂いたまさにこんな時
店頭に飾られた作品が実際に「きもの/帯」として装われ
美しさを増して目にする機会を頂いたときなのです。


まさに美しい目福です。


本日はありがとうございました。

 


ページトップへ