ご購入について
 

最新掲載品

草木染手織り紬織物・下井紬/下井伸彦 薄物 夏/単衣 NEW

こちら、コチニール、すすき、梅で染められた糸の色が殊の外美しい織物です。 経には生糸が用いられ、緯糸には紬糸が織り込まれます。 草木から抽出された染料で染められた糸はその一本々々が百通り、千通りもの濃淡を保ちます。 そのため、織り上げられたそれは単色で織り上げられた織物には見えません。 一本々々、それぞれの濃淡が、色の奥行、深みをつくり、草木染特有の表情と相俟って愁いを帯びた表情をつくっています。

型絵染九寸名古屋帯/荒川眞理子・星祭り・絽縮緬 NEW

天の川?を想わせる星降る背景にいくつもの短冊が散りばめられています。 短冊には願い事の代わり?に雲や雪、稲妻に夕立でしょうか? 様々な文様が描かれています。 制作者の荒川眞理子さんはいったいどのような祈りを籠めたのか、ちょっと聞いてみたいですね。(笑) 星飾りも見えますね。 印象的に目に映るこの瓢箪はなんなのでしょうか。 市松模様? チェッカーフラグのような文様で描かれた瓢箪です。 ちょっと日常とは隔絶された趣を想わせます。 

本場夏塩沢駒上布/多色縞 NEW

どうです、この見事な発色(多色縞)。 まさに絶妙な配分と言う言葉でしか表現しえないような魅力的な縞が織られています。 そのさまざまな色の糸が全体としてピンクブルーとでも言うような色として目に映り込んでくるのです。 なんとも美しい細縞です。 昨今、紳士物でも案外艶やかな?お色目があったり、綺麗めなお色目があったりするのですが、ちょっとこのお色目は女性でなければ着こなせない、そんな艶やかで、且つ涼感たっぷりのお色目なのです。 眺めていても眺めていても少しも飽きることのない極めて魅力的な細縞なのです。

手描き友禅/九寸名古屋帯 久呂田明功作 芙蓉/絽縮緬地 NEW

描かれたのは芙蓉です。 京友禅においても加賀友禅でも取り上げられる図柄です。 意匠として珍しいものではありません。 でも、一目で江戸友禅を想わせ、一目で久呂田氏の作品だとわかる個性を放っているのです。 京友禅でもない、加賀友禅でもない、江戸友禅そのもの、久呂田氏の作品そのものなのです。 おそらくこうした友禅に関心のある方ならばその違いをとうに感じ取っておられるのかもしれません。 京友禅のようなはんなりとした風情ではありません。 加賀友禅のどこか素朴な感じとも明らかに異なるのです。 一枚の画としての迫力に満ちている…、 そう、その“画としての迫力”だけを取り上げてみても久呂田明巧氏の鋭い感性を感じ取ることが出来るのです。

本場夏塩沢駒上布 NEW

絶妙な匙加減で染められた墨色と藍色の経糸と緯糸につまむように配された雪のような真綿糸がこの着物を単なる白の着物ではなく、白練とでも表現したくなるような魅力的なものにしています。 一言で何色、とは表せない含みの在る色なのです。 語意が不足する私には何度眺めていてもやはりほんの少し淡い灰色を混ぜた白生成り色…という長ったらしい表現しか思い浮かばないのです。 それさえもその表現が適うのか、自信がある訳ではありません。 それほどにひとつもふたつも捻ったお色目なのです。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ