ご購入について
 

最新掲載品

ロウケチ染め単衣夏着物地浴衣地 NEW

奈良時代に盛んに行われていた三纈の一つである蝋纈染め
その蝋纈染めを用い、目の詰んだ細い経絽の木綿に唐花が
エキゾチックな彩色で 描き染められています。 
眺めていると古典的な彩色にも 見えます。 
極少量制作される、単衣/夏着物地です。
今季もこちらのご紹介は一点限り。

夏着物地/絹紅梅 NEW

綿紅梅/絹紅梅について折々にお訊ねを頂きますのがその透け感です。 最下段のトルソー着装画像をご覧頂けますと透け感を感じられると思います。 しかし、後ろ見頃は基本的に居敷当が腰から下に入ります。 前身頃は上前と下前が重なりますので着物となってお召し頂きますと想う程透けません。 誠に涼しげな風情です。 シナ布の八寸名古屋帯、越後上布、小千谷縮、麻や絽の名古屋帯で装われますととても素敵だと思います。 もちろんお仕立ては単衣着物仕立てにされてくださいね。

夏着物地/綿紅梅 NEW

灰色みを帯びた緑、と言うより、緑がかったグレーとの表現が適うでしょうか。
青鈍/あおにびと深川鼠/ふかがわねずみの中間のような絶妙に微妙な地色で染められています。 いかにも江戸浴衣! 粋の手前、洒落の真髄、と言った風情です。 
こんな秀逸な意匠、あまり見た記憶はありません。
実際の着心地だけでなく 見た目にも涼やかです。 
型染め特有のきりっとした印象と
染められた青鈍/あおにびがなんとも夏のお着物らしくて素敵です。

薄機九寸名古屋帯/あけずば織り/上原美智子 NEW

ちゅらぬぬ/美しい布 この絹布を眺めていると「ひと」の「手」が自然を生み出したかのような印象を感じます。 そう錯覚をしてしまうほどひときわ美しさをあやなすひとひらの羽、光りを透過するような、見る角度によっては光をたたえ、そのシルエットを消してしまうかのような・・・ 絹布に銘されたのは“あけずば” それは沖縄の言葉でとんぼ(あけず)の羽 (ば)
沖縄に自生する植物を摘み染料とし、糸を染め織り上げる。 遣われた糸は絹が本来保つしなやかさを損ねないように決して触り過ぎることなく。 まるでお蚕のその生命を慈しむように糸にふれ、織るという表現よりも生み出すという表現が適うかのように丹精に織り上げられるのです

手描き友禅九寸名古屋帯/八つ手 小千谷紗紬 NEW

友禅の経験が豊かな事を想わせる下絵、彩色のセンスを想わせる配色、熟練の筆捌きを想わせる染めの息吹や意識、そしてそうした職を生業として仕事を受ける制作者の美意識を強く想わされます。 よくある量販品と職人仕事のお品の違いはどこにあるのか。 つまり一流の品(丁寧が尽くされた作品)とそれ以外の商品の差はつまるところ、手掛ける人々の意識の差でもあるのです。 制作に際し、一つひとつの仕事にどれほどの想いや意識が籠められているか、どれほどの気迫が籠められているかの差。 早い話、つまるところ、結局そこに尽きるのです。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ