ご購入について
 

最新掲載品

型絵染九寸名古屋帯/蝶 五味桂子 NEW

女性ならば、きっと一度は締めてみたくなるような帯。 こうした帯、私は好きですね。 素朴なようでいて、、、それでいて角度を変えて眺めてみると妙に垢抜けた感もある。 原画となる下絵をそのまま作品として染め描いてしまったかのような、いわゆる原画感にも惹かれます。 オリジナル図案のまま、とでも言うのでしょうか。 実際の染色の際にチープな方向修正を施していないことも好ましく感じるのです。 まるで制作者の記憶の中に刷り込まれたイメージデッサンのまま…。 

手描き友禅九寸名古屋帯/小野順子作品 桃栗柿 NEW

この帯を眺めていると、日本画にも通じる余白の美、余計なものを描きこまない潔さ、そしてそれを通じて感じる美しさを見ることが出来ます。 わずかにヒワ色が香る生成り色に染められた絹布の中にさらさら絞り染められた桃、栗、柿、どこか可愛く、そしてはんなりとして…、 何気ないけれど、心を打つ、見事な染色だと思います。

信州伊那紬九寸名古屋帯/石畳模様 NEW

「着物や帯は“使われてこそ”、そこに価値がある」というものがあります。 いわゆる“用の美”に通ずるものです。 つまり使われてこそ初めて美しい、とした徹底した“用の美”を予感させてくれるのです。 加えて申し上げれば職人しての言わば“腕の美しさ”を想わせてくれるところ、でしょうか。 織上げられた市松/石畳の絣糸ならではの得も言われぬ美しさ…、 使うひとを想い機に向かう美しさ、すべての美が相俟ってひとつの美しい織物となるのです。 そしてそれらのすべてが熟練の伊那の機織り職人の一つの美学であるのです。 ひとりのある職人によって織り上げられた美の結晶。

江戸小紋 フランス縞/伊勢型紙 NEW

江戸小紋、それは伊勢型紙を遣い、伝え継がれた職人技で染め上げられた“染織工芸品”と言うことが出来るかと思います。 型紙を使って染める、と言うことは即ちその型紙を彫るということから仕事が始まるわけです。 専用の「錐※きり等の道具」を遣い「彫り上げて」いくその作業はある種、日本の職人の気質に適う仕事であるのかも知れません。 集中を保ち、丁寧に丁寧を重ねて彫り上げられた「型紙」は「型紙」それ自体が工芸品としての趣を保つほどのものとなります。

型絵染九寸名古屋帯/紬地 NEW

アートと言えば些かそれはもう言い過ぎかもしれません。 でも、それに異見を差し挟む余地のない見事な意匠、たくさんの彩を用いた彩色ながら、うるさくならない彩色、花のひとつの大きさ、そのすべてが完璧、見方によってはぎりぎりのバランスを保っているとも言えます。 もちろんそのすべては<下絵、型彫り、染め>職人の匙加減によるものであり、そのすべてが計算され尽くしたバランスの上に成り立っているのです。

本紅型九寸名古屋帯/宮城里子作品・本場結城地機地 NEW

こちら、よくある琉球本紅型とはほんの少し違うのです。 また宮城里子さんの作品の中に在っても少し他とは異なるのです。 多くの紅型は<単衣/夏季に染められる麻は別にして>塩瀬や縮緬に染められます。 柔らか物に染められた紅型は発色が綺麗で時に現代の街中で着るには少し人目を引き過ぎる、と敬遠される方も少なくありません。 こちらの作品に使われたのは本場結城、その中でも贅沢と思える地機(以前の表記で言えば重要無形文化財)の結城紬です。 そう、、、「強い琉球印象」をわずかに抑えて創作して頂いたのです。 でも眼にするそれはどこから見ても琉球紅型そのもの…。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ