きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



ゆきどころ

なき稲妻を

受容せり


土田芳月

遠嶺


名古屋帯



【西陣織九寸名古屋帯】
―雷文―
制作/洛風林



「 真実に美しいものは、常に新しい」 洛風林の信条でもあるこの言葉、まさに洛風林の本質を言い表していると言っても過言ではないと思います。 古(いにしえ)の意匠/designを範として創作をしながらも常に文様としても完成度を追求し続け、本物とは何かを求め続けるそのひたむきな姿勢はまさに温故知新そのものです。 「故きを温ね新しきを知る」 先人の織、過去の染織を鑑みて美しいと閃いた事項を掘り下げ調べ、さらに思考を深め、積層した知識を自社の織物として構築するのです。 美しくない筈がありませんね。 いまの西陣でここまで「美」と向き合っている機屋がいかほどあろうか。 


先代の遺した「 真実に美しいものは、常に新しい」 洛風林の信条そのものを表す言葉でもあるのです。 陶芸家の河井寛次郎、随筆家の白州正子、人間国宝の棟方志功など、多くのの文化人と触れ合う中で自身の審美眼を磨き、また、世界を旅する中で洋の東西を問わず染織に目を向け、欧州や中東における染織工藝品を蒐集し、それらを範として帯の創作に活かしていったのです。 こうした工藝的な染織に関心をお持ちの方でしたらすでにご存じの方も多いと思いますが、洛風林自体は帯地の制作にあたり自社で機(はた)は持たず、いわゆるところの「洛風林同人」と呼称される西陣の機屋に製織を依頼しています。 1980年でしたかに発行された「工芸帯地洛風林百選」には洛風林同人として下記の名前が記されています。


洛風林同人(製織機業家/順不同)

鷲猪越 三五郎 / 勝山 実夫 / 勝山 嘉夫 / 高尾 弘 / 牛窪 信子 / 山代 善三 / 八木 生次 / 遠藤 政治郎 / 北村 武資 / 木村 登久次 / 三上 嘉義 / 南 昭行 / 南 貞行 / 宮島 勇 / 茂木 功 / 清水 治之助 / 清水 茂勇 / 広瀬 健二


名古屋帯 名古屋帯 名古屋帯 名古屋帯 名古屋帯


「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」 スサノオノミコトが出雲で詠んだと言われる日本最古の短歌です。 現代に語訳すれば、「幾重に重なり雲が立ち上ル この地出雲に立ち上ルのは八重垣のような雲 妻と住むここにも八重垣を作っている、八重垣を」 日本人には馴染みの深い雲の文様ですが、短歌となると私には少し難解です。(笑) さてさて、ご紹介させて頂きました帯に銘されたのは「雷文」 雷文/稲妻紋様は真っ直ぐな線が渦状にくねり、その紋様が続けて表現されることから「永遠」の吉祥紋様でもあり、また、古の昔から雨の前ぶれともされる稲妻は恵みの雨、つまりは五穀豊穣を祈る模様とされています。 それゆえにこうしたいわゆる「雲」と「稲妻」を掛け合わせた紋様は西陣では伝統的な古典柄としていつの時代も織り続けられてきたのです。 


さてこの雲なのですが、瑞雲のような紫色や五色の雲は西陣織で織り出されますと、図案によってはどこか可笑しみやおどけて見えたりもするのですが、藤煤竹(ふじすすたけ)色味を帯びた薄墨(うすずみ)色で表現された雲から可笑しみやおどけたというニュアンスは感じられません。 そこに見えるのは古より伝えられてきた伝統的な西陣織の表情。 この西陣織はバランスが極めて見事なのです。 つまり、過剰な装飾性が見当たらないんです。 平たく言えばやり過ぎていないのです。 着物に合わせて初めてその帯が成立する、つまり主張し過ぎていないから、帯だけが悪目立ちをすることがない、その辺りの匙加減が実に巧みなのです。 何にでも言えることなのですが、あえてそこは「間」を置いてある、その加減が上手なのです。 秀逸だと思います。  


こちら、附下や色無地に適わせて頂いても、江戸小紋に適わせて頂いても、無地感覚の結城紬や、御召に適わせても…、余所行き感から、略礼装、礼を想わせる装い迄巾広くお使い頂けます。 また、その素材感から盛夏を除く3シーズン、つまり秋の御単衣から袷、春の御単衣までお使い頂けます。 ※参考に微塵格子の結城縮み、十絣の白結城紬、薔薇染めの真綿紬に適わせてみました。 


名古屋帯 名古屋帯



【商品情報】

商品番号
RFH-SKM-0
商品名
西陣織九寸名古屋帯/雷文 洛風林
品質
絹100%※金銀糸箔などを除く
価格
¥187,000 (表地/税込)
¥198,500 (芯仕立て上げ税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
八寸~八寸一分程/ 九尺七寸程※お仕立て上がりの際のサイズ
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際にそのまま「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

名古屋帯名古屋帯名古屋帯名古屋帯名古屋帯名古屋帯名古屋帯名古屋帯

西陣織九寸名古屋帯/雷文 洛風林/2022・9・1 Published

価格: ¥187,000 (税込)
[ポイント還元 1,870ポイント~]
数量:

ページトップへ