きもの専門店
そう謳うのは覚悟と精通が問われます
着物に関わり四十年と少し…
まだまだ学ぶことばかり…
きもの、って知れば知るほど知らないことばかりです

その多様さゆえに定義付けることの難しい更紗
古渡にはじまりペルシャ、フランス、イギリス、…
  バティックとして知られるジャワ更紗もありますが、日本の職人の手による和更紗の美は
やはり格別です
―唐草小花文―

暈したり、一層の斑も許さなかったり
澱みの様に堆積した手わざが意図して刷毛を捌く…
かのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホさえ憬れた
日本の職人の筆捌き

染織作家の手から放たれた作品は
一つの花、一つの蝶、一つの鳥、に
生命が吹き込まれているのです 
添田敏子 ―白ぶどう―

もしかしたら
この小さなキモノ店は
アナタをドキドキさせることが
出来るかも知れません
どうぞ遊びにいらしてください 



反り返へる

松の膚や

冬の色


住田千代子

六花


爪掻き綴れ袋帯/全通



【西陣織袋帯】
―正倉院花菱―
袋帯
制作/洛風林



羅道場幡とは古代天皇に献上された古裂の一つで現在正倉院に納められているもの、東京国立博物館に頒布され納められているものもあると聞いております。 敢えて私が申し上げるまでもございませんが、正倉院とは奈良時代に建立された東大寺の大蔵です。 聖武天皇ゆかりの品々が数多く保存保管されています。 そしてそれらの服飾品、調度品など正倉院に納められている宝物文様を総じて正倉院文様と呼びます。 こちら、いわゆる正倉院宝物の羅の道場幡を出典とするこの袋帯は洛風林において飛天錦と名付けられた織で、紬糸に箔を撚り合わせて作られた糸を経糸に使い、一昼夜水に浸けた緯糸を使うことで透明感を出しています。 やわらかな質感の中にもシャリ感があり、締めやすいと賞される洛風林の品々の中でもとりわけ締めやすいと言われております。


さてそうした正倉院文様を範としたこちらの正倉院花菱、表現が難しいのですが白ではない白、いわゆる白くすみ(もちろんですがくすんでいる訳ではありません、印象として白をくすませた感じ、でしょうか。 画像でところどころぽつぽつとくすんで見える部分は箔の一部が撮影時に反応しているだけで実際に肉眼で見ますとそのようには見えません。美しい白地です。) 見ようにより、刷毛で刷毛染めされたかのような白地にも思え面白みを含んでいます。 その白地を背景に灰青と灰茶で織り上げられた文様は完成されたデザインでそれだけを見れば特に際立つ秀逸性は見られないのですが、やはり背景とされた地色、色の使い方、文様の大きさや、配し方、が巧みで工藝としての美しさを醸し出しているのです。 その辺りは流石に洛風林、西欧、東欧、古代日本に限ることなく世界の「美」に関する資料を蒐集され、自社の織物に映しこむ美意識、センス、技法は見事なものと言わざるを得ないのです。 実に美しい織物だと思います。   


爪掻き綴れ袋帯/全通

爪掻き綴れ袋帯/全通

爪掻き綴れ袋帯/全通


西陣織特有の「よそゆき感」をしっかりと保ちながら、西陣織に有りがちな「教則的」な感覚とは確実に一線を画しています。 昨今の西陣織の多くは自動織機で織られます。もちろん自動織機のすべてを否定するつもりはありません。 むしろある程度の量以上の生産を見込めば自動織機以外の選択肢はないと言えます。 問題はそこに至るまでのプロセスに有ります。 
多くの西陣織に見られる頽廃的な印象はプロセスに有ると言っても過言ではありません。 ありきたりな西陣織は、お仕着せの着物の装い、ただ着物を着ています的な装い、会服的な着物の装いにおいては、間違いの少ない無難なものとは言えますが、やはり、「趣向が表現された装い」ではないように思います。 


こちらの帯は礼装や略礼装の装いにおいてさえ、装いを愉しむ豊かさをもたらしてくれます。 こうした染織は西陣織の無限なる叡智を想わせてもくれます。 人の芸術に対する想いや創造は止まるところを知らないかのようでもあります。 織物にしても、染物にしても、創り上げられた作品に批評を加えるのはいとも容易いことだと思います。 しかし、工芸や創作にほんの少しでも触れた経験が有れば容易に解かることなのですが、「無」から「有」を生む物理としての作業だけが創作ではないのです。 そこに至るまでには実際の創作以上に永い時間が掛けられているのです。 


爪掻き綴れ袋帯/全通

爪掻き綴れ袋帯/全通

爪掻き綴れ袋帯/全通

最後にあとひとつだけ付け加えさせて戴くならば…。 この織物の最大の魅力の一つは魅力的な色彩に加え、間違いなく、この西陣織の織り感/質感であろうかと思います。 いわゆる量販品の西陣織では見ることのない織味なのです。


【商品情報】

商品番号
TKT-MKM-7
商品名
西陣織袋帯/洛風林 正倉院花菱
品質
絹100%※金銀糸を除く
価格
¥396,000(表地/税込)
¥407,500(芯仕立上/税込)
※一級和裁士による手縫い。
※お仕立てに要する日数はご注文確定後
約2週間~20日戴いております。
巾/ 長さ
八寸一分程(約31cm)/ 一丈一尺五寸程(約4m40cm程)・※お仕立て上がりの際のサイズ
[お仕立てをご希望のお客さまへ]
カードでお支払いをご希望のお客さまで「お仕立て」をご希望されるお客様は
カード決済のお手続きの際に一旦「反物」の価格にてお手続きをお願いいたします。
後ほど、弊店より「お仕立て」の有無のご確認をさせて頂きます。
ご了承頂きました後に「お仕立て代金込み」の金額に変更させて頂きます。

[現品事前確認をご希望のお客さまへ]
ご注文/ご購入に際して、現品を前もってご覧になられたい方は下記現品事前確認
についてを ご覧くださいませ。詳しい流れのご案内をさせて頂いております。


現品事前確認について

/当ホームページに記載されている記事・画像などの無断転載/複製を禁じます。
転載/掲載をご希望の際は予めその旨、お問合わせ戴き承認を得てください。
無断転載/複製と認められる場合、法的措置が講じられる事もあります。
Copyright(C)2008 きもの水流 All Rights Reserved

■お仕立につきましては仕立て料金表はこちら をご参照下さい。
または、お電話・メール・ファクスにてお尋ね下さいませ。

爪掻き綴れ袋帯/全通

西陣織袋帯/洛風林 正倉院花菱/2020・12・08 Published

価格: ¥396,000 (税込)
[ポイント還元 3,960ポイント~]
数量:

ページトップへ