ご購入について
 

江戸小紋/人間国宝 小宮康正作品「大根下し」



大根の

おろしにほのと

青さかな


笹村政子

六花


江戸小紋



【江戸小紋】

人間国宝/小宮康正作品「大根下し」


型彫り/青塚実
染め/小宮康正※重要無形文化財技術保持者
日本伝統工芸会正会員


江戸小紋の人間国宝、小宮康正さんの江戸小紋「大根下し」のご紹介です。 縞や角通し、行儀などに代表されるある意味無機質とも表現出来る柄が少なくない江戸小紋の中にあって、いわゆる「云われ柄」と称される意匠です。 見事に美しいその型紙を彫り上げたのは青塚実さん、染め上げたのは人間国宝小宮康正さんです。 緊張を強いることの少なくない万筋や角通しなどに比べ、江戸の職人の遊び心が感じられます。  江戸小紋の粋を知り尽くしている職人ならではと言えるのかもしれません。 長年江戸小紋の型紙を見てきた記憶の蓄積がこうした粋を生み出すのでしょう。 縞や格子と言った単調なものからは感じられない余裕のようなものが感じられます。 


いわれ小紋には、聞いて「なるほど」と楽しくなってしまうものが色々あります。 今回ご紹介させて頂きました「大根下し」もまさにそう、「大根と下し金」のいわれの一つ、大根は消化が良いためお腹にやさしく“あたらない”、つまり「難にもあたらない」といういわれです。 もう一つ、大根を下す、つまり“大根役者を役から降ろす”、“役から下す/落とす”、すなわち「厄落とし」のいわれがある様です。 そうしたいわれを知ってお召しになられますとより一層江戸小紋を愉しめると思います。 こちら、染められた色も錫色 (すずいろ)と言う得も言われぬ絶妙なお色目です。(※灰色なのですが、微かに青みを感じさせる灰色、いわゆる鼠色ではなく、灰色に青をひとしずく落としたかのような絶妙なお色目です。 洒脱なだけではない、凛として品が在る、お遊びを想わせながらもどこかそれだけで終わらない、江戸小紋を知り尽くした職人の余裕を想わせてくれるのです。


江戸小紋


江戸小紋


江戸小紋


江戸小紋


江戸小紋


江戸小紋


これまでに幾度も書いて参りましたのでお読み頂いている方も多いかと思いますが、江戸小紋は伊勢型紙を使用し、伝え継がれた職人技で染め上げられた“工藝品”ということが出来ます。 型紙を使って染める、と言うことは即ちその、型紙を彫る、ということから仕事が始まるわけです。 集中を保ち、丁寧に丁寧を重ねて彫り上げられた「型紙」は「型紙」それ自体が工藝品としての趣を保つほどのものとなります。 そして精密機械のような精巧さが求められる作業を気の遠くなるほどの長い時を費やし、ひとの「手」によって積み重ねていかなくてはなりません。 また、その細密な柄に彫られた型紙を寸分の一の誤差なく長板の上で送りながら染め上げていくその仕事もまた、江戸小紋の職人の手技でもあるのです。 江戸小紋の“凛とした美しさ”単色で染め上げた“潔さ”はこうした職人たちの積み重ねた経験に尽きるのだと思います。 またその美しさは確実に日本的で且つ文句なく綺麗と言えるのです。


江戸小紋とはそうした精緻な仕事が丁寧に重ねられて初めて江戸小紋と言えるのです。 コンピュータやプリント技術の発達により、昨今、様々な方法で細かな文様が染められているようです。 ただ、この仕事がそうした他の技術でなされるのならば… それは果たして江戸小紋となるのでしょうか。 美しく染められた染めの小紋、と言う形容は出来るのかもしれません。 また細密な柄を転写することも現代の技術をもてば容易い事なのかも知れません。 しかしそこに映るものは綺麗に染められた“江戸小紋風”の染め小紋でしかなく、それ以上のものとはならないものなのです。 「江戸小紋」としての美しさは手摺りで刷られた版画と印刷されたポスターが明らかに異なるようにただその美しい表面だけを安直に真似て転写することで生み出されるものでは決してなく、職人の“手技の凄味”が作り出す美しさ、に尽きるのだと思います。


江戸小紋


江戸小紋


江戸小紋



下段では参考までに「小倉縞の名古屋帯」「雲流の染め帯」と適わせてみました。 織の帯、染の帯、どちらでもお愉しみ頂けるかと思います。




【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても私共呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 着物、羽織物、などご指定の寸法がございましたらお知らせください。 弊店で割り出すことも可能です。 また、帯のお仕立てに際しましても、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。 ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。

【お手入れなど】 お求め頂きました後、日常にお使いの際のお手入れは、着物の場合、衿の皮脂/ファンデーション汚れなど気になる個所の部分的なしみ落としで十分です。 帯に関しましてはそれほど必要ありませんが、もし前腹などよく触れる部分など気になりましたら、しばらくお使いにならない折にお手入れをお奨めしております。 また、絹物、一部木綿はご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

【在庫について】 実際の店舗におきましても同時にお品を販売しております。 ご注文/お申し出を賜りましてもホームページへの反映が一足遅く、「SOLDOUT」が表示されていなくても売り切れの場合がございます。先着順となりますので予めご了承下さい。


【商品情報】

商品番号
GSK-SGY-003688
商品名
江戸小紋/人間国宝 小宮康正作品「大根下し」
品質
絹100%
価格
¥415,500(表地/税込)
¥469,500(袷仕立上げ/胴裏・八掛/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間〜25日戴いております。
【※単衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
37cm程(※約一尺)/※12m程 (※約三丈一尺五寸程)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

季節


季節


季節

江戸小紋/人間国宝 小宮康正作品「大根下し」

価格:

415,500円 (税込)

[ポイント還元 4,155ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ