きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



墨黒色… でしょうか

古(いにしえ)色の様でもあり

モダンな現代を想わせるようでもあります 

「和」を強く想わせる

なんとも素敵な色目だと思います



極細江戸小紋/花七宝



【伊勢型紙江戸小紋】

―毛万筋譜立割―
伊勢型紙-糸入り極縞彫り27本
型彫り/服部一夫
染め/筒井克政



古来より連綿と紡がれる時の中で、まるで武士の刀を研ぎ上げるが如く磨き上げられた職人の手業。 その永い歴史に培われた英知の結集である江戸小紋。 伊勢型を使用し、伝え継がれた職人技術で染め上げられた江戸小紋はまさに“工藝品”ということが出来ます。 「型紙を使い染める」と言うことは 即ち、描かれた下絵に忠実に「型紙を彫る」ということが求められます。 専用の「錐※きり」を使い「彫り上げて」いく。 想えばそれは世界でも有数の生真面目人たちと称賛される日本の職人の気質に適う仕事と言えるのかも知れません。 


集中を保ち 丁寧に丁寧を重ねて彫り上げられた「型紙」は「型紙」それ自体が工芸品としての趣を保つほどのものとなります。 それはあたかも精密機械のごとく精緻の極みが求められる作業を、気の遠くなるほどの長い時を唯一筋に、ひとの「手」によって積み重ねていかなくてはなりません。 また、その細密な柄に彫り上げられた型紙を、長板の上で僅かな誤差の許されない精度で繰り返し送りながら染め上げていきます。 そのストイックとも形容される仕事もまた、江戸小紋の職人の手業でもあるのです。 


江戸小紋の“凛とした美しさ” 単色で染め上げた“潔さ”はこうした職人たちの積み重ねた経験による手業の極みに尽きるのだと思います。 またそこに保たれる美しさは確実に日本的であり、且つ文句なく美しいという事が出来るのです。 言うなれば江戸小紋はまさに日本の「美」そのものであり、古来より、象徴的な美しさとして今も尚現代に生きる私たちの心象風景に在り続けているのです。 それ故「江戸小紋」の紋様美は日本女性の心と響き合うのかもしれません。 紋様美としてここまで完成された紋様は他に例を見ないといっても決して言い過ぎではないのだと思います。


極細江戸小紋/花七宝


極細江戸小紋/花七宝


極細江戸小紋/花七宝


さてこちら、、。伊勢型紙の万筋、なかでも譜立割は万筋を更に二つに割ったほどの極細い縞を言います。 つまりとりわけ極細で彫り上げられた万筋「毛万筋」が染上げられた江戸小紋です。 もちろんですがこうした小紋は礼装を意識して染められています。 単なる「小紋」として染められているわけではありません。 またご覧いただけますように江戸小紋は生地の端から端まで「ひと柄」を「ひと色」で染め上げられた単彩となります。 然し、単彩な染色にありがちな底浅な印象を感じることは一切ありません。 “単彩な染色”でありながらも単調さや退屈を感じさせないのは、文様の完成度に尽きるのだと思います。 それにしても殊の外美しい万筋ですね、、。型彫りの職人、染めの職人の「凄み」を感じさせてくれる程の美しさではないでしょうか。 まさに本物の伊勢型紙だけが保つ「完成された美しさ」なんだと思います。


こちら…、これほどの小紋となりますと単なるお洒落着としての小紋に留まるものではありません。 こうした江戸小紋は添わせる帯によって様々な表情を見せてくれる筈です。 つまり帯次第でその着物が保つ印象をがらりと変えてしまうことが出来るものなのです。 江戸小紋であるからと言ってひと括りに略礼装としてしまうべきではありません。 当然ながら、格の高い西陣織の帯を添わせることで礼装感を保った装いとすることが出来ますし、趣向的な染め帯を添わせることで上質なcasualとしてよそゆき感を保った街着としてお使い戴くことも出来るのです。 むしろ小紋三役と言われる鮫・行儀・角通しの「きりっ」とした江戸小紋以上に洒脱な雰囲気や洗練された粋さを兼ね備えた印象を保ち、とても素敵ではないでしょうか。 


極細江戸小紋/花七宝



極細江戸小紋/花七宝


極細江戸小紋/花七宝


こうした極々細密な点描は一般の一眼デジタルカメラではその美しさのすべてを捉えきることが適わず、モアレが出てしまったりします。 お見苦しい部分がありましたら申し訳ございません。 こちらのお品は画像などを遥かに上回る質感と品位を感じさせてくれます。極めて魅力的な江戸小紋です。


【商品情報】

商品番号
GSK-SGY-03
商品名
極細江戸小/毛万筋
品質
絹100%
価格
¥285,000(表地/税込)
¥339,000(袷仕立上げ/胴裏・八掛/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
【※単衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
37cm程(※約一尺)/※12m程 (※約三丈一尺五寸程)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

極細江戸小紋/花七宝


小紋

極細江戸小紋/毛万筋 譜立割/2020・09・09 Published

価格: ¥285,000 (税込)
[ポイント還元 2,850ポイント~]
数量:

ページトップへ