ご購入について
 

最新掲載品

絞り工藝/有松鳴海絞 段杢目絞り NEW

この絞り染め、よく見掛ける絞り浴衣とはちょっと異なった雰囲気/表情を保っている事が画像からも伝わっているかと思います。 こうした浴衣も興味の薄いひとにとっては、たかが浴衣なのかもしれません。 唯、たかが浴衣なのですが、日本の職人の「手」によって括られ、絞られたこの浴衣を眺めていると、興味の薄い筈である人でさえ、心のどこかを魅了され、思わず手に取りたくなるようです。 矛盾を承知で申し上げますが、絞りの浴衣はたとえこれほどの有松絞りであったとしても本来浴衣以上となるものでありません。 でも、どこから見ても「染織工藝品」としての雰囲気を漂わせ、浴衣以上の質感を呈しているのです。

型絵染九寸名古屋帯/岡本紘子作品 大きな空 藍染絞り NEW

こちらの作品に付された銘は「大きな空」 凡人の私には銘に在る「大きな空」と作品と銘を結びつける糸口を見つけることが残念ながら出来ません。 模様に目を向けてみましても特徴的な蝶に目はとまります。 さらに目を移してみますと蓮の実でしょうか、なにやら、梅や苺、えんどう豆らしきも見えてきます。 でも、どのように目を凝らしても私の目に「大きな空」は見えてこないのです。 やはりこうした「作品」というものは数式のように解き明かすものではないようです。 いつも申し上げますように感性で感じるものなのだとあらためて思わされます。 

手描き友禅九寸名古屋帯・江戸解文様 NEW

ぽってりとした塩瀬地に江戸解文様が丁寧に手描きで描き染められたお品となります。 灰色みを帯びた鶸色は江戸解よりも御所解に多く用いられるのですが描き染められた文様はやはり江戸解です。 公家の暮らしに纏わる牛車や御所車、几帳や蹴鞠などが掛かれる御所解は雅やかな印象を強く思わせますが、江戸解は武家の暮らしに纏わるものが多く、その印象は抑制の効いたもの、水流などはいかにも江戸解を想わせます。 如何にも「和」を想わせる色彩/構図ではないでしょうか。 いわゆる引きの美学、抑制の美しさを感じます。 

手織り紬織物/上田紬/縮み 小岩井紬工房 黄色に白細縞 NEW

何気なく見ただけではきれいな黄色の無地の紬にしか見えない。 でも、“きれいな黄色の無地の紬にしか見えない”というところがこの紬の真価本領ではないかと思います。 見る時間によってそのきれいな黄色は蒲公英の花の様な黄色だったり、微かに緑みを帯びた黄色(あくまでも黄緑ではないのです。)に見えたりもするのです。 そしてそのどちらも極めて魅力的な色なのです。 陽光の差し込む時間は黄色が勝っているのだけれど、陽はあるものの地面の大部分が影に隠れるころ、何故か心なしか緑色を帯びて見えるのです。 もちろんあくまでもほんの僅かに…。
異国情緒・凛・技 -Trandition&Elegance-
バティック更紗琉球染織
江戸小紋

ページトップへ