きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



薔薇買うて

活けて我が家の

薔薇切らず


江木紀子

雨月


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗



【型絵染九寸名古屋帯】
―ローズガーデン―
制作/澤田麻衣子



たちまちのうちに時間(とき)は過ぎ去り、さっきまで「現在/いま」であったときはもうすでに過去という名の時間になってゆく。 時間とは流れているものなのか、ただ形が変化しているだけなのか、時間というものの概念は64年生きていてもまるでさっぱり分からないのだけれど、作品の撮影を始めた1日午前11時頃、そして解説を書き始めた午后四時頃はもう確実に過去の時間でもうそこには戻れないのです。 そんなことを漠と思いながら解説を書いています。 その過ぎ去った(さっき居た)すべての時間(とき)は私にとって愛おしく大切にしているものなのです。 着物を想う、着物について考える、着物を着る、着物のことを誰かと語り合う… というすべてのことが。 さてさて、愚にもつかないお話はこの辺りで、、、。 


着物での装いに少し慣れ、どこかなにかしら余裕が出てきますと、着物と言う装いをいろいろな角度から見つめる余裕も出てきます。 その第一歩? 着物を愉しむことはイコール“帯を愉しむこと”なんてよく言われますが、まさにそんな着物を愉しむそんな帯、、。 こちらの帯…、いわゆる「創作型絵染」なのですが、あえて季節で細分化するならば春から初夏にかけて、を想わせる創作でしょうか。 印象的に目に映るのは一輪一輪の薔薇そのものではなく、黄色の薔薇の群生そのもの、かもしれません。  名前から想うように和を想わせるものではありません…、。 薔薇の原産がそもそもどこであるのか、よく知らないのですが、4月から6月に花を咲かせることが多いということから、イメージとしては春、なのかもしれません。 創作されたローズガーデンは実際の薔薇の庭をスケッチしたものなのか、制作者である澤田麻衣子さんの創造なのか知らないのですが、注し込まれた見事な彩色はまるで黄色の薔薇の群生が目の前に咲き誇るような錯覚さえ覚えます。 日本の伝統色に照らしぴたり当て嵌まる色を見付けることは出来ませんが、敢えて例えるならば「黄支子色 /きくちなしいろ」でしょうか。 黄色、と一言で表現することの難しい微妙な色、色、色なのです。 創作により創られた色と言うのは何色と一言で表現するのはとかく難しいものでもあるのです。


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗

型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗

型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗

型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗


彩を注さずに留め置いた薔薇の花、葉…、制作者は彩色におけるさじ加減、そのほんの一滴の差異のような色の綾に「美」を見出しただけなく、帯全体を見渡した時、その時の作品感に美を見出したのだと思います。 こちらの帯は御使いになられる方の感性をぐぐぐっ、惹き寄せ、色柄模様の美しさを純粋に、且つ存分に愉しませてくれる帯なのです。 たとえそれが着物を着られない時間(とき)でも、時折帯に想いを巡らすだけの断片的な時間でさえ、奥深き色適わせの妙、ひいては着物を着る愉しみに想いを巡らせてくれるのです。


実際に着物に触れる至福のひと時、さらりとした縮みを肩にかける、腰紐を締めて整える、…帯の手先を肩にかける、鏡越しにそれとなく映る型絵染で描かれたローズガーデンが醸し出す美しい彩… 着付けてゆく装いの時間さえ満ち足りたものにしてくれる、そんな眼福の愉しみも教えてくれる帯なのです。 つまり、どの着物に適わせてみよう、と「彩」の美意識が目を覚ましている人にお奨めしたい帯でもあるのです。 結城紬、大島紬、三才山紬など、紬の着物に適わせても素敵ですし、、万筋や角通し、行儀などの江戸小紋、また御召などに適わせても。。。お使い頂きます季節は2月辺りから6月くらいまでが一番良いのかも知れません。 「春から初夏」にかかる季節を想わせてくれて素敵ではないでしょうか。 画像は下井伸彦氏の着物に適わせてみました。


型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗

型絵染/九寸名古屋帯 創作更紗

【商品情報】

商品番号
KTZ-NSH-33
商品名
型絵染九寸名古屋帯 ローズガーデン 澤田麻衣子 
品質
絹100%
価格
¥275,500 (表地/税込)
¥287,000 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは八寸~八寸二分程/ 九尺八寸程多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

名古屋帯名古屋帯名古屋帯名古屋帯

型絵染九寸名古屋帯 ローズガーデン 澤田麻衣子/2021・03・03 Published

価格: ¥275,500 (税込)
[ポイント還元 2,755ポイント~]
数量:

ページトップへ