ご購入について
 

最新掲載品

手描き友禅九寸名古屋帯/藍色の薔薇 山本由季 NEW

描かれているのは蒼い薔薇です。 一見すると写実的な様でもあり、眺めていると独特のデフォルメが掛けられている様でもあります。 古典的な手描き友禅という技法を用いながらも、古臭い印象を想わせるところはありません。 時に墨一色で描かれた水墨画からは「美しさ」を感じるのと同時に古(いにしえ)を想うことが多々あります。 「薄藍色」一色で染められたこの帯地には水墨画に見る潔さのような「美しさ」を想いますが、古を想うことはありません。 唯、比類なき美の水墨画に、その「美しさ」は宿るがごとく、「比類なき染色」でなければ、「美しい」とは感じられないものなのです。

手描き友禅九寸名古屋帯/八つ手に蟷螂 NEW

こちらの八手の帯、一目で丁寧に丁寧を尽くされた染め帯だと言うことが分かります。  この八手…、いや目に映っているのは「八手」ではなく「かまきり」なのかも知れませんね。 もっと言うならばこの「かまきり」の存在感なのかも知れません。 「かまきり」の姿そのものが美しいのは言うまでもないのですが、白磁色に染色された八手の葉の上にほんのいま飛んできたかのようなかまきりの色彩も見事ではないでしょうか。。。 一枚の絹布の中に在る「かまきり」はもちろん現実の美しさとは異なりますし、昆虫としての「かまきり」の写実を正確に求めたものではないのです。 求めたのはこの青丹色で表現された友禅としての美しさなの筈です。

首里織り/花倉道屯織 伊藤峯子作品 NEW

わざわざ余計な手間暇を掛けているように思えてしまうほど、凝りに凝った手業が掛けられているのですが、わざわざ掛けた手間暇が余計なことではない理由も、見る私の目に映るのです。 実際に制作者に尋ねた訳ではありません。 あくまでも私の個人的な見解に過ぎませんが、わざわざ掛けたかのように見えるその手業、それはこの織物が帯となってお使い戴く際の帯の美しさを想って掛けられた配慮ではないかと思います。 つまり、単純に道屯織とせず、わざわざ花倉織を合わせることで単調になりがちな道屯織に表情を与えているのです。

型絵染九寸名古屋帯/蝶  NEW

蝶の図鑑を飽きることなく眺めていた事を思い出してしまいました。 色鮮やかな蝶を艶やかな紙の中に閉じ込めてしまったかのような図鑑… うっとりと何時間も何時間も、毎日毎日眺めていたあの日…。 いまでも鮮明に思い出すことが出来ます。  女性ならば、きっと一度は締めてみたくなるような帯。 こうした帯、私はとても好きです。 素朴なようでいて、、、それでいて角度を変えて眺めてみると妙に垢抜けた感もある。 原画となる下絵をそのまま作品として染め描いてしまったかのような、いわゆる原画感にも惹かれます。

草木染手織り紬織物/下井紬 下井伸彦 NEW

無限に在ると言える自然の彩り、まさにその生命の揺らぎを織り籠めたかのような作品です。 下井伸彦さんの手だからこそ創り得た織り、創りし色なのです。 下井伸彦さんでなければ織ることの叶わない肌理の美しさ、創ることの叶わない色調と言えば言い過ぎでしょうか。 そもそも紬糸が保つ質感はおよそ肌理細やかとは遠いものであるにも拘らず、手に取れば文句なく美しい肌理を保つのです。 大層な物言いをして、と思われるかもしれません。 もしか言い過ぎなのかもしれません。 でも、決して言い過ぎなどではないと思わされてしまうほどの肌理の美しさであり、織り色を保っているのです。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ