きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 

新着商品

竺仙浴衣地/夏着物地 松煙染め小紋

¥83,000(税込) ~

竺仙の定番の一つ、松煙染めの浴衣地です。
定番ですが、竺仙を専門的に取り扱っていても毎夏異なる印象に見る度ハッとさせられます。
いかにも夏の始まりを想わせる新鮮な印象です。


たかが浴衣かもしれませんが、たかが浴衣、とは言えない
質感の保たれた竺仙の浴衣です。
ご覧いただけますように竺仙の型紙の美しさが際立つ一枚です。
意匠の美しさもは無論、色使いの巧みさも竺仙は際立っていますね。

摺り型友禅九寸名古屋帯 正倉院鹿文

¥154,000(税込) ~

京都は多ち花が制作する摺り型友禅九寸名古屋帯「正倉院鹿文」、 丸い円で囲まれた花葉輪にやすむ花角の鹿が生成りの生紬地に摺り描き上げられています。 正倉院南倉に納められた「夾纈羅几褥」※きょうけちらのきじょくを範として制作されたことがわかります。「褥/じょく」とは一般的に敷物を表す言葉ですが、範とした夾纈羅几褥は机や台などの上敷き物として作られたものだと思います。 動物文様が流行したとされる奈良時代、中でも鹿を形どった鹿文はとりわけ人気が高かったようです。 本品は鹿を囲む花葉がやわらかなリーフになっていて、厳格な雰囲気ではなく、繊細な印象を想わせます。

手織八寸名古屋帯/葛布 制作・小田島克明

¥255,000(税込) ~

無地感覚の帯ですが無地ではありません。 黒みの交差する牡丹色はよく見ると浅蘇芳や紅鳶、墨黒などの色の糸が織り交ざることで黒みを帯びた牡丹色に見えています。 それ故にお色目もあまり見掛けるものではありません。 極めてシンプルな印象ながら、とても丁寧に織られています。 且つ、単衣~夏に心地良いサラリとした涼感が感じられます。 

越後上布/八寸名古屋帯・小河正義作 重要無形文化財指定

¥266,000(税込) ~

重要無形文化財指定/越後上布八寸名古屋帯です。 ほんの一瞬遠目には織分けの無地のように見えますが、接写画像をご覧頂けますとお分かり頂けますように、格子の大きさを変化させ、深い濃藍、深い緑と藤灰色、生成り、など様々な階調の色をランダムにに配して織り上げているため、単純な無地織ではなく、美しい片織分け小格子となっています。 つまり単色の糸で織られた単純な織ではなく、極細工織物です。 こうした工藝染織に関心をお持ちの方にはあえて説明の必要のない「小河正義作」越後上布。 

木版摺更紗/九寸名古屋帯 鈴田滋人作品「涼雅」

¥884,800(税込) ~

木版の天地左右を変えて打つ(押す)、木版のわずかにずらせ打つ、あるいはさらに押し重ねて打つことで、文様に動きをもたらし、奥行きや深みが生まれる。僅かな彩数であったとしても相反する彩、相対する彩により、彩が引き立て合う効果を生む。 美術大学を卒業後、一時は日本画家を目指したという滋人氏、その作品は様々な形の木版を模様の多いものでは千回、万回も、打ち入れて(押して)いく精密で精緻な手業の積み重ねで作られているのですが、どこかしら日本画的な静謐さを想わせます。 筆で描きあげる日本画とは異なる着物や帯というある意味、制限された面、型の制限、色の制限、つまり、限られた制約の中での表現だからこそ、色彩のもつ美しさ、木版(型)のもつ美しさに魅了される作品が出来上がるのだと思います。

西陣織名古屋帯/上品羅 北村武資

¥525,000(税込) ~

極限まで丹精を追求した織は余計な装飾を加えないことで比類ない美しさ、削ぎ落された美しさを感じさせます。芸術工藝的な美しさを想わせます。 伝統の中で培われてきた西陣の技が至る所にまで及び、眺めていても飽きることがありません。 伝統的な意匠美を想わせてくれる… クラシックな美しさを保っているのです。 目に映る以上の質感と思う以上の品位を感じさせてくれる、そしてそれもまた現代の数寄者/愛好家が求めたもの… それをこうして織り上げたのです。 セミフォーマルの絽色無地、絽附下、絽江戸小紋、はもちろんですが、夏結城、結城縮みなど上質な夏のカジュアルにもお使いいただけます。

工藝絞り/有松絞り 本藍染め 麻の葉文様

¥155,000(税込) ~

こちらの「絞り染め」麻の葉が絞られています。 有松絞りの代表的な絞り技法が用いられた絞り染め浴衣地です。 ご覧頂けますように昨今多く見られます有松絞りと、どこか印象が異なります。 多くの彩りを用いることなく、全体を藍色(本藍染めです。)ほぼ一色に留めたことで上質な絞り印象が感じられます。 ご覧頂けますようにとても美しい絞り染めです。 麻の葉は伝統的な和の文様です。 藍色一色としたところもとても美しいと思います。

越後上布/十字蚊絣

¥465,000(税込) ~

そっと手に取って眺めてみる。 ただ、流れ作業の中で織られた織物と言う感じは無論ない。 手織特有の織感/質感が生地を通して伝わるように感じられます。 生地巾およそ一尺強の巾の中に織られた百五前後の十字蚊絣…。 細かさだけを競うものではないことはもちろんですが、一つの目安となることも確かです。 十字蚊絣、それは正統を極めた楚々とした印象なのかもしれません。 とりわけ深藍色の十字蚊絣はそうした印象を想わせるように思います。

御誂え草履/パナマ草履 制作/SACRA

¥98,000(税込)

こちらの御草履は上質なカジュアルを意識して誂えられたものとなります。
もちろんカジュアルと言ってもこれだけの質感ですから、浴衣を”夏の着物として”お召しになられるときはもちろん、小千谷縮や越後上布など麻のお召し物、夏結城や夏大島、夏牛首、また絽縮緬や絽の小紋などに春のお単衣から秋口のお単衣までお使い頂けます。 お手持ちの着物を想い浮かべてお選びください。 私はいくら想い浮かべても履くことは叶いませんが、眺めていると思わず履きたくなるほど魅力的なパナマ草履です。

手描き友禅九寸名古屋帯/紗紬地 アトリエ品川

¥577,000(税込) ~

本品は品川恭子さんご活躍当時一番人気のありました芭蕉葉です。 福村義親さんに無理をお願いし、デザインを見つめ直して制作していただきました。 お色目は灰色みを帯びた薄茶です。 和名で記せば「朽葉色」にわずかに灰色を溶かしたようなお色目ですが、創りし色ですので色辞典に当てはまるものはありません。 長く楕円形の大きな葉は南国特有の強い風雨にさらされるうちに破れてしまう。芭蕉を秋の季語としたのは芭蕉の葉の終いが秋の風と相俟ってどこか愁いを誘うせいなのかもしれない。ちなみに芭蕉は中国が原産といわれてますが、英語名はジャパニーズバナナです。(※芭蕉布は、リュウキュウバショウの繊維(茎の表皮))

雨垂れ微塵縞/結城紬 石下夏結城

¥225,500(税込) ~

地色は淡い淡い灰緑色。 微かに緑みを含んだ白緑色。 淡い印象ながら色味に深さを想う。 微かに緑を感じるのだ。 灰色とは受ける印象がまったく違う。 もちろんその印象は偶然ではなく意図して創られている。 紡がれたその糸の密度がそれぞれに微妙に異なることに加え、微かに違いを持たせた糸がそれぞれに異なった深みを保って染まっている。 偶々出来るものではない。 紬の生命とも言われる糸は紡ぎ出された後も生命を繋ぐ。 ひとの作為を拒むこともあり、聞き入れることもある。 本当に美しい織物だ。 大袈裟に言えば孤高の存在感を想わせもする。 だからと言ってひとを拒む気配は感じない。 唯々美しくそこに存在するかのような純な存在感。

絞り染め九寸名古屋帯/小野順子作品「蕨・わらび」

¥285,000(税込) ~

日本画にも通じる余白の美、余計なものを描きこまない潔さ、そしてそれを通して感じる美しさを見ることが出来る。 蕨の姿形を浮かび上がらせることを意図したかのようなを蕎麦切色 そばきりいろに染められた絹布の中に浮かび上がるかのごとく絞り染められた蕨…、どこか可愛く、そしてはんなりとして…、 何気ないけれど、心を打つ、見事な染色である。 地色を一つとってみてもそれは分かる。 手仕事を極めた友禅の地色はそれが淡い単彩であったとしてもそこに薄平たい印象は一切ない。 「重みのある淡さ」「質感のある淡彩」。 染めに力がなければ、それはただ単に「薄い色」というだけでしかない。 染色家自らの「目」が美しいと感じ、気が籠められた染めにのみ、時を経て見た時も「色褪せない魅力」が存在する。

手描き友禅/九寸名古屋帯、紗紬地、青芭蕉、墨色地

¥225,000(税込) ~

南国の強い陽射しを雲が隠すその一舜の陰間に浮かぶ青芭蕉…、ひと時だけひんやりと背中越しに吹く風を想わせるその形と色はいかにも日本の夏の風情…、 実に美しい。  墨色の地色に浮かび描かれた青芭蕉が本当に美しい。  眺めていればいるほど、引き込まれてしまう…。 美しさとは本来そうゆうものだと思います。 方途を尽くし、言葉を並べたところに美しさが在る訳ではなく、本質に美しさをもたないものに美は宿らない。 つまり・・・言葉など添えられていなくても、美しさを秘めた作品は唯そこに在るだけで美しいのです。

型版染九寸名古屋帯/岩本友子作品「楽園・清明」

¥260,000(税込) ~

技法は版染め、ブロックプリントです。 いわゆる手彫りの版を使い、布に染料を押し染めていくプリント技法。 カラフルで複雑な柄になるほど幾重にも押し染めを重ねていくため、にじませたり、にじまないようにしたり、どこで留めるか、もう一色重ねるのか、その工程は無論、創意も果てがない。 それだけに工業プリントでは到底表現出来ないハンドメイドならではの優しい風合いが魅力です。 岩本友子さんご本人が好きとおっしゃる、パウル・クレー、エリック・カールにもどこかイメージが重なります。当時は目もくれなかった自然の造る造形美に、こうして大人になった今、心を奪われるのです。

西陣織袋帯/唐織 小袖藤棚文様

¥365,500(税込) ~

眺めていると、藤棚の桟を縫うように藤の花が零れています。 想い描く色のすべてを糸に染め、すべてを織り込んだ、そんな美しさを湛えているように思います。 帯〆一つで表情が変わるのもまた魅力、光り過ぎないゴールドを合わせますと礼装に、色糸で組まれた帯〆でハイカジュアルに。 合わせる着物は留袖、色留袖、訪問着、附下、色無地、江戸小紋、無地感覚の結城紬などの織物までお使いいただけます。

手織り上布/白たか上布着物地

¥955,000(税込) ~

本品は白練の地に墨色に染められた絣糸を使い、極小十字絣(蚊絣)が織り上げられた-白たか上布。 昨今制作点数が少なくなりました白たか御召よりも更に制作数の僅少な白たか上布、こうして長年呉服店を営んでおりましても見掛けることはまずありません。 よくある十絣に見られる単調な印象、単なる十字絣の織物という印象は微塵もありません。 例えれば晴れ渡る冬の星空を反転させたかのような、その冬の空気を閉じ込めたかのような織物…、あるいは雪の結晶を織り上げられたかのような織物。 細かい十字絣の美しさに制作者の息づかいが感じられます。

型絵染九寸名古屋帯/藤田順作品「波の向こうを見に行こう」

¥363,000(税込) ~

「飛魚が海面を飛ぶ理由は、海中でマグロなどの大型魚に追われるからだと言われています。 だけど‥ 本当にそれだけの理由でしょうか。 最初は、大きな魚から逃げて水面に飛び出したことがきっかけかも知れません。 でも、大きく広げた胸びれの翼いっぱいに海風をはらんで滑空する時、水中では見たことのない水飛沫や波のうねり、光の反射、聞いたことのない潮騒や海鳥の声を感じて、「自分が生きているこの世界はどうなっているんだろう?」と思ったのではないでしょうか。 そして大きな眼で大海原の果てを見つめながら、「この波の向こうには、もっともっと知らない世界があるに違いない。水平線の向こう側を見てみたい!」と、飛び続けているような気がします。」 ・ ・

工藝絞り/有松絞り 薔薇 本藍染め

¥185,000(税込) ~

こちら、「絞りの手」「本藍染」を特に指定し、一点一点、絞り元に依頼した工藝絞り品となります。 わざわざ「工藝絞り品」とお伝えしましたのはよくある有松絞とはその成り立ちがまったく異なるものとなるからです。 つまりはこちら、現在ではほぼ途絶えてしまっている「絞り染色技法」を用いて一点一点創作された「工藝品」としての「有松絞り」です。(※巷に溢れているカンボジアなどで絞られたいわゆる海外絞りとは成り立ちからして別の物です。)  

本紅型九寸名古屋帯/城間栄順作品「石垣に芭蕉と高倉糸干し」

¥255,000(税込) ~

作品は「石垣に芭蕉と高倉糸干し」と銘されています。 東屋のような民家の生け垣に干された芭蕉が描かれています。 沖縄の伝統的な光景です。沖縄の暮らしの一端を切り取った民藝画的なデザインです。 琉球沖縄の大地から生まれた色彩を強く想わせるわけではありません、沖縄の自然から析出したような色彩を想わせるのでもない、何もかもが琉球そのものではないのです。 でも、眺めていると琉球染織、紅型友禅以外の何物にも見えないのです。 都の雅がその彩色に滲むような京友禅、江戸時代から今日に至るまで渋さをもって粋とする東京友禅や江戸小紋が美しいのと同じように南国そのもの、沖縄であるが故の紅型友禅なのです。

別誂越後上布/二色タテ十字絣 生成りに近い鳥の子色 (とりのこいろ)

¥447,000(税込) ~

からむしの糸の質感、色味が手織の質感と混ざり合い、特有のヒンヤリ感となって伝わってきます。苧麻糸の質感はもちろんのこと、特に拘ったのはこの生成りに近い鳥の子色 (とりのこいろ)といういわゆる白汚し系の地色に浮かぶように配した苔色の十絣です。 また、この越後上布にはもうひとひねりが掛けられています。 画像では分かりにくいかもしれませんが、絣と絣の間、に織りいれられた薄茶の乱格子、この乱格子は越後上布ではあまり見られないもので別誂え感をさらに引き上げています。

商品一覧

Policy&Concept

Policy&Concept

きもの水流は名古屋市にお店を構える着物専門店です。

弊店でご覧頂けます「着物」や「帯」は作者/制作者である染織作家、専門職人の創意や丁寧な仕事が籠められています。
そうした作品を所有する悦び、ご自身の装いとする愉しみを想って頂けるお品をご紹介させて頂いていると自負しております。
つまり…、極めてsimpleなconceptで品揃えをしております。
でも、着物の「専門店」を謳うわけですから、取り扱い作品の品質はもちろんのこと、そのセンスには少なからず自信を持っております。
お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。
ご高覧、心よりお待ちしております。

着物や帯は高ければ良いという単純なものではありません。 お品を選ぶ基準はやはり、価格ではなく、品質です。 「上質」なものは当然高価になりますが、反対に高価なものすべてが「上質」であるかと言うと残念ながらそうではないのです。 その辺りの見極めを簡潔にご説明させて頂くのは難しいのでお目に掛れましたら、と、個別にお訊ね頂きました折に…とさせて頂きます。 また、お品選びの際、「私には分不相応ではないかしら」とお客様がおっしゃられることがございます。 その時はそのようにお感じになられても、お召しになってゆく内にいつの間にかその方の身に添ってしまうものなのです。 そうしたことも含め、着物専門店として長き年月をお客様と共に歩んできました経験をもとに、着物や帯の選び方、お品の見極め、お手入れの方法などきめ細かくアドバイスさせて頂きます。 
どうぞ、末永くお付き合い頂けますようお願い申し上げます。

Policy&Concept

ページトップへ