きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



一絃琴果て

待春の

雨の音


深川知子

雲の峰


西陣織袋帯/瀞銀錦



【型染九寸名古屋帯】
―若松菱文―
塩瀬地


こちらに掲載致しましたお品は型絵染による若松菱文/九寸名古屋帯です。  こうした染色に関心を寄せられる方の記憶における若松菱文と言えば、やはり西陣織、織物であるのかもしれません。 織物において若松菱文は古から様々な織元がそれぞれの切り口で手掛けています。 その捉え方も表現も、ある一定の枠の中でいろいろな表情を見せてくれます。 数々の若松菱文を見てきた私にとって、織によって表現された若松菱文はこれまで折々(さんざん?)(笑)に目にしてきた織物の一つなのですが、それなのにも拘らず、いつ見てもその整然とした織り感、規律が保たれた表情にいつも魅了され、心を奪われてきました。  


西陣織袋帯/瀞銀錦 西陣織袋帯/瀞銀錦 西陣織袋帯/瀞銀錦


さてそこでこちらです。 そうした織物とはまったく異なるアプローチ。 型染による若松菱文。 … 大袈裟な言い方と思われるかもしれませんが、知らない内に“見つめ、息を止め、見てしまっているほどの美しさ”で染め描かれているのです。 ここまでの染色印象で迫られると、単なる染めの帯であるとか、若松菱文を染めで表現したもの、とか、いわゆる判で押したような表現で片づけてしまうのは些か申し訳ないと思うほどの出来映えなのです。 


西陣織袋帯/瀞銀錦 西陣織袋帯/瀞銀錦 西陣織袋帯/瀞銀錦


見る人によっては単なる染めの帯と片付けてしまうことも出来るかもしれません。 所詮染め物と言われることもあるかもしれません。 でも、この帯を眺めているとそのような単純な評価はこの帯におよそ相応しいものではないということが判ります。 本来ひとに備わるべく自然の感性 そしてその感性を極め、研ぎ澄ました職人のみが生み出すことの出来る仕事といっても決して言い過ぎではないのです。 そしてその「美意識」は、感性豊かなる方の目には必ず映るものなのです。 


※こちらの帯は鮫や行儀、縞、万筋などの江戸小紋、色無地/無地感覚の小紋、 紬織物の着物にお使い頂けます。 ※適用時節9月~6月


【商品情報】

商品番号
NAGOYA-SOME-116
商品名
型染九寸名古屋帯/若松菱文/塩瀬地/
品質
絹100%
価格
¥168,000(帯地のみ仕立て無し/税込)
¥179,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
八寸~八寸一分程/ 九尺八寸程※お仕立て上がりの際のサイズ

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

名古屋帯

型染九寸名古屋帯/若松菱文/塩瀬地/2023・1・17 NEW ARRIVAL

価格: ¥168,000 (税込) ¥179,500 (税込)
[ポイント還元 1,680ポイント~]
選択:
価格:
数量:

ページトップへ