きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
山本由季作品 ―野山―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



深呼吸

みかんの花の

花盛り


森理和

あを


名古屋帯



【首里花織/九寸名古屋帯】

制作/佐藤史子

オレンジ



こちらに掲載させて頂きました作品は佐藤史子氏制作「首里花織/九寸名古屋帯」です。 染織家自らの手で創作した作品を眺めていると、(お弟子さんが制作した工房作品を除く言う意味)ときに染織家によって籠められた「美学」のようなものをその作品から感じることがあります。 それはもちろんすべての染織家に対して感じるものではなく、また、ある染織家のすべての作品に感じるものでもありません。 美学について本格的に書物を紐解いたことが有る訳でもなく、浅学な私が美学などを論じるのは些か僭越ではありますが、浅覚えの知識によれば、美学とはどうやら哲学に分類されるもののように記憶しています。 つまりは芸術学のひとつの分類ということになります。 


予め、私見であることをお断りした上で申し上げるならば、美学の概念とは、あくまでもある創造に表裏する芸術学のひとつであり、たとえば流れ落ちる滝の流れを美しいと感じても、それはやはり美学の美の範疇であり芸術ではないのです。 つまり極端的に申し上げるならば、自然がつくり出した景色色彩や、或いは学者や大学の教授が論ずるものが美学ではなく、芸術家(もちろん染織家も含まれる)が、その永い年月をかけて重ねてきた数々の経験や英知、意図せず堆積されたものも含め、その内側に内包されたものが美学なのだと私は思います。 さて、私の駄話の筆は置き…。


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯



オレンジ色、いわゆる「パステルオレンジ」ではありません。 あくまでもオレンジ、むしろ蜜柑色とでも言うのでしょうか、どこか朧げに白霞を帯びた蜜柑色なのです。 明るい色と言えばそうなのだけど実際はフワフワし過ぎずにそれでいて気持ちが浮き立つような感じがとてもいい。 帯は着物の装いにおいてとても大事な役割です。 琉球沖縄の染織は織にして染めにしてもともすれば帯だけが悪目立ちしてしまうような、言葉を変えれば着物姿をかき回してしまう、そんなことも往々にしてあります。 琉球特有の強い彩色印象がときにそう感じさせてしまうことがあるんですね。 つまり、装いにスッ、と行儀よく納まるにはかなりの力量(帯そのものにも織り手にも)が必要になるんです。 だからこそ織り手の手技がしっかりしていることがとても大切で、それに加えてその色の「分水嶺」を見極める力(センス)が必要とされるのです。 そしてそのセンスがこちらの作品に一本きちんと筋を通しているのです。 つまり…それが染織作品に投影される美学なのです。


そうした美学なる想いを胸にこちらの作品を眺めていると、わざわざ余計な手間暇を掛けているように思えてしまうほど、凝った手業が掛けられているのですが、わざわざ掛けた手間暇が余計なことではない理由も、見る私の目に映るのです。 実際に制作者に尋ねた訳ではありません。 あくまでも私の個人的な見解に過ぎませんが、わざわざ掛けたかのように見えるその手業、それはこの織物が帯となってお使い戴く際の帯の美しさを想って掛けられた図りなのだと思います。 つまり、単純な花織とせず、わざわざ地色に加え、蘇芳と生成りを交差させることで単調になりがちな花織に表情を与えているのです。


いつも思うことなのですが「着物や帯は“使われてこそ”、そこに価値がある」というものがあります。 いわゆる“用の美”です。 こちらの作品を見ているとまさにその“用の美”を感じるのです。 加えて申し上げれば染織家しての心の透明度、糸の染色におけるインスピレーション、言わば感性の美しさを想わせてくれるところ、でしょうか。 使うひとを想い機に向かう姿勢の美しさ、すべての美が相俟ってひとつの美しい織物となるのです。 そしてそれらのすべてが佐藤史子の一つの美学であるのです。 ひとりのある織り手によって織り上げられた美の結晶。 織り手の美が宿された作品です。


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


※参考に琉球絣とコーデしてみました。 琉球の織物にはやはり琉球の染織が適いますね。 久米島などに適わせても素敵だと思います。 久留米絣などにもどうぞ。


※着用画像と商品単体画像で色が異なる場合がございます。
※商品単体画像を実物により近づけております。
※光の加減・ブラウザ環境等により写真と実物では多少誤差があることがございます。あらかじめご了承くださいませ。


【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても私共呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 着物、羽織物、などご指定の寸法がございましたらお知らせください。 弊店で割り出すことも可能です。 また、帯のお仕立てに際しましても、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。 ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。

【お手入れなど】 お求め頂きました後、日常にお使いの際のお手入れは、着物の場合、衿の皮脂/ファンデーション汚れなど気になる個所の部分的なしみ落としで十分です。 帯に関しましてはそれほど必要ありませんが、もし前腹などよく触れる部分など気になりましたら、しばらくお使いにならない折にお手入れをお奨めしております。 また、絹物、一部木綿はご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

【在庫について】 実際の店舗におきましても同時にお品を販売しております。 ご注文/お申し出を賜りました時点で、「SOLDOUT」が表示されていなくても売り切れの場合がございます。先着順となりますので予めご了承下さい。


【商品情報】

商品番号
HTT-NAO-06
商品名
首里織り/首里花織り 佐藤史子作品
品質
絹100%
価格
¥155,000 (表地/税込)
¥165,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

名古屋帯


名古屋帯

首里織り/花織 制作/佐藤史子

価格: ¥155,000 (税込)
[ポイント還元 1,550ポイント~]
数量:

ページトップへ