ご購入について
 

最新掲載品

薄機九寸名古屋帯/あけずば織り/上原美智子 NEW

ちゅらぬぬ/美しい布…、手をふれようとすれば、ひらり宙(そら)に消えてしまいそうなこの絹布を眺めていると、あたかも「ひと」の「手」が自然を生み出したかのような錯覚を覚えます。 そう錯覚をしてしまうほどひときわ美しさをあやなすひとひらの羽、眺めているとすべて光りを透過してしまうかのようでもあり、見る角度によっては光をたたえ、やわらかなシルエットに囲まれた精緻な織を浮かび上がらせる… その絹布に銘されたのは“あけずば” それは沖縄の言葉でとんぼ(あけず)の羽根(ば)

古代印度木版更紗/着物地 川端美朝作品 NEW

こちらの作品は、極めて上質な糸を使い織り上げられた絹布に消し紫で木版が摺り押され、その上から消し墨にて異なる木版を摺り押した作品となります。 エキゾチックな印象を強く想わせる更紗ですが、和を想わせる青磁色、消し紫、消し墨で染められたことで和更紗のような印象を強く呈しています。 もちろんではありますが、氏が所蔵する古代印度木版によって摺り上げられた本物の木版摺りです。

型絵染九寸名古屋帯/青薔薇 澤田麻衣子 NEW

青い薔薇の花言葉は「奇跡」つまり、夢が叶う、神の祝福… そもそも薔薇は長い間青の花色は不可能と言われていました。 薔薇は青の色素を持たないため、青い薔薇を生み出すことは多くの薔薇愛好家の夢でした。 それゆえに青い薔薇の花言葉は「不可能」だったのです。 ... 青い薔薇の誕生は文字通り「奇跡」という花言葉がつけられました。 私の目にはこの青い薔薇の色が澤田さんが幾度も幾度も見たであろう染色家「澤田麻衣子」の誕生の夢が叶う「青」に重なって映るのです。

手描き友禅九寸名古屋帯/湯本エリ子作品 山吹 NEW

「やはり私は染色という仕事が好きなのです。」手描き友禅作家/湯本エリ子さんの言葉には染色に対する万感の思いが込められています。 なにも無いところから作品という「なにか」創り出す、それは次から次からアイデアが浮かぶ訳ではないと言います。 長い時間の中で浮かんでは消える色や形…、破裂してしまいそうな時間を経て図案/意匠が出来上がるのだそう。こちらの作品は、弊店が図案の美しさに惹かれ、オーダーした作品「山吹」です。生地も指定しました。 いわゆる家紋を範として図案化した物なのですが、いかにも日本的な「和色」の美しさに加え、創られた「カタチ」が美しい逸品です。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ