きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



朝霧や

墨絵めきたる

白川郷


古川敦子

末黒野


手織り九寸名古屋帯/池田リサ



【吉野織九寸名古屋帯】
国画会会友
斉藤佳代子 作品
―風漣―



ほろ苦いカラメルのような焦げ茶色で織り上げられた吉野織の名古屋帯。 斉藤佳代子さんが手掛けた「風漣」と題されたこちら、作者の解説には「穏やかに吹く風をイメージしました。」とだけ記されています。 この帯を眺めていると静かな森の朝、陽が差し込む隙間の時間、朝もやに包まれた森の静寂の中を音もなく吹く風が感じられます。 静かなのだけれど何の気配もないわけではない。 むしろ様々な植物の気配に満ちているのです。 耳を澄ませば聴こえてくる今日、生まれたばかりの蝶の羽ばたき音…、目を開けたばかりの小動物の呼吸…、開いたばかりの花、茎をのばした植物の微かな音…、物の数分もしないうちに第一印象の静けさは消え失せ、気配に想像を巡らせてしまう、そんなことまでも想わせてくれる一品です。 


風漣とは文字通り風の漣(さざなみ)。 美しく配された吉野織には生絹や精錬糸が使われています。 見る角度や光線によって素材の質感の違いが浮かび上がります。 実に美しい織物だと思います。 一見しただけでは見えない細やかな細工が施されている事がわかります。 吉野織の織のコントラストだけで表現された紋様が極めて美しいのです…。 決して鮮やかではないそのコントラストの美しさに思わず息を止めて魅入ってしまうのです。 こうした織物を見ているといつも規則的と不規則は常に共存していることを思う…、ロジックとエモーショナル、またはイントュイティブと言い換えても良いのかもしれません。 いくら規則的なことを積み重ねたとしても、必ずそれを超える不規則(揺らぎ)が存在するのです。(そこに手織りの魅力があるのですけれどね。 )


こちらに掲載させて頂きましたのは斉藤佳代子さんの作品、吉野織九寸名古屋帯/風漣です。 吉野織の織物という視点でこの織物を見れば、これ以上のものは他にないわけではありません。 ジャガードを用いて織り上げられた機械織の布を綺麗と思われることもあるのかと思います。 横段や格子、熨斗目を生涯のテーマと据えて織り続ける染織家も少なくありません。 しかし、この一枚の絹布がその他と決定的に異なることは…。 


手織り九寸名古屋帯/池田リサ

手織り九寸名古屋帯/池田リサ

手織り九寸名古屋帯/池田リサ

手織り九寸名古屋帯/池田リサ

手織り九寸名古屋帯/池田リサ


こちらの作品を眺めていると、そうした織機によって生産された物からは感じる事の決して出来ないなにか、を想わせてくれます。 それは色の力、絹糸そのものが保つ原糸の美しさ、その絹糸が交差することによって生まれる織りの表情…、 つまりは唯々織布/絹布の美しさを想わせてくれるのです。 色彩に含有される色素、そして素が保つ色気を余すことなく表現する力を感じさせてくれると言い換えてもいいのでしょう。 吉野織はこの絹布でなくてもいくらでも存在します。 でも、そのいくらでも存在する吉野織の絹布において、見る者の目を釘付けにするほどの表現力、或いはぞくっとさせるほどの質感を内包した絹布はそんなに多くはありません。 見る者を魅了する、その視点においてのみ見ても、斉藤佳代子さんの作品は極めて魅力的なのです。


私は斉藤佳代子さんの創造する美しさは結局のところ、斉藤佳代子さんという個が追求した美しさではないかと思うのです。 その生命感溢れる染織はその場その時で生成され、たとえそれが以前からある吉野織であったとしても斉藤佳代子さんの創意/感性を新しく織り籠めることでまったく違った表情の保たれた、まったく異なった織物となるのではなるのではないでしょうか。 


いつも思うことなのですが、絹布を織り染める、と言うことは、音楽を奏でることと同じである、それを心で解っているひとの作品はとても詩的で豊潤なものだと思います。 斉藤佳代子さんは糸を染めたり、織ったりすること、は音楽を奏でたりすることと本質的に同じと本能的に解っている人なのではないかと思うのです。 創造する力を持たない私などは、自分がある作品と向き合う際にどのような基準を持って見ているのか、と自分の美意識を探る事があります。 その中で確実に言えることは“思想の徹する作品は美しさが付き抜けている”と言うこと。そしてそうした美しさは私のようなものでも確実に感じられるものなのです。


手織り九寸名古屋帯/池田リサ

手織り九寸名古屋帯/池田リサ

手織り九寸名古屋帯/池田リサ


美しさを定義する事は安直なことではありません。 けれど”思想の美しさ”という美は確実に在るのだと思います。 ありたけのエネルギーが籠められた作品は唯それだけでその場の空気までをも震わせる力を持っているのです。 もっと言えば空間を歪ませるエネルギーを持っていると言っても過言ではありません。 そしてそうした作品はどのような細やかな個所にも抗い難い魅力が在るのです。 主張し過ぎることのない存在感…、けれどもそこに漂うものは瑞々しくも並々ならぬ気配。 染織に限るものではありませんが、こうした工藝は絶えず進化を遂げています。 進化しながら完成の領域に近づけ、されどまた未完成のものでもあるのです。 工藝の面白みはそこに尽きるのかも知れません。


折りに触れ想います…。 私たち日本人の身体には和のDNAが在り続けているということを。 それだからこそ、現代に生きる私たちにとって記憶の中に微かに残る何かが「和」を求め、そしてどこか懐かしく、そして大切なものに思えるのではないでしょうか。 もっと言えばその目に見えない何かが私たちの心や感情を揺り動かすのかも知れません。 いつの時代も工藝/芸術の普遍性は素晴らしいものだと思います。 そして工藝作品に関して言えば、作品の表情は疑いなくその制作者の人格、懐の広さ、深さに比例する、これまでの浅い見分の中でそう思います。 私たちを感動させる作品の背景には間違いなく制作者の奇蹟とも言える想像が隠れているものなのです。 


※適応季節は単衣~夏衣となります。 つまり昨今では5月、6月、7月、8月、9月の始めまでお使い頂けます。



【商品情報】

商品番号
IKR-OTK-334
商品名
浮織九寸名古屋帯/斉藤佳代子・風漣
品質
絹100%
価格
¥475,000 (表地/税込)
¥486,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

浮織九寸名古屋帯/斉藤佳代子 風漣/2020・09・21 Published

価格: ¥475,000 (税込)
[ポイント還元 4,750ポイント~]
数量:

ページトップへ