ご購入について
 

最新掲載品

本場結城紬/地機百細工・総詰め絣 NEW

一見割り付けのような意匠が織られています。 暁鼠のようなほんのわずかに赤みを帯びた灰色(と言っても赤みが見える訳ではもちろんありません。)の地に墨色で斜格子が織られ、中に亀甲の拍子木のようなものが織られています。 しかしよくもまあ…、です。 正確に個所を測りながら刷り込み絣を入れるだけでも相当な日数を要したのは容易に想像出来るのですが、それを機に掛けこの精緻な紋様を織り上げてゆくのは気の遠くなるような仕事であったろう、と思わずアタマが下がります。

本場結城紬/地機飛び百細工・あやめ雪蕪 NEW

極上の着心地と賞される「いざり機」によって織り上げられた「本場結城紬/地機・飛び百細工/あやめ雪蕪」です。 何故、本場結城紬は、とりわけ地機による結城紬が、極上の着心地を想わせてくれるのでしょうか? そもそも地機結城紬が地機結城紬たる所以とは? 本場結城紬の魅力について想うとき、何よりもまず、織物として他に類を見る事のない質感が挙げられるのではないでしょうか。 すべての工程が地機としての基準を満たすべく、手間暇の掛けられた”本場結城紬/地機”のそれは求める人の期待を決して裏切ることはないものなのです。

薄機九寸名古屋帯/あけずば織り/上原美智子 NEW

ちゅらぬぬ/美しい布…、手をふれようとすれば、ひらり宙(そら)に消えてしまいそうなこの絹布を眺めていると、あたかも「ひと」の「手」が自然を生み出したかのような錯覚を覚えます。 そう錯覚をしてしまうほどひときわ美しさをあやなすひとひらの羽、眺めているとすべて光りを透過してしまうかのようでもあり、見る角度によっては光をたたえ、やわらかなシルエットに囲まれた精緻な織を浮かび上がらせる… その絹布に銘されたのは“あけずば” それは沖縄の言葉でとんぼ(あけず)の羽根(ば)

型絵染九寸名古屋帯/青薔薇 澤田麻衣子 NEW

青い薔薇の花言葉は「奇跡」つまり、夢が叶う、神の祝福… そもそも薔薇は長い間青の花色は不可能と言われていました。 薔薇は青の色素を持たないため、青い薔薇を生み出すことは多くの薔薇愛好家の夢でした。 それゆえに青い薔薇の花言葉は「不可能」だったのです。 ... 青い薔薇の誕生は文字通り「奇跡」という花言葉がつけられました。 私の目にはこの青い薔薇の色が澤田さんが幾度も幾度も見たであろう染色家「澤田麻衣子」の誕生の夢が叶う「青」に重なって映るのです。

手描き友禅九寸名古屋帯/湯本エリ子作品 山吹 NEW

「やはり私は染色という仕事が好きなのです。」手描き友禅作家/湯本エリ子さんの言葉には染色に対する万感の思いが込められています。 なにも無いところから作品という「なにか」創り出す、それは次から次からアイデアが浮かぶ訳ではないと言います。 長い時間の中で浮かんでは消える色や形…、破裂してしまいそうな時間を経て図案/意匠が出来上がるのだそう。こちらの作品は、弊店が図案の美しさに惹かれ、オーダーした作品「山吹」です。生地も指定しました。 いわゆる家紋を範として図案化した物なのですが、いかにも日本的な「和色」の美しさに加え、創られた「カタチ」が美しい逸品です。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ