きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



青竹に

提灯吊し

花火舟


坂部尚子

栴檀





別誂え下駄草履/微広型



【御誂え草履/品布】
品布(科布:しなふ)
春お単衣~盛夏~秋口



こちらの御草履は「台」を指定して「天」を指定して「花緒」を指定して「前つぼ」を指定して、つまりすべてを指定して京都の専門職人の「手」によって誂えられた下駄草履となります。台の削りも誂えですが、他、天の生地も花緒も何もかもすべてが別誂えで織り上げらた生地が使われております。 やわらかで上質な質感を思わせる御草履です。

ご存知のように下駄や草履は日本固有の文化に育まれた履物です。 洋装においても和装においても装いの大切なポイントは足元からとも言われます。 こちらの御草履は上質なカジュアルを意識して誂えられたものとなります。
もちろんカジュアルと言ってもこれだけの質感ですから、浴衣だけでなく、浴衣を”夏の着物として”お召しになられるとき、たとえば紬織物の装い、また小紋などに春のお単衣から秋口のお単衣までお使い戴けます。 お手持ちの着物を想い浮かべてお選びください。 私は男ですから、いくら想い浮かべても履くことは叶いませんが、眺めていると思わず履きたくなるほど魅力的な下駄草履です。


別誂え下駄草履/微広型


別誂え下駄草履/微広型


別誂え下駄草履/微広型

※こちらは桐台に天/足元に(足を乗せるところ)圧縮された綿芯が入れてあります。そのため、履き心地が更にやわらかく感じられると思います。


【商品情報】

商品番号
GZ-BETU-004
商品名
御誂え草履/品布(科布:しなふ)
品質
※天/科布※台/桐※花緒/絹・波網代
価格
¥43,500
巾/ 長さ
台の長さ/23,5cm・台の巾/8,5cm・踵の高さ/6cm(※23cm~24.5cmのサイズ対応となります。)
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際に一旦「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

別誂え下駄草履/微広型


季節


季節


季節


季節


季節


季節


季節

御誂え草履/品布(科布:しなふ)

価格: ¥43,500 (税込)
[ポイント還元 435ポイント~]
数量:

ページトップへ