ご購入について
 

最新掲載品

西陣織袋帯/洛風林 宋陶器文 NEW

工藝帯の洛風林により制作された袋帯/宋陶器文です。 その意匠の範とされた文様は北宋時代のいわゆる掻き落としと称される技法により焼成された器から陶器の文様からデザインしたものです。 掻き落としとは表面に鉄絵具を塗りつめ、文様の部分を浮出すように浮かび上がらせることで特有の立体感を醸し出しています。そもそもは滋州窯に多く見かける手法ですが、とりたてて美しさが際立つものではありません。 無彩色の素地に白化粧を施し、そこに墨黒の鉄絵具をかけ、刃物を用いて文様を彫って(掻き落として)いきます。それゆえでしょう。 浮かび上がった文様はシンプルであるがゆえの模様/文様の美しさに満ち満ちているのです。 

西陣織袋帯/洛風林 雲流 NEW

唯々雲が織り出された意匠なんですが浅薄な感じは一切感じられないんですね。 むしろ伝統的とか純粋な日本的な印象が伝わってくるんです。 ご覧頂きましてわかるように見るひとの目に強く訴えかける色彩印象の強い帯ではありません。 絢爛豪華な印象でもありません。 光沢を抑えた水浅葱(微かに灰色みを帯びた水色)の静けさ、その中に色味を変えて織り込められた雲流の厳かな空気が印象的な一点と言えるかと思います。 まさに吉祥を表現し、和の文様の美しさが織り込められた織物と言えるのではないでしょうか。 眺めていると天上の生命としての「雲」を織り込めたかのような馥郁たる「趣」と「品」が感じられるのです。

型絵染九寸名古屋帯/国画会岡本紘子作品(丸紋華紋) NEW

この帯を見てまず初めに目に飛び込んでくるのは萌黄( もえぎ)と言えば良いのか、苗色 (なえいろ)と言えば良いのか、ひと事では言い表す事の出来ない地色に詰め込まれるように描かれた可愛らしい丸紋の模様ではないでしょうか。 表面的には可愛らしさを感じる色目ではあるのですが、幼さを想わせる色ではありません。 印象は大人の女性の愉しめる可愛さの色…。 たとえば素敵に齢を重ねた女性が木綿のお着物や紬のお着物にさらり、こんな帯を締める… その佇まいを想うとそれはとても素敵なものです。

丹後木綿ウイロウ地/細縞 NEW

こちらに掲載致しました着物地は大袈裟な言い方を許して頂けるなら、海島綿と見紛うほどの手触りと外観を保つ丹後木綿です。 意匠それ自体は細い縞が織りだされたものでとりわけ珍しいものではありません。 お伝えしたいのはその品質です。 綿薩摩に触れた経験のある方でしたら容易に想像頂けるかと思いますが、まさに綿薩摩にさらり感を加えた風合い、しかも廉価の綿薩摩ではなく、一桁上の上質な綿薩摩です。 
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ