きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



一点を見つめて

しやぼん玉を吹く


三瀬教世

円虹


吉田美保子/カラフルボックス



【手織り八寸名古屋帯】
制作/吉田美保子
ピンクポルカドット



帯を織る、着物地を織る、布を織るということ。
いま踏み木を踏み、いま杼を投げる、 人の想いと人の手が生み出したもの、自然が与えてくれたもの、 人はなぜ織るのか、なぜ、それを続けているのか?
記憶の断片を集めて一枚の形ある布になる、さまざまな記憶が“カタチ”になる時、その背景には、さまざまな思いが込められています。 織られた作品をを見つめるたびにこの記憶を形にしたことを想う。
染織は吉田さんの人生そのものだと思います。 日々機(はた)と向き合う吉田美保子さんが生み出す織物はブラッシングカラーという、いわば現代的なテイストで構築した吉田さん独自の絣織物と言えるのかもしれません。

ピンクポルカドット、、。 薄牡丹色( うすぼたんいろ)、中紅色( なかべにいろ)、紫苑色( しおんいろ)、浅蘇芳色(あさすおういろ)、白藤色( しらふじいろ)、蕎麦切色(そばきりいろ)の水玉が浮かぶように配されています。 ピンクポルカドットの銘にはカタカナの色名が適うのでしょう、でも、こんな微妙な色のカタカナ名がないのです。(知らないだけかも) 制作者の吉田さん、水玉がふわふわ浮かんで弾けるイメージで創られたそうです。 私も作品を目にした瞬間にしゃぼん玉/石鹸玉を吹く少女(吉田さんの幼き日)を連想しました。 幼い日のご自身の想い出なのでしょうか。 きっと誰でも無心に吹いた記憶があると思います。 虹色にきらきら光るしゃぼん玉…、。 


ところでこうしたドット模様、単調と言ってしまえば確かにそうなのかもしれません。 よく言えばシンプル。 端から端まで見る限りどこにも複雑に思える要素は無いのです。 でもね、染織をされたことがあれば容易に分かるのですが、織りで円を表現するのは案外手間のかかることなのです。 と、僅かここまでものの数行書いて来て“今”思うのは、この帯をしたらどんなに楽しいだろう、気持ちがゆたかになるのだろう、と言う事、 そんなことをふと思いました。 着物や帯、つまり、和装?って、どこまで楽しめるのだろう… 
可笑しな表現かもしれませんが、制作者の吉田美保子さんは“聡明な感性”を持っている染織家のように思います。同時に美意識に秀でた染織家でもあります。(※染織家のすべてが特別な感性を持ち、美意識に優れている訳では決してありません、むしろそれはごく少数の染織家なのかもしれません。)吉田美保子さんはもともと保つ透きとおるような感性に恵まれた人(染織家)。そして生まれ持った感性に詩的な香りを織り込むことの出来る稀有な染織家なのかもしれません。


吉田美保子/カラフルボックス 吉田美保子/カラフルボックス 吉田美保子/カラフルボックス


染織家は目に見えるカタチ、つまり表面的には「モノ」を制作している訳ですが、逆説めいた言い方をすれば… 或いはそこにもうひとつ踏み込んで見てみると「モノ」は想像の結果として、創造の形として現出するだけで制作した作品は制作者の美意識なのです。 制作者の美意識が形を変えてモノとして現出しているのです。 言葉を変えれば制作者の中に無いモノは生まれないのです。 ピンクポルカドットは制作者である吉田美保子さんがこの帯に籠めた作品名です。 染織家の創作する作品の一つ一つには染織家の想いが籠められています。つまり、染織家の創る作品の魅力のひとつは確実にその作者の生(せい)の本質であり、作者そのものであると言えるのです。


ピンクポルカドットの作者である吉田美保子さんの内なる想いがその意匠を創造し、適う糸を手繰り寄せ、彩りとなる植物染料を引き寄せる、そして吉田美保子さんの心の奥深い美意識と交差し、織かさなることによって創り出されたひとひらの”絹布”…。更に作品の魅力を申し上げるならば吉田美保子さんがイメージしたピンクポルカドットには制作者の人柄、心の温度、そしてその知性までもが織り出されてみえるのです。 つまり、制作者としての吉田美保子さんのすべてがこの作品に結実しているのだと思います。


吉田美保子/カラフルボックス 吉田美保子/カラフルボックス 吉田美保子/カラフルボックス


作品の解説において技法めいた事を書くことは出来ません。(ひとえにわからないから) この帯の魅力のひとつは吉田さんの代名詞ともなったブラッシングカラーによる糸染めの美しさにあることは間違いないのですが、それにもまして何よりも魅力的なことは吉田美保子さんが織り上げるまでに機(はた)と正対し、向き合った魂の時間(とき)更に言えば吉田さんの美学が籠められたと云っても過言ではない手仕技の美しさに尽きるのではないでしょうか? たかが布一枚なのかもしれません。でも、そのたかが一枚の布がこれほどにひとの心を揺さぶり魅了するのです。 制作者本人から創意を訊いてみたい、制作者のくちから言葉となって零れ落ちる美意識に触れてみたいとも思いましたが、なによりも作品に触れて感じたままを記したいと思い次の機会に譲りました。

※参考コーデは紅/白ギンガムの片貝木綿、大格子の三才山紬です。 どちらも大人の女性が愉しめる、いわゆる大人可愛いコーデだと思います。


吉田美保子/カラフルボックス 吉田美保子/カラフルボックス



【商品情報】

商品番号
OR-NAOR-0124
商品名
手織り八寸名古屋帯 ピンクポルカドット 吉田美保子
品質
絹100%
価格
¥330,000(表地/税込)
¥347,500(芯仕立上/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸一分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際に一旦「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

吉田美保子/カラフルボックス名古屋帯名古屋帯名古屋帯名古屋帯名古屋帯

手織り紬織物/九寸名古屋帯 吉田美保子ピンクポルカドット/2022・1・19 Published

価格: ¥330,000 (税込)
[ポイント還元 3,300ポイント~]
数量:

ページトップへ