きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



伝へたき

言葉あふれて

星月夜


川端和子

星月夜


季節



【小倉織九寸名古屋帯】
草木染/手織
小倉織/小倉縞帯
―願い星―
制作/築城則子



「冷静と情熱の間」を想いました。 織物はそれを織る者の気が織り上がりに表れます。 築城則子さんが手掛ける小倉縞という「縞」模様は一つ一つ、あるいは一筋一筋だけを見れば、そのどこにも特別なことは起こっていない、なのにもかかわらず、ある一つの織物として見ると、明らかにその他の縞とは異なる個性が創発しています。 一糸一糸は繊細で優しい色の響きは無数ともいえるグラデーションとなった時 “突き抜けた美しさ”となって見る者を魅了します。 無数の撫子色(なでしこいろ)の濃淡から無数の中紅色(なかべにいろ)へ繋がってゆき、濃紅色(こいくれないいろ)を頂点に折り返す…無数の白磁(はくじ)を挟み、細い墨色を越え、無数の杏色(あんずいろ)へと移ってゆく。 その作業を幾度となく繰り返しようやく整経が終わるのです。 “美しさを極めた木綿布”“ 手織の縞、と言う単純な表現で良いのか、そう思わせる美しい布です。 

築城則子さんの手掛ける小倉縞を評するにあたりよく言われる比喩に目が詰まっている、という表現があります。 それはつまり、簡単に言ってしまえば織る際のぬきいと(緯糸)の打ち込みが極めて強いという事に他なりません。 経糸を極々密に用いたことで、丈夫さと滑らかさを兼ね備えた木綿の「小倉織」は、かつて武士の袴や羽織に珍重されました。 昭和初期に途絶えてしまった小倉織、現存していた古い縞帳の少しの古裂を元に織り組織を掬い出し、糸作りから始まり、数多の試行錯誤を経て復元された築城則子さんの小倉織は、制作者の魂とも言うべき新たなエッセンスを溶かし込み、現代に生きる織物として現出させたように感じます。 築城則子さんは小倉織発祥の地である福岡県北九州市に生まれ、現在はその山間部に工房を構えこの美しい織物を織り出しているのです。


季節 季節 季節 季節 季節


さて、小倉織の特徴ですが、それは極細の木綿糸にあります。 経に一般的な帯の何倍もの(数千本前後)糸を入れているため、なんと緯糸が見えません。 帯の巾は九寸は九寸と基本同じです。 何倍もの経糸を使うという事は極めてしなやかで細い、加えて堅牢な糸が必要とされる訳です。 またそれゆえに細密なグラデーションを表現することが可能となるのです。 築城則子さんが機を織る際、踏み込む度に、地響きのような音がすると言います。 これ以上ないくらいに密に整えられた経糸が擦れ合う絹鳴り。 足を踏み込む調子が狂えば、糸は悲鳴を上げて軋み、機はいう事をきいてくれない。 まるで地響きのようなその音は、築城則子さんの呼吸と機の呼吸が、同調した時のみに生じるものなのです。 仕事場そのものを揺らすかのような地響きは、築城則子さんが小倉織に生命を織り込んでゆく、そのまさに一つ一つを刻む音なのかもしれません。


築城則子さんの作品を見て思います。 縞織物は単なるストライプではないのです。(もちろんそうしたものの方が多いのかもしれません。) 築城則子さんの小倉縞は言わば「自己本位」 その基準は第三者が与えるものではなく、あくまでも自分の熱情を基準として制作の全てを組み立てているのです。 つまり、「縞」という概念をゼロからもう一度打ち立てたのだと思います。 そしてこのような鋭利とも言える縞織物、小倉縞となったのです。 シンプルの極みとも言われる「縞」を追求し、そして「縞」の無限なることを知って「縞」の凄みを知る。 そしてその「縞の凄み」を更に突きつめる度に「縞」の織手、「小倉織」の名手と言う名の足枷を自らに嵌めるのです。 趣味趣向品ですから、こんな効率とは無縁の追及もそれはそれでまた一興、こちらの作品は築城則子さんの作品集の中に有ったものを無理をお願いして織り上げて頂きました。 何に惹かれたのか、それはこの大人が愉しむ事のできるピンクのグラデーション、迫力の在るピンクに魅せられたのです。 二年半待ち、ようやく届けられました。 久々に縞に惚れ惚れ。


季節 季節 季節



築城則子[ついきのりこ]

1952年北九州市生まれ。染織家。日本工芸会正会員。「遊生(ゆう)染織工房」主宰。2008年、日本伝統工芸染織展文化庁長官賞。製法の途絶えていた小倉織を復元し、草木染め、手織りの小倉織を制作している。「縞縞 SHIMA-SHIMA」では、糸の選定とテキスタイルデザインの監修をつとめる。


1952年 福岡県北九州市に生まれる
1974年 早稲田大学文学部中退、染織の道に入る
1984年 小倉織復元
1996年 北村武資氏による「羅」の伝承者養成研修会に参加
1999・2003年 和光ホールにて個展
2004年 「非情のオブジェ-現代工芸の11人-」に出品(東京国立近代美術館工芸館)
2005年 伝統文化ポーラ賞 優秀賞受賞
2007年 文化庁芸術家海外派遣制度の特別派遣としてロンドンにて研修
2008年 日本伝統工芸染織展 文化庁長官賞受賞
2010年 西部伝統工芸展 朝日新聞社大賞受賞
   日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞受賞
2012年 文化庁主催海外展「日本のわざと美:近現代工芸の精華」に出品(フィレンツェ)
現在 日本工芸会正会員、遊生染織工房主宰

【商品情報】

商品番号
OTK-NAOR-81
商品名
草木染手織九寸名古屋帯/築城則子 小倉織小倉縞
願い星
品質
綿100%
価格
¥815,000 (表地/税込)
¥826,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
※お仕立て上がりの際のサイズは帯巾・八寸二分程。/ 長さは九尺八寸程。多少の変更は出来ますのでお尋ねくださいませ。
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

季節 季節 季節名古屋帯名古屋帯名古屋帯名古屋帯

草木染手織九寸名古屋帯/築城則子 小倉縞帯・願い星/2022・5・23 Published

価格: ¥815,000 (税込)
[ポイント還元 8,150ポイント~]
数量:

ページトップへ