春一番

のぼった坂を

駆けくだる


わたなべじゅんこ

鳥になる


名古屋帯



【型絵染九寸名古屋帯】
―春一番―

制作/国画会稲嶺杏子

別誂え生紬地



こちらの作品は工藝染色を主たる創作活動とする染色作家の中でも、糸質、生地、染料、意匠、そのすべてに拘りを持つ染色作家、とりわけ型絵染に関して極めて稀有な才能を発揮する一人稲嶺杏子さんの作品です。 こちらの作品/作者についてだけでなく、まず初めにお断りしておきたいのは、私が綴る文章はあくまでも私が見た稲嶺杏子、私が感じ取った稲嶺杏子、私の中に在る稲嶺杏子、もちろん作品の持つ数字的なものは、客観的、または数値や資料に基づくものであるけれど、ただ、どちらにおいても脚色はない、そう思って頂いて間違いないと思います。


さて、染色作家が手掛ける作品には様々な題材がありますが、それがどのような題材であれ、見た瞬間に稲嶺杏子が手掛けたと分かる、言わば制作者固有の個性、それが自然に滲み出ることがなければ創作作家とは言えないのではないか、と私は常々思っています。 しかし突然、前触れもなく、このような意表を突いた作品、これが稲嶺杏子なのか的な創作を見せられると、それはそれでありかな、と思わされてもしまう訳です。 実はこちらの作品とのそもそもの出会いは数年前の国展です。 国画会会員創作の着物地として出品されてたのを拝見し、着物としては少し難しいかも、でも帯だったらなぁ…、との思いがそれからずっと頭の中に残っていて、昨年、稲嶺さんに帯として改めて制作して頂きました作品です。


解説を書くにあたり、いつものように染め描かれた作品/画を眺めています。 ハイヒールの女性のスカートが春一番の風に吹かれ、被った帽子が飛ばされないよう手で押さえてる、街で見かける春の風物詩とも言える情景です。(とは言え昨今こんなにエレガントな装いを見掛けることは少ないのですが。) まさにその一場面を切り取って下絵とされたのかもしれません。 もちろん掛けられた仕事も凝ったもので、一旦藍で下地を染めた後で、この葡萄色とも言える色を上から重ね置いているのです。 そのひと手間がこの得も言われぬ色印象を創り上げているのです。
 作品となる出典について多くを語ることのない稲嶺さん、その脳裏に色づいた「美」を形に創り上げてゆく添田さん、もしかしたら、いまではなくもっと以前に見た光景、それがいつか脳裏から覚め、この「春一番」となったのではないか、そんな気もします。



名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯

 
この帯地を創作されたのは国画会に籍をおく稲嶺杏子さん。 この制作者の出身は沖縄です。稲嶺さんは生まれ育った沖縄で紅型友禅に携わっている訳ではありません。 東京で独自の型絵染めを制作されているのです。 内地の人間が琉球染織に憬れて沖縄に渡り住み、終の棲家とし、紅型に没頭する。よく聞くお話です。 でも、稲嶺氏は生を受けた沖縄からわざわざ離れ、紅型友禅の復興の礎を築いた芹沢?介に師事、紅型友禅の基礎を学ばれ、独自の型絵染めの世界を構築されたのです。 そうした背景からでしょうか。 どこかしら琉球染色の派生を感じられるのです。 唯もし、稲嶺さんにそれを尋ねたとしたら、また違ったお話を聞くことが出来るのかも知れません。


 さてさて…、こちらの作品に関心を持たれる方にとってそのようなことはどちらでもよい事なのかもしれません。 実際に私自身、背景や経緯にとりわけ関心がある訳ではないのです。 この作品が保つ存在感そのものに惹かれているだけなのです。 もちろんこちらの帯が、稲嶺杏子さんが手掛けた作品としての評価をされることも否定はしません。 そうした評価の仕方があることも承知しています。 しかし、いつも申し上げますように先入観を持つことを好まない私にとって、誰々作はとりわけ深い意味を持つ訳ではなく、やはりあくまでも単なる一つのデータやスペック以上のものとはなりえないのです。 以前、着物関連の書籍の中でこの様な件を読んだことがあります。 喜如嘉の芭蕉布を織る平敏子さんの言葉なのですが、“私は自分の織ったものに落款は捺さない、その理由は私は私の名前を買って欲しいとは思わないから…”というような言葉だったかと記憶しています。(※現在では織物商からの依頼品には要望により落款を捺されているようですが。)


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


いろいろと拙いことを書き連ねて参りましたが、やはり、私の解説ではこの作品の魅力のすべてを引き出すことはかなわないようです。 稲嶺杏子さんという染織作家の創意の籠められた「作品」は、実際に手に取って感じて頂くことが間違いなくその魅力に触れて頂ける方法であると思います。 その作品の魅力は単に「帯地」という限定された枠に留まるものではなく、一つの「絵」としての魅力であると言っても過言ではありません。 心が揺さぶられる作品、見る者を惹き込んでしまう力、そして可笑しな表現なのかもしれませんが、制作者である稲嶺杏子さんの「人間としての素朴」が感じられる、そんな染色作品であると思います。  結城紬や郡上紬などの力のある紬などの適わせて頂きましてもとても魅力的なコーディネートとなると思いますし、またカジュアルな木綿に適わせても素敵だと思います。

※着用画像/コーデ画像と商品単体画像で色が異なる場合がございます。
※商品単体画像を実際のお品により近づけております。
※光の加減・ブラウザ環境等により写真と実物では多少誤差があることがございます。あらかじめご了承くださいませ。


【お仕立てなど】 まずは弊店において検品します。その後、弊店専属の一級技能和裁士に仕立てを依頼するのですが、和裁士においても私共呉服店とは異なる目線で改めて厳しく検品をしております。 着物、羽織物、などご指定の寸法がございましたらお知らせください。 弊店で割り出すことも可能です。 また、帯のお仕立てに際しましても、帯芯の厚さ、硬さ、帯の仕上がりの長さ、巾など、寸法につきましてご希望/ご相談などございましたら、お申し付けください。

【色みなど】 ホームページに掲載のお品の色みは基本何百枚も撮影し、出来る限り色調整の必要の少ない画像を選択しております。色調整を掛け過ぎるとどうしてもどこかに無理が出て実際のお品の色質感とは離れたものになってしまうからです。 ですので出来うる限り、実際のお品のお色目、質感に近いものを掲載しておりますが、お客様がお使いのPC、OS、ディスプレイ/モニターによりお色目が微妙にが異なる場合がございます。 ご理解賜りますようお願い申し上げます。※iphoneなどのスマートフォンからもご覧頂きますとより正確なお色目が伝わる場合があります。

【お手入れなど】 お求め頂きました後、日常にお使いの際のお手入れは、着物の場合、衿の皮脂/ファンデーション汚れなど気になる個所の部分的なしみ落としで十分です。 帯に関しましてはそれほど必要ありませんが、もし前腹などよく触れる部分など気になりましたら、しばらくお使いにならない折にお手入れをお奨めしております。 また、絹物、一部木綿はご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

【在庫について】 実際の店舗におきましても同時にお品を販売しております。 ご注文/お申し出を賜りました時点で、「SOLDOUT」が表示されていなくても売り切れの場合がございます。先着順となりますので予めご了承下さい。


【商品情報】

商品番号
NAGOYA-SOME-31
商品名
型絵染九寸名古屋帯/稲嶺杏子「春一番」
品質
絹100%
価格
¥464,000 (表地/税込)
¥475,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸~八寸二分/ 長さは九尺八寸程。※多少の猶予はございますのでお訊ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯


名古屋帯

型絵染九寸名古屋帯/稲嶺杏子「春一番」/2020・02・29 Published

価格: ¥464,000 (税込)
[ポイント還元 4,640ポイント~]
数量:

ページトップへ