きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 

新着商品

手織/綾織薄機 スノーフレーク  勝山さと子

¥335,000(税込) ~

スノーフレークと銘されたこちら、雪の結晶が紋織で織り上げられた薄機の手織着尺です。 雪のような真白ではありません。 とはいえ生成りでもない、漆喰色でもない、石灰色でもない、白汚しとも少しニュアンスが異なる、 ちょっとこの白をどう表現してよいのかわからないでいます。 あえて言えば白ではない白…(と、させてください。) 白ではない白地の生地に雪の結晶が一面に並んでいます。 雪深い山裾で育つお蚕が糸を吐き出した時からもともとこうなるように決まっていたような錯覚さえ覚えます。 お蚕が吐き出した極上の糸を引き手が時間を掛けて丁寧に紡ぎだし、美しい白に染めた後、一枚の絹布に織り上げる。 糸が繭に戻るかのよう、自然に…。 そう、あえて申し上げれば繭のような白。・・・

摺友禅九寸名古屋帯/ガルーダ更紗 生紬地 深みのグリーングレー 

¥198,000(税込) ~

如何にも異国情緒を想わせる印象の色調です。 描き染められた彩色も文様も異国の更紗を想わせます。 決して「和文化」を想わせる和更紗ではないのです。 でも、不思議なことにそこに感じられるのは確実に日本の友禅の美しさなのです。 ひとつの「意匠/design」として完璧に完成された美しさが、日本的な美しさを醸し出しているのです。 丁寧が尽くされた摺友禅が帯地としての価値観を高めています。 文化の異なる異国の文様でありながら、私たち日本人に訴えかける意匠/designとして、いささかも物足りなさを感じさせない高い「質感」を保っているのです。 

手描き友禅九寸名古屋帯/綾織小市松地 アトリエ品川

¥407,000(税込) ~

本品は品川恭子さんの頃より人気のありました唐牡丹を福村義親さんにリ・デザインし制作していただきました。 お色目は淡い灰色です。 和名で記せば「薄雲鼠 うすくもねず」が近いですが、創りし色ですので色辞典に当てはまるものはありません。 淡い灰色地に藍濃淡で唐牡丹模様が描き染められています。「幸福」「富貴」という花言葉を持つ牡丹、小さな蕾から大輪の花を咲かせる牡丹は百花の王とも云われ、百獣の王「唐獅子」と百花の王「牡丹」を組み合わせた「唐獅子牡丹」は、魔除けと富貴の意味を持ち、縁起が良い吉祥文様として知られ、寅年の女性が牡丹を装うことは最上とも言われます。

越後上布/八寸名古屋帯・小河正義 重要無形文化財指定

¥315,000(税込) ~

この手績み手織りの麻織物である越後上布を眺めているとまさに越後の上布、その名称の由来となった越後の麻織物固有の美しさ、雪国越後特有の亜麻色を含んだ質感は、かつて小河正義さんが麻と向き合った数々が、原久史さんの清廉な想いと交差したとしか思えないほどの美しさなのです。 それは決して言い過ぎではなく、いや、それ以上の素朴な美しさをこの越後上布から感じるのです。 美しさを原久史さんご本人に尋ねれば、「私にもわからない」とおっしゃるでしょう。 でも、他者である私にはその美しさがはっきりと目に映るのです。

西陣織袋帯/洛風林 雲流

¥462,000(税込) ~

「雲流」 ある種、迫力が伝わってくる質感と構図です。 迫力を感じる中にどこかしら「現代美術工藝美」なるものも感じます。 建仁寺に所蔵されている屏風絵をご存知でしょうか。 それは先鋭なる直観と表現されるダイナミズムを保ち、国宝そのものから析出したような気配に満ちています。 比してこちら 抑えを利かせた色使いと言い、ダイナミズム溢れる構図と色彩は古典と現在が融合しています。 こちらの「雲流」彩色と言い構図と言い、諸外国の影響を受けることなく日本固有の「和」の文化を形成させた時代の意匠です。 その時代徒然の織物の歴史はその時代の文化に他ならない、然し、こうした工芸・・・   

草木染薄機九寸名古屋帯/あけずば織り 上原美智子

¥387,500(税込) ~

ちゅらぬぬ/美しい布 触れようとすれば、ひらり宙(そら)に消えてしまいそうなこの薄絹を眺めていると、あたかも「ひと」の「手」が自然を生み出したかのような錯覚を覚えます。 ひときわ美しさをあやなすひとひらの羽、すべて光りを透過してしまうかのようでもあり、見る角度によっては光を湛え、そのシルエットを消してしまうかのようでもある… “あけずば” それは沖縄の言葉で蜻蛉(あけず)の羽(ば)

薔薇/藍染め手織り真綿紬 小熊素子作品 

¥546,000(税込) ~

手に取ればすぐにわかりますが、こちらの紬織物は単なる格子ではありません。 眼を近づけてみると細かに交差する網代格子が見えます、それをまた格子の中に纏めているのです。 触れてみますと極めてやわらかな質感だとわかります。 唯、やわらかではありますが、それは頼りないやわらかさではない。 上手く表現できずに申し訳ないのですが、言わばやわらかな中にしっとりとした厚みを感じるやわらかさ。 こうした触感を保つ紬織物は確実に極上の着心地を想わせてくれます。 また実際に着物にお仕立てをしてお召頂きますと、私の言葉になるほど、頷いて頂けるものでもあります。 深みグレー地と記しましたが、決して単純なグレージュではありません。 たとえればそれは「ハリスツイード地で織られたグレンチェック・・・

手描きと絞り九寸名古屋帯/山本由季 「空移 辻行水」 紬地

¥396,000(税込) ~

絞り染めと手描きで描き染められた美しい絹布…、という以前に意匠に惹きこまれてしまう。 ただ絞りと型と手描き(手彩色)の帯と言ってしまえばそうに違いないが、、、実に魅力的です。 絞り、型、彩色、のすべてが極めて秀逸なのです。 ひと目で山本由季さんの作品だとわかる。 染色家はひとりひとりそれぞれに好む色彩/個性、もっと言えば癖を持っているけれど本品は隅々まで山本由季さんの個性が染め渡り実に美しい。 折り紙を切ったような小さな□もランダムに置かれているが、それなのに全体で見るとひとつの統一がある。 つまりトーンがあるのです。 トーンとはまさに・・・

型染め九寸名古屋帯/雲流文

¥135,500(税込) ~

別誂えで織られた紬地に雲流文がふわり浮かぶかのように描き染められている。 雲は周囲が彩色が施されていて輪郭のはっきりしない雲を浮かぶかのように見せている。 たとえば西陣にも雲流文の意匠はたくさん存在し、様々な機屋が手掛けている。 室町でも多くの染め工房で雲流文を意匠として持っている。 あるいはまた、染色家が手掛けるモチーフとしても雲流文は決して珍しいものではない。 
その出来栄えは玉石混淆、見入ってしまうほどの画力のあるものもあれば、ただ、表面だけをなぞるように真似たもの、というものも少なくない。

草木染手織り紬織物/薔薇・五倍子 小熊素子

¥485,000(税込) ~

表面的には単純な縞の織物と言えるのかもしれない。 でも眼を凝らして見てみると決して単純な縞の織物などではない事が分ります。 私のような素人がその細部に眼を向けたところで小熊素子さんの染織の技術に目を見張ることはあっても、織りの美しさの本質に迫ることはかなわない。 そもそも、紬糸を草木染料で染める、それはここに書くほどに容易なことではない。 糸になにかしら植物の色を染めるということはその植物の生命の一部を移すということに他ならない。 地平線に沈みゆく夕陽の茜色を求めたとき、茜色に染まる空の色を脳裏に想い、・・・

西陣織九寸名古屋帯/花壇 洛風林

¥231,000(税込) ~

図案とされたその花なんですが、現実の花であるのか、想像上の花であるのか、眺めていてもよく分からないんですね。 路傍でも図鑑でも見たことのない花の姿形ですが、花としてなにも違和感を感じない。 異国に咲く花なのだ、として私の眼に映ってくる。 ともかくとてもアーティスティック/artisticなデザインなんですね。 芸術性を感じると言うのでしょうか。 仏語で「変形」「歪曲」を意味するデフォルメが効いている。 西洋の絵画のような印象で西陣織というものから感じられる古典的、伝統的と言う印象ではない。 それなのにもかかわらず、西陣織の帯地としての上質な品格、つまり上品な表情を湛えている。

絞り染め九寸名古屋帯/森健持作品「葵辻が花」

¥227,500(税込) ~

辻が花染めの葵辻が花です。 つまり、辻が花染めの葵文様です。 地色ははんなりとした白茶色。 それゆえいわゆる辻が花染めに見られる古色小袖印象を想わせます。 白茶色の地色にあえて特徴的な彩を加えないことでそもそも持っている粛然とした美しさに加え、静謐な美しさを湛えています。 幽玄なる世界とは異なる閑寂なる美とも言うべく美しさ、濁りのない珊瑚色の地色は芦文様を更に引き立てているように思います。 弓なりにしなる穂先、風を受け揺れる芦…厳粛に過ぎることのないその風情は日本の風景には欠かせないものだと思います。 

琉球紅型九寸名古屋帯/畦道の春 制作/阿部遼

¥363,000(税込) ~

阿部遼さんの作品「畦道の春」です。 
型絵染の染色作家/岩井香楠子さんに師事し染色の世界を志した阿部遼さん。図案や型の制作技術を習得し、後に沖縄に移り、紅型の染色作家/金城昌太郎氏に師事、紅型の基礎を学びます。 現在は独立し、紅型工房あしび主宰として活躍され日本工芸展にも出品/入選を重ねています。 
阿部遼さん、彼は幼少期より植物や昆虫の観察を好んだそうです。 それゆえでしょうか、着物や帯の図案には植物や昆虫のモチーフが多く見られます。 作品制作は基本、図案作りから染めまでの工程のすべてをご自身でされています。 実は作品を観て興味深いことがあるんですね。 こちらをご覧いただいている方も・・・

手織り絣紬織物/信州伊那紬

¥396,600(税込) ~

胡粉色(漆喰のような白)の地に千歳緑(ちとせみどり)に染められた絣糸を使い、萌春が織り上げられた手織り真綿紬織物-信州伊那紬です。 ご覧頂けますように単彩で横段が織り上げられています。 表面的には白地に千歳緑の横段がランダムに織り上げられた紬織物として目に映るのかもしれません。 でも、そうした表面を捉えた第一印象はすぐに変わります。 配された千歳緑の横段は信州の山々が春を待つ色、木々の葉という葉が光り出す色、とでも言えば良いのでしょうか。 凍り付く寒さが空を離れ、新緑と言うキャンバスを朝の気配と言う名の精気が満たしてゆく瞬間(とき) そんな色の表情を見せて季節が明けゆく様を想わせます。

本場結城紬/総経緯絣・地機

¥1,750,000(税込) ~

本場結城紬に使われる真綿糸の原産が福島の保原なのは結城紬愛好家には知られたお話です。 結城紬の故郷を訪ねる旅で保原まで脚を延ばされる方も方も多いと聞きますので目にされたことがある方も。 福島の街、灯りをともすガス燈がデザインされた地機の結城紬です。 生成り地に並べられたガス燈は街の温度そのもの。 これまで多くの結城紬を見てきてますが、こうした意匠/designを見た記憶はほとんどない。 友禅などでは時折見掛けますが、結城紬ではとても珍しいデザイン/design。 可愛い印象になりがちな意匠ですが、生成りのような、あるいは白のような地色が全体の印象ををやわらかなものにし、特徴的な意匠の可愛さを浮かび上がらせている。 

型絵染九寸名古屋帯/荒川眞理子・花園

¥388,000(税込) ~

本作品は紬地に型絵染で花々や木の実、蜻蛉などが描かれています。 かすれ滲みのある作品は私の好きなリトグラフを想わせます。 くすみ加減の桃色の地に描き染められた「花園」は荒川眞理子さんの代表作の一つ。 染織家の創造の背景に在る音や言葉、その匂いまでも想わせてくれます。 とりわけそこに存在する、或いはかつて存在したであろう音や言葉、背景などを想い浮かべることは実に楽しいものです。 荒川眞理子さんの型絵染九寸名古屋帯「花園」実に見応えがあります。 デッサンをする荒川眞理子、型彫りをする荒川眞理子、絹布に描き写す荒川眞理子、その時の心の鼓動、高鳴りまでもが聴こえてきそうな作品です。 

商品一覧

Policy&Concept

Policy&Concept

きもの水流は名古屋市にお店を構える着物専門店です。

弊店でご覧頂けます「着物」や「帯」は作者/制作者である染織作家、専門職人の創意や丁寧な仕事が籠められています。
そうした作品を所有する悦び、ご自身の装いとする愉しみを想って頂けるお品をご紹介させて頂いていると自負しております。
つまり…、極めてsimpleなconceptで品揃えをしております。
でも、着物の「専門店」を謳うわけですから、取り扱い作品の品質はもちろんのこと、そのセンスには少なからず自信を持っております。
お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。
ご高覧、心よりお待ちしております。

着物や帯は高ければ良いという単純なものではありません。 お品を選ぶ基準はやはり、価格ではなく、品質です。 「上質」なものは当然高価になりますが、反対に高価なものすべてが「上質」であるかと言うと残念ながらそうではないのです。 その辺りの見極めを簡潔にご説明させて頂くのは難しいのでお目に掛れましたら、と、個別にお訊ね頂きました折に…とさせて頂きます。 また、お品選びの際、「私には分不相応ではないかしら」とお客様がおっしゃられることがございます。 その時はそのようにお感じになられても、お召しになってゆく内にいつの間にかその方の身に添ってしまうものなのです。 そうしたことも含め、着物専門店として長き年月をお客様と共に歩んできました経験をもとに、着物や帯の選び方、お品の見極め、お手入れの方法などきめ細かくアドバイスさせて頂きます。 
どうぞ、末永くお付き合い頂けますようお願い申し上げます。

Policy&Concept

ページトップへ