ご購入について
 

最新掲載品

小倉織九寸名古屋帯/薔薇色の刻(とき) NEW

濃淡の薔薇色の縞の中に薔薇の枝を想わせるグリーンが時折織りだされた小倉織の名古屋帯です。 それ以外に際立った特徴を見つけることは出来ません。 言わばシンプル、単調と言ってしまえば確かにそうなのかもしれません。  端から端まで見る限りどこにも複雑に思える要素は無いのです。 ところがこうして<参考画像のように>ひとたび着物に適わせるとその印象は見事に豹変するのです。 まさに豹変と言う言葉が相応しいほどの変わり身です。 適わせた着物は結城紬なのですが、本場結城の質感を更に引き上げ、且つ、帯それ自体もまた表情を変えるのです。

手描き友禅と刺繍/九寸名古屋帯 江戸解き文様 NEW

それにしても美しい作品ですね…。 深い深い紺青に描かれた江戸解き文様、、。 どれだけ眺めていても本当に美しいと感じます。 地色はこうした染め帯の魅力を司る要素として極めて重要で、地色の魅力が帯の魅力だと言ってしまっても言い過ぎではない、と思えるほどに重要な要素です。 唯単純に黒色であるとか、青色であるとか、一言では表現できないお色目、、、それはこうした染め帯には欠かすことの出来ないものなのです。

型絵染九寸名古屋帯/オニオン・岡田その子 NEW

さてこちら、、。オニオンです。しゃり感のある生紬地に型絵染と手差し染色で玉葱が描かれています。 こうした創作を見せられると、もうそれは秀逸な作品であると言うしか他に言葉がありません。 不覚にも一目で胸を撃ち抜かれてしまいました。 この帯の作者である岡田その子さんにはこれまでにも幾度となくやられています。 実は岡田その子さん、こうした野菜や果実を得手とした染織作家なのですが、そうしたものをモチーフとする作品にありがちな、度が過ぎた印象を全く感じさせないのです。 

型絵染九寸名古屋帯/国画会 岡本紘子/空に奏でる NEW

何の花、どのような光景を想っているのか。 想像するしか手立てはありません。 でも、この作品を眺めていると製作者である岡本紘子さんがイメージしたものはそこはかとなく感じることが出来るのです。 古典的な意匠/designを見慣れた目にはおよそ着物や帯の柄模様には見えないのかもしれません。 でも、この作品を手掛けた岡本紘子さんの目には帯そのもの、あくまでも帯として制作された意匠なのだと思います。 古典的な意匠/designであれば、着物を想い易いのかもしれません。 けれどもこの制作者はそれとは異なるイメージで描き上げているのです。 岡本紘子さんの心象風景がデザインした型絵染の花や蝶なのです。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ