きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



冬支度

世界遺産の

村に住み


奥田文葉

百鳥


本場結城紬/飛び百細工・捩じり梅



【本場結城紬】
地機(※居座機・いざり機)
百細工亀甲絣



極上の着心地と賞される「いざり機」によって織り上げられた「本場結城紬/地機/百細工亀甲絣」。 何故、本場結城紬は、とりわけ地機による結城紬が、極上の着心地を想わせてくれるのか。 そもそも地機結城紬が地機結城紬たる所以とは。 本場結城紬の魅力について想うとき、何よりもまず、織物として他に類を見る事のない質感が挙げられる。 すべての工程が地機としての基準を満たすべく、手間暇の掛けられた”本場結城紬/地機”のそれは求める人の期待を決して裏切ることはない。 いざり機により織られる結城紬/地機の極上の着心地、羽衣とも賞されるそれは些かも過ぎた評価ではないのです。


とりわけ地機の結城紬はひとの手によって真綿から引き出される極上且つ極細の手引き真綿糸が使われる。 一般論的なお話として申し上げると、糸というものは撚糸(※撚り/より)を掛けることにより強度を保ち、且つ織物の糸となりえます。 けれども本場結城紬の糸はその他の産地の織物にはほとんど例を見ない、もっと言えば世界の織物に於いても例を見ない「無撚糸」の糸が使われるのです。 


その素朴な無撚糸の真綿糸はそのままでは「機にかけて織る」ことは出来ません。 経糸緯糸、共に真綿糸は互いがすべらないため、経糸と緯糸を交差させにくいのです。 要するに「綜絖が開き難い、杼を通し難い」。 そのため真綿糸に糊を付けて滑り易くすることでやっと機にかけられ「織る」と言う作業が可能となるのです。 織り上げられて製品となった本場結城紬は、お求めになられた後、産地において入念な湯通しが施されます。 糸に付いていた糊が落とされたときに真綿糸は初めて呼吸をするかのごとく、空気を含みます。 空気を含み素朴な質感を甦らせた真綿糸は、他のどの織物よりも軽く、また歳月の経過とともに強さをも保つのです。 そしてそれこそが、「羽衣」とも称される極上の着心地を与えてくれるのです。

 


本場結城紬/飛び百細工・捩じり梅 本場結城紬/飛び百細工・捩じり梅


まるで蚕の恵である繭が「ひと」の「手」によって真綿糸につくられ、またその「ひと」の「手」によって紬織物と言う形でやわらかな繭に戻るかのようなのです。 だからでしょうか、その表情は自然の趣に溢れ、また素朴でありながらも単なる紬織物とは異なる印象を見せてくれるのです。 でも、実はそれそこが本場結城紬の固有の個性であり、まさに本場結城紬ならではと言える所以なのです。 私の狭い見識において繭から引き出された糸が織り上げられてまた繭に戻るような印象を保った紬織物を他に知りません。(※飯田紬に一部そのような印象の織物が在ります。) 


画像でもお分かり頂けますように美しく細かな細工です。 真綿糸でつくられる亀甲としてこれ以上精緻な細工がない訳ではありません。 ただ、細かい、と言うだけならば、、。 でもここまで亀甲が綺麗に揃うかと言えば、なかなか容易なことではないのです。 絣の印を付ける際に0,5ミリずれてもこうした精緻な亀甲は出来ない。 その一点だけを取り上げてもこちらは極めて美しい。 眺めているとこのまま保存したくなる、裁ちを入れてしまうのがモッタイナイと思う程美しい織物です。 それにしても…、。 僅かなずれも許されない、コンマmm単位の正確さで絣の個所を測りながら絣をつくるだけでも相当な日数を要したのは容易に想像出来ます。 そしてそれを機に掛けこの精緻な絣を織り上げてゆくのは気の遠くなるような仕事であったろう、と畏敬の念を禁じ得ないのです。 この結城紬の最高にして最大の魅力はこの精緻極むる意匠ではないかと思います。


本場結城紬/飛び百細工・捩じり梅


こちらの織元は、始めから終わりまで「糸質」に拘り、「居座機」に拘りました。 それは本場結城紬の織元としての誇りであるのかもしれません。 お袖を通したその瞬間、いままでのものとはまるで違う初めての着心地に頷かされてしまう、そんな結城紬です。


【商品情報】

商品番号
INS-HUT-8
商品名
本場結城紬/地機(いざり機)・百細工亀甲絣
品質
絹100%
価格
¥1,650,000(表地のみ仕立て無し/税込)
¥1,692,000(単衣仕立/居敷当付き/税込)¥1,704,000(袷仕立上げ/胴裏・八掛/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約3週間~25日戴いております。
【※単衣仕立てをご希望の際はお尋ねください。】
巾/ 長さ
耳内一尺七分※約40.5cm程/ 12,5m程 (多少の誤差はご容赦下さい。)

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

紬織物


紬織物


紬織物


紬織物


紬織物紬紬紬紬紬紬名古屋帯名古屋帯

本場結城紬/地機(いざり機)・百細工亀甲絣/2022・10・25 NEW ARRIVAL

価格: ¥1,650,000 (税込) ¥1,704,000 (税込)
[ポイント還元 16,500ポイント~]
選択:
価格:
数量:

ページトップへ